ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


非公認戦隊アキバレンジャー


ヨミ: ヒコウニンセンタイアキバレンジャー
掲示板をミル!
360カキコ!

妄想に浮かぶ秋葉原
そこに、「痛さは強さだ!」と信じ、
内だけで戦う3人の戦士がいた。
彼らこそ……
非公認戦隊アキバレンジャー!!


概要


非公認戦隊アキバレンジャー(ヒコウニンセンタイアキバレンジャー)とは、BS朝日TOKYO MXTV2012年4月から放送された、37スーパー戦隊作品東映制作特撮アクションドラマである。
全13話を放送(ただし、第13話は12話までを振返るといった特殊な内容である)。
タイトルに「〜戦隊」と付いているが、本家の「スーパー戦隊シリーズ」非認作品である。

2013年4月から、第2期である非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛が放送予定。

随所に歴代戦隊シリーズパロディギャグ、お色気ネタオタネタメタな展開などの際どいネタが散りばめられている事から「良い子は見ちゃダメ!!」キャッチフレーズが付いている。また、このキャッチフレーズにはスーパー戦隊実在ヒーローだと信じているような良い子の夢を壊すから見ちゃダメとの意味も込められている。


タイトルに「非戦隊」と銘打ってはいるものの、スタッフは(太字は大百科があるもの)

と、本家スーパー戦隊シリーズをこれまで手がけた大物スタッフが集結している。詳しくはスタッフの項目を参照。
川井憲次東映特撮作品では初参加。

またサブライターとして、若手注の香村純子ゴーカイジャーに引き続いて起用されている。
ちなみに何気にハイビジョン制作である。


メンバーの3人編成だが、男性レッドのみで、後の二人は女性メンバーとなる。
またメンバーは、フィギュア痛車といった「萌え要素」満載のアイテムを駆使して戦う。

この他、痛車が変形するアキバレンジャー専用ロボ「イタッシャーロボ」も登場する(詳細は後述を参照)。


主題歌は「桃井はるこfeat. 山形ユキオ」が担当(作詞作曲桃井はるこが担当)、音楽プロデュース音楽制作本家スーパー戦隊シリーズ同様、Project.R日本コロムビアが担当する(ただし非戦隊ゆえか、「Project.Rプロジェクトドットアール)」は「Project,R(プロジェクトカンマアール)」名義になっている)。


S.H.Figuarts」販促番組でもあるため、「特命戦隊ゴーバスターズ」(別名「認様」)よりも先に、バンダイ・コレクターズ事業部から発売が決定(アキバレッド2012年6月アキバブルー7月アキバイエロー8月)、さらに8月には本作の「デフォルマイスタープチ」の発売、9月には「MMZ-01」の発売も決定し、グッズ展開も積極的である。ちなみに、本編に登場したレッドの各フィギュアにはそれぞれ、対応した大それたパーツが付属する。またMMZ-01のCMナレーションには、認様の玩具CM同様に玄田哲章が起用されている。


タイトルにもある「アキバ」こと秋葉原では多くのスポットがロケ地に使用されているほか、2012年3月31日4月1日には第1話先行試写会が秋葉原で開催され(ネットからの事前応募制)、4月1日の試写会にはメインキャストも登場。同時に制作発表記者会見も行われ大盛況だった。ある意味では超神ネイガー琉神マブヤーと言ったローカルヒーロー」と言えるかもしれない。


非公認戦隊アキバレンジャー


葉加瀬博世(はかせ・ひろよ)が経営する「戦隊カフェひみつきち」に本拠を置く非戦隊。ただし、活動範囲は狭く変身できるのは秋葉原圏内のみ。

「痛さは~~!強さ!!」

赤木信夫(あかぎ・のぶお)/アキバレッド(演:和田正人)「安い…高いが安い!」
アキバレッド変身する「佐々木ポンポコデリバリー(略してS.P.D.)」で働く29歳のおじさん青年実家住まい。
ジャケットグローブ(+軍手)、マフラートレードマーク
バリバリ戦隊オタク戦隊一筋29年だったが、29年にして人気アニメ「にじよめ学園ズキューーン葵」にも本人く「絶賛ブヒ萌え中。」なくらいハマってしまっている。
仕事中でも戦隊ヒーローのように振る舞うなどの重度の妄想癖を買われ葉加瀬にスカウトされる。
名乗りの際に一推しの戦隊ヒーローなどを挙げる。
忘れられがちだが、本作ではエンディングテーマを歌唱している人物。 
青柳美月(あおやぎ・みつき)/アキバブルー(演:日南響子「私のパンツを見た罰よ!」
アキバブルー変身する18歳学生
クールで気が強く、総合格闘技に長けており新聞にも載るなどその筋では有名人なのだが、どうも何らかの試合で負けてしまったようであり強くなる秘があると葉加瀬に言いくるめられてアキバレンジャーに参加する。
オタク的な要素はまったくと言っていい程ないのだが、一「ズキューーン」には信夫と同様ハマっている。
変身前後を問わず何故かお色気的な被害を受ける事が多く、特に変身後はクマさんがプリントされたパンツを盛大にしながら戦ったりスパンキングされるわ、パイタッチされるわとヤラレ放題である。
上記のようにオタク要素ほぼ皆無の為、信夫やゆめりあの言う「お約束」についていけない部分があったが、3話あたりから自トレと称し戦隊DVDを借りて鑑賞などを行って勉強する辺り根はである。6話にて伝説スーツアクター新堀和男から直々にアドバイスを受けて以来、順調にスーツアクターオタへのを進みつつある。
ちなみに「戦隊カフェひみつきち」にいる間は、何かしらのストレッチをしている場面が多く見られる。
近接格闘においては、プロレス系の技を多く使う(相手に飛びついて投げたり、飛び付きからの腕十字等)。 
変身後の名乗りはなんとなく行っていたが、6話以降はくどすぎるくらいに手なアクションの後に名乗りを上げるようになる。
ゆめりあ(もえき・ゆめりあ)/アキバイエロー(演:荻野可鈴「続きは同人で描くからキーーック!」
アキバイエロー変身するコスプレイヤー。名前はコスプレネーム(CN)で、
本名は『山田優子。山梨から上して現在は一人暮らし。
たまたま葉加瀬と会った為にスカウトされた。
コスプレによって性格や言葉(言動を含める)がコロコロ変わる「なりきり系」のレイヤー。さらに自分で同人誌を描いてコミケに参加する事もある。しかも腐女子で特に”鬼畜攻め萌え”である。
実は23歳で平日OLをやっており普段はバレないように隠し通しているようである。
信夫ほどではないが戦隊にも詳しく、「特撮お約束」が分からない美月への説明などをよくしている。
好きな特撮キャラ緑川光を担当したキャラで、後述する係長の一人である歌舞伎町メスグロヒョウモンチョウのことを「歌舞伎町様」と呼んで萌えていた。
第5話で誕生日を迎え、24歳となった。ちなみに、演じている荻野可鈴1995年まれの16歳
余談だが変身する際にが揺れる。
名乗りの際、近況報告やオタクの説明などをするも、長過ぎるためいつも強制的にカットされる。 
都築クマ(つづき・たくま)/新アキバレッド(演:高木心平「よろしくベイビー!!」
葉加瀬の違いの(異姉弟)で、モエモエズキューーンが葉加瀬に与える影を知らせに来たインターポールの特命刑事
突然アメリカ防総省(ペンタゴン)にスカウトされた信夫に代わり、アキバレッドを引き継いだ。
剥き出しのトランペット背中に担ぎバイクで移動する。登場の際、そのトランペットで自らBGM演奏するキザ男
その姿に女性メロメロの様子。その昔、認様である獣拳戦隊ゲキレンジャーバーターで出演したことがある。 
しかし、実際はテコ入れの為の登場であり、 エモエズキューーンが葉加瀬に与える影も一で解決された。伏線はうっちゃるためにある。
信夫によって世界線が戻された後、々にインターポールから帰還命が下され、秋葉を去った。


非公認戦隊アキバレンジャー[番組の中]の世界(第11話)


OPナレーション認様で有名な宮田浩徳を起用し、テコ入れシリアス展開に。
この展開は、実は10話から伏線られており、タクマ役に影を受けたメタゲキレンジャー展開となる。
葉加瀬を長官と呼び、アキバレンジャーの3人は色違いでおいのジャケットを身につけ行動する、王道スーパー戦隊イメチェンし、口調も変わった。
最後はマルシーナとの接触で違和感を覚えた信夫がテロップチャンスを作ったことによって世界線が戻された。
各々にキャッチフレーズが設けられ、名乗り口上が与えられた。必殺技にも関わる心技体の役割も付加された。
◆[心] 「柔よく剛で、に燃える!インテリジェンス! アキバレッド!」 
◆[技] 「盲の浮木、奇跡感謝!プラクティショナー! アキバイエロー!」 
◆[体] 「滄の遺珠、仰げば高し!パストマスター! アキバブルー!」
※この口上には言葉遊びが2点入っているが、ここでの説明は省く


敵組織・邪団法人ステマ乙(すてまおつ)


アキバレンジャーの敵組織で、アキバの文化を否定し、アキバを別のに造り変えようと論む悪の秘密結社。
幹部や戦闘員、毎回の怪人に相当する「係長」がおり、首領は長らく不在だったが、第9話にて初登場した。
第7話から、マルシーナシャチークがアイキャッチに採用された。
敵方がアイキャッチとなるのは認様も含めても極めて異例。


次へ»
最終更新日: 13/04/10 07:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ