ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


阪急ブレーブス


ヨミ: ハンキュウブレーブス
掲示板をミル!
10カキコ!

阪急ブレーブスとは、かつて存在したプロ野球の球団。

現在オリックス・バファローズの前身であるオリックス・ブルーウェーブの前身球団にあたる。

この項では「阪急軍」として結成された1936年から、オリエントリース(現 オリックス)に身売りされる1988年までについて記述する。


概要


親会社は阪急電鉄1936年から1988年まで存在した。本拠地は西宮球場

梶本隆夫米田哲也、次いで山田久志福本豊など球史に残る大選手を多数擁し、60年代後半から70年代パ・リーグ黄金時代を築き上げたチームでも人気かった。88年にオリエントリースに売却され、オリックスブレーブスとなる。それ以降の歴史オリックス・ブルーウェーブオリックス・バファローズの項を参照。

チームカラーえんじ色マスコットは「ブレービー」。リーグ優勝10回、日本一3回。

2011年5月7日オリックス・バファローズ千葉ロッテマリーンズ戦で「LEGEND of Bs70'S~」と銘打って阪急ユニフォーム23年ぶりに復刻した。

2015年オフに現役最後の阪急戦士である中嶋聡引退し、現役選手で阪急在籍歴のある選手はいなくなった。


歴史


1936年、阪神電鉄大阪タイガースに対抗する形で、阪急職業野球として結成。通称は「阪急軍」。ちなみに通称に企業名を冠した最初のプロ野球チームである。1937年から本拠地を西宮球場に定め、戦前は優勝こそ出来なかったが巨人阪神に次ぐ3位前後に安定して位置するそこそこの強チームだった。

戦後、1947年に一だけ「阪急ベアーズ」となるが、すぐに「阪急ブレーブス」に名。セ・パ分裂の際にはパ・リーグに回るが、そのどさくさに選手を大量に引き抜かれ低迷。50年代後半は梶本隆夫米田哲也ロベルトバルボンなどが現れるが4位前後をうろうろしていた。

63年、西本幸雄監督が就任。梶本・米田の両エースに加え、長池徳士やダリルスペンサーらが加わり、1967年からパ・リーグ3連覇。それまでパの最強球団だった南海ホークスの凋落とともに、阪急時代が始まる。68年の「史上前の大豊作ドラフト」では山田久志加藤英司福本豊の3人を獲得し、70年代までは圧倒的な強さを誇った。が、ちょうど読売ジャイアンツV9時代と重なっていたため日本シリーズでは何度挑んでも巨人に敗れ続ける。

74年から上田利治監督となり、75年に悲願の日本一を達成すると、77年まで日本シリーズ3連覇を成し遂げ「王者ブレーブス」と呼ばれた。しかし当時のパ全体に言えることだが、どれだけ勝ってもチーム人気は上がらず、日本シリーズ以外では西宮球場ガラガラだった。1978年にはヤクルトとの日本シリーズ大杉勝男本塁打をめぐり上田監督が1時間をえる抗議を行い、結局4連覇を逃して上田監督は辞任する。

80年代に入ると黄金時代が衰え、西武ライオンズ黄金時代を迎えたためAクラスとBクラスを行ったり来たりするようになる。福本豊と競走させたりと話題作りに精を出すも、長年の不人気で経営状態は悪化しきっており、84年にブーマー・ウェルズ三冠王などで優勝したのが最後の優勝となった。

1988年10月19日川崎球場近鉄バファローズロッテオリオンズの球史に残るダブルヘッダー、いわゆる「10.19」が行われたその日、阪急オリエントリースへの球団売却を発表。同年ダイエーに身売りした南海ホークスとともに、パ・リーグ黄金時代を築いた関西の2球団が消え去った動の年だった。


大百科に記事のある阪急戦士



関連動画



■sm2622266[ニコ動]

■sm305525[ニコ動]
■sm266414[ニコ動]
■sm2833271[ニコ動]
■sm10685108[ニコ動]


関連商品


■azB001Z3R9UU
■az4286000354


関連項目



最終更新日: 16/06/26 15:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ