ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


青山忠俊


ヨミ: アオヤマタダトシ

青山忠俊1578~1643)とは、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将である。


概要


徳川家康臣団では若い世代であり、どちらかと言えば徳川秀忠の側近としておなじみの人物。

青山忠成は徳川家康の小姓であり、徳川秀忠の傅役となった人物である。内藤正成ともども一旦失脚するが、これは徳川家康による秀忠近臣団統制のパフォーマンスともいわれておりすぐ許されている。

一方その息子である青山忠俊は7歳の時徳川家康徳川秀忠に御見え。9歳から徳川秀忠近侍する。そして正18年(1590年)に13歳にして小田原攻めで見事な戦働きを死、感状を授けられた。

関ヶ原の戦いの後は従五位下・伯耆守に任じられ、慶長9年(1604年)に徳川家光が生まれるとその傅役となる。こうして青山忠俊は後の世に土井利勝酒井忠世とともに「寛永の三」と呼ばれるほどの権勢を得たのである。

この後の青山忠成の失脚も、彼には影せず、の遺領と合わせて3万5千石を所領を得る。大坂の陣後には徳川家光の老職となり、元和5年(1619年)には江戸城の根であった岩槻を得た。しかし、彼の権勢もそこまでであった。元和9年(1623年)に徳川家光将軍になった直後、酒井忠世酒井忠勝雅楽頭系酒井一門相手に非礼を働いたなどを原因とし、失脚したのである。赦免後も青山忠俊は江戸城に出仕することはなかった。

こうして子ともども将軍を育て上げた後失脚する、という数奇なに遭うが、青山忠俊の息子青山宗俊は許されて大坂城代にまで出世し、子孫は丹波篠山となっている。


補足


信長の野望」(PCシリーズにおける青山忠俊の力一覧。

しばらく登場していなかったが、創造PKからまた復活している(似たようなポジション土井利勝酒井忠世べると、その最期からか内政屋としてもやや微妙である…)。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 142 智才 78 政才 108 62 野望 59
将星 戦闘 68 智謀 43 政治 52
烈風 采配 45 戦闘 55 智謀 23 政治 51
世記 采配 31 智謀 13 政治 40 野望 18
蒼天 統率 28 知略 15 政治 57
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 41 武勇 40 知略 28 政治 69

関連項目



最終更新日: 19/09/02 14:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ