ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


零式艦上戦闘機


ヨミ: レイシキカンジョウセントウキ
掲示板をミル!
575カキコ!

零式艦上戦闘機とは、大日本帝国海軍によって運用されていた艦上戦闘機である。

通称は零戦、ゼロ戦。また、連合側からはゼロファイタージーク(Zeke)とも呼ばれていた。


概要


太平洋戦争を代表する大日本帝国海軍の誇る名機の一つ。

な特徴として、

などを持つ。

特に、日中戦争及び太平洋戦争前半はその運動と航続距離を生かし、敵戦闘機を圧倒したといわれる。操縦性もいいことから初級者にも扱いやすい機体だった。

しかし、戦争半ばになると、米軍F6FF4UP-38P-47などが登場したほか、後継機の開発の致命的なまでに遅延。零戦自体も良を重ねたものの装甲の薄さや、エンジンの出限界にともなう速不足、搭乗員の技量低下、工作精度の著しい悪化、それによる稼働率低下などもあいまって、戦闘機として急速に色褪せていった。

一部の機体が米軍鹵獲されたことによって機体特性明らかになり、弱点を底的に突かれる戦い方が浸透したことが大きな原因であったただし、鹵獲以前に零戦の性米軍におおよそ推定され、対抗戦術も開発が始まっており、「鹵獲したゼロの性情報部のレポート通り」という言もある米軍日本軍にして、こういった新戦術をでも分かるよう、様々なマニュアルで浸透させることが巧みであり、日本軍ソフトウェアの側面でも大幅に劣後していた

しかしF6Fヘルキャット等、敵新機に全く通用しないわけではなく、1945年2月関東戦ではめて零戦の格闘の脅威が報告された。ポートダーウィン戦ではイギリス軍のスピットファイアを一蹴もしている。

要は有利なシチュエーションをいかにして作りだせるか、ということである。これはどのような戦闘機にも言える条件である。そして零戦は、零戦そのものだけではなく、航空隊そのものの急速な崩壊に伴い、それを行うことが極めて困難な状況に追い込まれていったのだ。故に烈風」が間に合っても、戦況には大差なかったと思われる。

最終的に米軍機と戦うには性不足となり、終戦間近には特攻機としても使われた。かの特攻第一号、関行男大尉の乗機も零戦であった。後には当初より特攻任務も想定した、戦闘爆撃(六二)も量産されている。

数多くのが存在しており、微妙に細部や塗装が代わったりしている。

ちなみに後継機として『烈風』が開発中だった。もっとも開発はエンジンの選定や開発チームメンバー病気なども相まって戦時中には間に合わず、水上戦闘機から改造された局地戦闘機である「紫電改」などが後継機の代替とされた。

単発のレシプロ飛行機(艦爆とか、終いには米軍機でも)を見ると「ゼロ戦」と言う据え置き家庭用ゲーム機を全て「ファミコン」と呼ぶオカン的な習は止めて欲しい…けど見たで区別が付かないんだから仕方ないね…。ペディキュアとマニュキュアの区別、チュートップキャミソールの区別、サイハイソックスニーソックスハイソックスの区別、シャギーレイヤーの区別、バルーンスカートとキュロットと提ブルマかぼちゃパンツの区別、バルファンとオーデコロンの区別が多くの軍オタには理な様に…。


豆知識


[画像]


型式別概説


「○」とある場合、一桁の○は機体のバージョンを、二桁エンジンバージョンを表わす。例えば五二は5番の機体に2番エンジンを載せたという意味。またそのような理由から、「ごじゅうに」ではなく「ご・に(ごーにー)」あるいは「ご・ふた(ごーふた)」と読むのが正しい。(1,2を「いち、に」ではなく「ひと、ふた」と読むのは通信時の混乱を避けるためで、通常はそのまま読む。)

余談ながら戦後開発された旅客機YS-11番も、数字部分は「数ある補のうちの1番エンジンと1番の機体」を意味する。作った人が同じだから仕方ないね

一一
支那事変日中戦争)で使用された初期。長い航続距離背景に、九六式陸上攻撃機の護衛等で旧式化した中国軍機相手に大活躍した。先行量産型という位置づけであり艦上運用装備はない。
二一
艦載機として運用するための装備(着艦フックや帰投装置、端折り畳み機構など)を追加した機体。アメリカとの戦争では真珠湾攻撃からミッドウェー海戦ラバウル航空隊によるガダルカナル攻防戦までグラマンF4Fワイルドキャット」等を相手に大活躍した機体。この二一が零戦神話を作ったと言っても過言ではい。
三二 
エンジンを換装し、二一における端折り畳み部分を省略(二一べると、その部分を切り落としたように見える)した機体。最初のうちはアメリカ軍に新機と勘違いされて「ハンプ(Hamp)」と呼ばれていた(後に零戦のバリエーションと判明し、他の同様ZekeまたはZeroと呼ばれるようになった)。速度と横転性若干アップしたが、航続距離が低下してしまった。また、二一で不満のが多かった20ミリ機関の装弾数も増やされている。
よく誤解されるが、航続の低下は形状の変化やエンジン換装(出増大と引き換えに燃費が悪化した)よりも、燃料タンクの容積減少の影のほうが大きい。二一は、燃料の過積載を前提として航続距離を算出していたのに対し、三二ではエンジンの大化により実質的にタンクが小さくなったため過積載が不可能となり、航続距離の減少につながった。
なお、三二一式陸上攻撃機の設計者である本季郎技師が設計を担当している(当時堀越技師は病にせっていた)。
二二
端折り畳み機構を復活させ、外側に燃料タンクを増設して航続距離が回復した機体。
四一
二一20mm機を、ベルト給弾式に変更したもの。計画のみ。「四は死に通じて縁起が悪いから『四』は存在しない」というのは誤り。
五二
三二及び二二と同じエンジンのままで速度を向上させるため、推式排気管を採用。長身の九九式二号20mm機を搭載、を三二と同じ長さにした機体(ただしの先端はまるく加工されている)。1番生産量が多い機体。無印・甲・…とサブタイプも多い。13.2mm機を搭載、あるいは防弾装備を強化した機体もある。
前述の通り排気管を変えたことで、排気音はそれまでのとは全く違うものになったという。「グラマンの相手は任せろーバリバリ
五三
五二ベースに、栄二一エンジンから栄三一エンジンに換装した機体。このエンジンは栄二一エタノール噴射装置を追加して出の向上を図ったモデルである。
エンジンの向上により、武装や防弾装備の追加で低下した運動性の回復をしたが、エタノール噴射装置の不具合をはじめ、零戦のプロペラ飛散事故への対応や、レイテ沖海戦を見据えた五二への生産集中等のトラブルが重なり、試作機は何とか完成したものの量産する前に終戦を迎えてしまった。
六二
損耗のしい九九式艦上爆撃機に代えて、五二250kg爆弾を持たせられるよう、機体下部に爆弾懸架装置を付け加えた戦闘爆撃機。特攻に使われたものは、500kg爆弾を搭載できるように修された。通称爆戦。
六三
こちらは五三ベース戦闘爆撃機仕様としたもの。五三同様エンジンの不具合に悩まされ、数機のみ生産され終戦を迎えた。
六四
五二系列にいたり、武装と装甲の強化で低下した運動性を善。同時に、中島「栄」発動機の生産落ち込みから、三菱金星」六二エンジンを換装した機体。2機のみ完成

派生機


二式水上戦闘機
二一にフロートを付けて水上で発進できるようにした機体。そこそこ活躍した。ちなみに開発は中島飛行機。現場では零戦の水上機版ということで「戦」とも呼ばれていたようである。
零式練習戦闘機一一
二一を複座化(前が生徒用で後が教官用)し、それぞれの席に操縦装置を設けたもの。また「概要」にあるように20mm機は搭載されていない。
生徒用操縦席は開放式、即ち防で覆われていないので、うっかりシートベルトを締め忘れたまま背面飛行や宙返りをすると大変な事になる。生産は日立航空機
零式練習戦闘機二二
五二を訓練用に複座化した機体。大戦末期飛行機にはよくある事だが、2機試作された所で終戦を迎えた。

私案


堀越二郎技師による良私案
エンジンを大の「金星」六二に換装し、13.2mm機は追加せず、その代わりに防弾を強化する。戦後に書かれた手記において「こうしたら良かったんじゃないかなー」と触れられた程度で実際には開発されていない、言わば「ぼくのかんがえたさいきょうのぜろせん」なのだが、他ならぬ零戦の産みの親の案なので特にここで紹介する。因みに三菱側が当初より零戦に、自社製発動機の搭載を望んでいたのは事実である。

関連動画



■sm3205561[ニコ動]

■sm3070564[ニコ動]


関連商品



模型


■azB001CQM144
■azB0007W5FV0
■azB0041N52PA


書籍


■az4769826400
■az4769820720
■az4575835161


次へ»
最終更新日: 18/08/15 02:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ