ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


防御率


ヨミ: ボウギョリツ
掲示板をミル!
21カキコ!

防御率とは、野球における投手成績のひとつ。

簡単に言えば、「その投手が9イニング投げたら何点取られるか」という数値。


概要


防御率の計算式は時代によって微妙に異なるが、現在

(自責点×9)÷(投球回)=防御率

という計算式でめることになっている。

計算に使われるのは「失点」ではなく「自責点」であるため、失策絡みの失点は防御率に影しない。また、イニング途中から登板した際に、前の投手が塁上に残した走者を生還させてしまっても防御率は悪化しない。逆にイニング途中で降し、残した走者を後続の投手が生還させてしまうと防御率は悪化する。このへんに関しては「自責点」の項を参照。

投手を評価する標としては一般的に最も重要視される要素である。ただし、イニング途中での登板・降が多いワンポイントリリーフ投手登板タイミングや他の投手に防御率が左右される部分が大きいので、防御率ではを量るのが難しい部分がある。

防御率を表示する場合は、小数点以下2桁まで四捨五入で表示する(3.24など)のが通例。その数字で見かけ上並んだ場合(例えば3.242と3.238など)は、並んだ投手の防御率のみ差のつく桁まで表示する。

なお、登板して1アウトも取れずに降した場合、投球回数は0となるため、防御率は「計算不能」となる(0で割ることはできないため)。自責点がある場合は、防御率限大とみなされる。ゲームなどでは「99.99」と表示されることが多いが、極端に少ないイニングで大量失点すると防御率が100以上になることもある(例えば1/3イニングで4失点すると防御率は108になる)。その場合も表示上99.99となるため区別が為されていなかったりする。


記録としての防御率


プロ野球においては、シーズンで最も防御率の良かった投手に贈られる「最優秀防御率」のタイトルがある。

シーズンでの防御率を公式記録として残す(防御率ランキングに入る)ためには、規定投球回数(所属球団の試合数×1イニング)に到達する必要がある。そのため、最優秀防御率のタイトル先発投手のためのタイトルであり、リリーフ投手はどんなに優秀な数字を残しても、最優秀防御率を獲れることはまずあり得ない(リリーフのみで規定回数に到達した投手もいないわけではないが、現在ではほぼあり得ない)。

また、防御率の通算記録にランクインするには、通算2000投球回が必要である。

シーズン防御率や通算防御率の記録は、今よりかに投高打低であった戦前から戦後すぐの頃の記録が大半を占めており、現在でその中に割って入るのは不可能ではないがかなり難しい。最近ではチェン・ウェイン中日ドラゴンズ)が2009年に防御率1.54を記録し、セ・リーグの歴代10位にランクインした。


防御率の評価の目安


先発投手リリーフ投手で、防御率の評価の安は変わってくる。リリーフ投手の中でも、あらゆる場面で投げる普通中継ぎ投手と、試合の終盤を締めるセットアッパー抑え投手では評価基準が変わってくる。

先発の場合

だいたい一般的に、先発投手の場合は、

というところだが、ボール球場の広さに左右されるほど、時代によって基準に違いが生まれることに留意されたい。なお、QSクオリティスタート)の「6回3自責点」は防御率に直すと4.50であり、ローテーション投手としてはちょっと寂しい数字になるが、これは元々のコンセプト先発最低限「試合を作った」というものであり、安定感を示すものであるQS率が高い投手は、短いイニングでの降や4点以上の炎上が少なく安定しているこということになる。中6日のローテーションを敷いており、尚且つ2011年以降は投手有利な環境が続いている日本なら、エース格など更に高レベルの結果をめられる投手については、「7回2失点」(HQS:ハイクオリティスタート)を基準にするのがよいかもしれない。

近年は統一球のため1点台がバーゲンセールのように生まれたりと、その凄みが薄れている感があるが、本来先発の防御率1点台という数字が頻繁に記録されていたのは1970年頃までで、2006年黒田博樹斉藤和巳が記録するまでは、1992年赤堀元之を最後に14年間記録されていなかった。1971年以降でも村田兆治大野豊斎藤雅樹など数えるほどしか記録されていない稀少な数字なのである。

ただ野球の各種成績は具の質や球場などの外部要因に左右されることが多いことを考慮して頂きたい。
戦後まもない時期のボールに至ってはゴム球と呼ぶのが相応しいほど劣悪なものであった。
そんなボールを相手にしていた打者の成績は当然悲惨なことになり、一方で投手の成績は良くなるわけで・・・ 

ちなみに規定回数に到達して防御率0点台は、戦後では1970年村山実阪神)ただひとりしかいない。

リリーフ投手の場合

ごく普通の、試合中盤に投げる中継ぎ投手の場合は、だいたい2点台であれば優秀な数字であり、3~4点台はどこにでもいる中継ぎ。5点台なら二軍落ちである。それより良い数字を残すようならば、よほどリリーフが充実しているチームでない限りはセットアッパーに配置転換される場合が多い。が、前述の通りリリーフ投手はイニング途中での登板・降機会が先発よりも多く、防御率のみを見て安定感を測るのは難しい(よく言われる防御率詐欺など)。

セットアッパーは試合終盤の競った場面を任されるため、最低でも3点台前半、できれば2点台の防御率がめられる。最優秀中継ぎ投手タイトルは防御率ではなくホールポイントで決まるためリリーフの防御率はタイトルには結びつかないが、1点台の防御率を残すセットアッパーは、リーグを代表するリリーフエースと言っていい。

失点が即敗戦に繋がる抑え投手の場合はさらにシビアで、2点台前半が標準ラインとなる。できれば1点台が望ましく、0点台なら球界を代表する最強守護である(佐々木主浩全盛期藤川球児豊田清ら)。抑えで防御率3点台は失格と言っていい(3試合に一度は失点するということになるため)。


その他の防御率


防御率に影する失点、自責点には野手の守備が少なからず関係してくるため、堅守な野手がったチームザル守備な野手がったチームとでは差が出やすいとかしら一度は考えるだろう。

そこでDIPS(Defense Independent Pitching Statistics)という標がボロスマクラケンにより考案された。
これは【投手責任は与四球奪三振被本塁打のみである】という考えに基づいたもので、前述の3つの項から出た値(計算式はググってください)がの防御率という考えである。

防御率が悪くてもDIPSが良い選手は一時的な成績が悪くともある程度善が見込め、またシーズンオフに争奪戦になることが多い。

その後DIPSの計算式を修正してFIP、xFIPtERASIERA等の新・防御率が考案されていった(詳細はググ(ry)。

xFIP較的精度が高いことがわかり、出た値に投手の防御率が収束しやすいため、シーズン成績予測に使われることが多い。xFIPフライ打球あたりの本塁打の割合はほぼ一定の範囲に収束するという統計結果をFIP、DIPSに取り入れたものであり、球場の広さやなど環境に左右されることのない性質をもっている。


関連動画



■sm5112586[ニコ動]

■sm2992738[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/09/20 05:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ