ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


静岡鉄道


ヨミ: シズオカテツドウ
掲示板をミル!
20カキコ!

静岡鉄道[しずおかてつどう]とは、静岡県静岡市区に本社を構える鉄道事業者である。通称「静鉄」(しずてつ)。同社静岡清水線の事業をはじめ、「静鉄グループ」を統括する中核企業である。

スルッとKANSAI協議会加盟社。


概要


静岡市中心部と清水区(旧・清水)を結ぶ路線と、静岡市清水区と駿河区に跨る丘陵「日本」山頂の「日本ロープウェイ」を保有している会社である。
かつては静岡市地・清水地を走る路面電車岡部町・吉田町・榛原町・相良町・町・大東町・大須賀町・袋井町(すべて廃線当時の自治体名)を結ぶ鉄道路線(後述)や、観光用のリフトを保有していたが、いずれも昭和50年代初頭までにモータリゼーションなどの事由で止、バス転換などしている。

同時に、沿線の各工場に名を連ねた数々の名工、いわば「」たちによる、様々な「魔改造で名を馳せた私鉄(作例はあまりにおぞましくここには書けないため各種書籍や、研究サイトも参考にしていただきたい)でも知られていたが、保有路線は静岡清水線1本、工場は長沼工場ひとつのみ、車両は後述するオールステンレスの高性1000電車」に絞られたため失われた。

―はず、に見えたが、2011年からの急行運転復活で、その片鱗をチラつかせることとなる(後述)。

第二次世界大戦の前から諸般の経緯で、東京急行電鉄(以下「東急」)が同社の筆頭となっているが、大戦後東急は直接的な経営参画から手を引いている。現在でも、結びつきは決して弱いわけではない(例:東急で使われた中古を戦災復車両として静鉄にあっせん、東急7200系電車および東急8500系電車体の設計規範とする1000電車の導入、リゾートホテル東急ハーヴェストクラブ静波」の管理・運営、「新静岡セノバ」のキーナント東急不動産下の「東急ハンズ」であること、など)のだが、静鉄グループは「東急グループ」に属していない左として、東急はもとより、同じ静岡県下の鉄道会社でもある伊豆急行車両制服社員の制帽徽章などに掲出される、1973年制定の東急グループ統一マーク東急グループ共通マーク」および、掲出物・チラシ類などに「美しい時代へ―東急グループ」「それが、東急クオリティ。」などのキャッチコピーは、上述した新静岡セノバに入居する東急ハンズ単独の折込チラシなど例外を除き、使われていない)。なぜか、は後述する。

なお、バス部門は2002年に「しずてつジャストライン」として分社

並行他社であるJR東海との連絡運輸は、定期乗車券を含めいっさい行っていない(共通IC乗車カードの、プリペイド扱い相互利用のみ)。

保有車両ステンレス製の1形式に絞られ、趣味的には面みに欠けるとのいといえばそれはウソになるが、下手な都市近郊のそれも尻尾を巻いて逃げ出すくらいに設定された高頻度の運転本数に加え、大手民鉄肩する性サービス機器を、各あまねく配置。加えてそれらの遠隔監視システム頭に鉄道営業所直通のインターホンを導入し、人件費圧縮と高いセキュリティを実現するも、時間帯によっては嘱託係員を配置・立させ、利用客と心こもった暖かいあいさつが交わされることも。安全面では、ほぼ全ホームに転落防止柵を配備し、それでいて平日ダイヤでは鉄道ファン泣かせの種別や運転動作を用意。顧客サービスとしては、地元客には高割引率のハウスカード並行他社と対抗、他地域からの来訪者も「スルッとKANSAI」の「PiTaPa」を介し、他9種の全要交通IC乗車カードを受け入れる。

地方都市の中小鉄道事業者でありながら、キラリるものを多数持った鉄道であり、「地方私鉄優等生」の上をゆく、さしずめ「地方私鉄の学級委員長」的立ち位置、と言っても、あながち過言ではないだろう(詳細は後述)。


路線


止路線の乗り入れ先・経由地や関連する事業者名・路線名・航路の行先などは、いずれも当時のものである。


静岡清水線



あれこれ



次へ»
最終更新日: 19/04/14 20:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ