ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


雲龍(艦これ)


ヨミ: ウンリュウ
掲示板をミル!
178カキコ!
■im5221208(静画)

雲龍輸送艦ですって?冗談。
雲龍の本当の、見せてあげるわ」

雲龍(艦これ)とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」に登場するキャラクターである。

日本海軍雲龍航空母艦一番艦「雲龍」をモチーフにした艦娘

CV川澄綾子イラストレーターくーろくろ


輸送任務ではないわ、概要よ。


2014年イベントAL/MI作戦」の第5域、MI作戦域最終エリアクリア報酬として先行実装

産でも何でもない純然たる日本空母であり、設計思想から飛龍ベース蒼龍パーツをくっつけたような形になるものと思われていたのだが、いざ実装されてみるとに近い銀髪眼、そして彼女以前のどの艦娘とも異なった三国無双どこかアジアテイスト漂う装と、色んな意味で予想をえるデザインだった。

しかしそのおっp・・・スタイルはかなりのものを持っており、意味ありげに中央にスキマが開いている胸部装甲上のも合わせ、速撃沈される提督も多数いた模様。と言うか8/14の時点でケッコンを成し遂げた提督がいる事が確認されている。
大きく出ているヘソの下はひじょ~~~に短いプリーツスカートで、当然のごとく絶対領域備。
中破するとスカートが全部脱げてモロパン(?)状態で片立て膝という物凄いポーズを見せてくれる。
更にでは下着がより露わになるが、上下ともほとんど紐のみという超絶エロ下着だ、けしからん

彼女が扱う艦載機発艦方式は式に命を吹き込んで艦載機を生み出す方式で、龍驤飛鷹隼鷹などの陰陽スタイルの軽空母に近いものとなっている。
しかし全く同じと言う訳でもなく、彼女が使う飛行甲は巻物ではなく錫の先に掛け軸をくくりつけたような形のもの((ばん)?)である。
を模していると思われる髪形・色や装のデザインも合わせて考えると、陰陽ではなく修験ベースにしているのではないかと思われる。

性格は物静かな部分が多く、口にする言葉の上では戦闘時など結構熱くなっているところがあるのだが、そのものは荒げる事はあまりい。
戦争末期で余裕を持った建造というものがかった時代の生まれであるからか、工で新しい艦娘完成するとでも「戦時急造艦」と呼ぶ。
なお、にすると「天城かな?」と新造艦を見るたびにの配備を待つセリフが聞かれる。天城と言えば、正規空母赤城空母装される前に同時建造されていた姉妹艦の巡洋戦艦天城がおり、赤城と共に航空母艦装されていたものの関東大震災被害による大破から装が中止され解体されているが、雲龍航空母艦2番艦の天城はたまたま名前が被っただけであって、艦自体は何の関係もい別もの。建造時期も20年以上離れている。

また艦載機を積む事がなかった史実のためか、新しい艦載機を積む事に強い興味を示す。
にすると新艦載機をくれたお礼に「色々してあげる」とまで。

なお放置すると提督が聞こえていないと思ったのか、涼しい顔をして連絡機か艦爆の2択を迫ってくるので注意。 


雲龍の本当の性能、見せてあげるわ。


完成したのが終戦間際すぎたせいで、積むべき艦載機が残っていなかった」と言う史実を反映してか、初期装備としては何も艦載機を持っていない。持っているのは対系装備2つのみである。
鎮守府で開発しているものを配備してあげよう。

ステータスとしては量産前提の中空母である事からそこまで高い訳ではく、一見すると正規空母の中ではかなりの低準に見える。
しかし本艦の最大の特徴はその燃費の良さにある。飛鷹空母に毛が生えた程度の消費量であり、大鳳加賀の様な大空母較すると約半分~2/3ほどしか消費しない。
更に火力ステータス48一航戦に迫るものを持ち、艦載機を積んでもすぐに全滅する3機スロットに熟練整備員を載せれば大鳳に準ずる打撃を実現できる。
ただし搭載数は中空母である故に少なく、制値の確保という正規空母められる任務をこなすのは難しい。
総合的に見ると「低燃費火力特化」というった性空母であり、活躍できるか否かは提督の手腕次第と言えるだろう。
その特性から「正規空母ではなく最強の軽空母」と評される事もある。

改造レベル50と正規空母の中でダントツで一番高い。全艦娘で見ても大和レベル60に次いで、伊8168らと並んだ2位タイである。
しかも装設計図を必要とするため、彼女にするには相当な準備が必要。 

何も持っていなかった無印初期状態とは打って変わって、では初期装備として六〇一航空隊が操るネームド艦載機を3つも持ってくる(ついでに彩雲)。それぞれ紫電改二・流星彗星一二甲の上位互換の性を持つ強な艦載機である。
しかもこのうち艦戦の「零戦52(六〇一)」は、度重なる雲龍関連任務の終着点として、「烈風(六〇一)」への換装が可烈風える強な対と、彼女をそこまで育てる苦労と、任務達成の条件として烈風を2個も棄する必要がある事など、色んな意味で入手までののりは長い。

ちなみに「一度も実戦に出ることがかった上に初任務で沈んだ」艦であるが、運は10(改造で12)とごく普通


史実か……。艦載機もしっかりお願いね。


太平洋戦争の開戦直前となる1941年に、海軍では昭和十六年度戦時艦船建造及航空拡充計画(通称マル急計画)を策定した。その中に、飛龍航空母艦を設計ベースとした中空母の建造計画が含まれていた。

当初、軍本部では、飛龍がそもそもその時点で10年前の設計であること、中空母であること(飛行甲が短いと、必然的に最新ほど大化していく艦載機の離着艦が出来ないものになる)から難色を示し、1隻だけ作ってみようかということで一時まとまりかけたが、それを覆したのが42年6月の"あの"ミッドウェー海戦である。
一気に4隻の正規空母を失ったため、慌てて今度は15隻の追加建造にGOを出す(極端すぎだろ軍本部)が、その後の戦局の悪化や物資不足のため、結局着工にこぎ着けたのすら6隻、そして完成したのは1番艦だった「雲龍」を含め全部で3隻(あとは「天城」と「葛城」)で、残る3隻(「置」「」「生駒」)は未完成、そして残る8隻(うち1隻は「鞍馬」の名前まで決まっていたがなお、2番艦以降は山の名前になっているが、これは空母を量産することになったために43年6月から命名基準が変更されたという理由があり、重巡から流用したわけではない。分かりやすく言うと名前のネタ切れ回避。)は戦況悪化のため、建造着手にも至らぬまま終戦を迎えることになる建造計画が1隻+15隻で合計16隻、完成3隻未完3隻中止8隻だと合計14隻。あれ、計算が合わなくね? と思われた方は正しい。実は、残る2隻は、ある未成戦艦空母装する代償として建造中止になっている。その空母こそ110番艦こと「信濃」である。

ちなみに、この雲龍と同時期に計画されたアメリカ海軍エセックス級空母は、最終的に24隻が工している。これがだ。

さて、雲龍1番艦「雲龍」は、このような経緯で、1944年8月6日横須賀海軍工し、2番艦の「天城」と共に栄第一航空戦隊に編入される。

とはいえ、この日付を見てお判りであろう。日本海軍航空446月マリアナ沖海戦ですり潰され、一航戦も「翔鶴」「大鳳」を失っており、事実上解隊しての再編成であった。(一航戦で残されていた「瑞鶴」は「瑞鳳」「千歳」「千代田」と共に三航戦として再編された)

その初陣となった……もとい、なるはずだったのはレイテ沖海戦。しかし、肝心の載せるはずだった六〇一航空隊の艦載機と搭乗員達は台湾沖航空戦ですり潰されてしまい、新生一航戦留守番となってしまう。
そして、出撃した三航戦の空母達は、エンガノ岬航空戦で壮絶に散っていった……。

もはや乗せるものが何も無い空母となった「雲龍」に下された初の任務、それはアレ……特攻兵器桜花」のフィリピンへの輸送任務だった。

1944年12月17日。「雲龍」は、護衛に駆逐艦時雨」と松型駆逐艦2隻を連れて、からマニラに向かって出発した。
しかし、その行動は既に米軍に筒抜けだった。

12月19日、悪の中を突いて東シナを南下していた「雲龍」達は、だがそこで待ち構えている存在を知る由もかった。それは歴戦の米軍潜水艦レッドフィッシュ」だったちなみにこの「レッドフィッシュ」は、わずか11日前には「隼鷹」に深手を負わせている。なんとか沈没は免れたものの、この時の損傷が元となって、「隼鷹」は二度と外洋に出られなかった。詳細は「隼鷹(艦これ)」の記事を参照。

16時30分、「レッドフィッシュ」は魚雷4発を斉射。「雲龍」はその魚雷発射音を探知、直ちに回避行動に入った。そして、3発までは回避したが、最後の1発をかわせずに、右舷にまともに受けてしまう。缶に進し、機関室では火災が発生して、ついに足が止まってしまう。
それは、よりによって「レッドフィッシュ」のの前だった。
絶好の好機を逃す義理などない「レッドフィッシュ」は魚雷を発射し、それは「雲龍」の右舷に命中する。最初の魚雷のせいで右に傾いていたため、その魚雷が命中したのは、本来は面より上に位置して魚雷が当たるはずもない第1格納庫であり、そしてそこには「桜花」が満載されていた。
次々と「桜花」が誘爆し、そして火災はついに火庫に及び、「雲龍」は大爆発を起こして沈没し、艦長以下1241人が共にに沈んだ。
護衛任務に就いていながら、の前でしてやられた「時雨」達は猛反撃を見せ(実際に爆を撃ったのは松型駆逐艦「檜」であるが)、あと一歩まで「レッドフィッシュ」を追い詰めるも、取り逃がしてしまう(この時の損傷のため、「レッドフィッシュ」は457月まで修理)。

こうして、「雲龍」は本来の任務のはずの航空戦を一度も出来ないまま、僅か4ヶという短い艦生を終えて東シナに眠ることとなった。1945年2月20日、除籍。

そして、時は流れて2008年そうりゅう型潜水艦2番艦「うんりゅう」として、その名は受け継がれた。2010年工した「うんりゅう」は、奇しくも「雲龍」が最後に立った港として、現在も任務にあたっている。


関連動画・・・満載したいわね。



■sm24192068[ニコ動]

■sm24388333[ニコ動]


関連静画は何がいいかしら。


■im8767356(静画)
■im8609595(静画)
■im4253646(静画)
■im8310084(静画)


新しい関連商品はやっぱりたかぶるわね。


■azB0006UG0CG
■azB01DQQ17YW
■azB0017TCF5Q


情報ね、関連項目はどうなっているの?



最終更新日: 20/09/25 06:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ