ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


面子


ヨミ: メンツ
掲示板をミル!
2カキコ!

面子(メンツ・メンコ)

  1. メンツ:麻雀で、の組み合わせのこと。狭義には、そのうち完成面子(順子・刻子・子)のこと。
  2. メンツ:麻雀の参加者のこと。転じて、麻雀に限らずメンバーの人数や顔ぶれのこと。
  3. メンツ:面や体裁のこと。
  4. メンコ:駄菓子屋などで売られている玩具。また、それを使った遊戯

本項では1について説明する。


概要


麻雀における面子は、3~4枚のの組み合わせである「完成面子」と、完成面子になる一歩手前の状態である「未完成面子」に大別される。
原則として、麻雀でアガるためには14枚のを使って、完成面子を4組と、未完成面子の一種である対子(頭)1組を作らなければいけない。 


完成面子


順子(シュンツ)

同じ色の数3枚を、続き数字になるように組み合わせたもの。
3枚すべてを自分で集めて作った順子を「暗順子アンシュンツ)」、3枚のうちどれか1枚を上の打からチーで奪って作った順子を「明順子(ミンシュンツ)」という。 

例: 三萬[画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る][画像を見る]


次のように、数の九→一をまたいで繋がっているものや、字を使ったものは、一般的なルールの下では順子と見なさない(宇宙麻雀などのごく一部の例外を除く)。

×これはダメ: [画像を見る][画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る][画像を見る]


順子が関連するな役:

刻子(コーツ)

同じを3つえたもの。順子と違いの種類による制限は特になく、字でも刻子を作れる。
3枚すべてを自分で集めて作った刻子を「暗刻子(アンコーツ)」または「暗刻(アンコー)」 、3枚のうちどれか1枚を他の打からポンで奪って作った刻子を「明刻子(ミンコーツ)」または「明刻(ミンコー)」という。

例: [画像を見る][画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る][画像を見る]


刻子が関連するな役:

槓子(カンツ)

4枚った同じを、カン)を宣言してしたもの。手を作る上では刻子と同じように扱われる。
4枚すべてを自分で集めてした場合、その子を「暗子(アンカンツ)」という。
4枚のうちどれか1枚を他の打から奪って作った子は「明子(ミンカンツ)」というが、明子には2通りの作成パターンがある。ひとつは、暗刻ができている状態で他がそれと同じを打したときに、それをで奪うパターン大明槓)。 もうひとつは、明刻ができている状態でそれと同じを自分で引いたときに、それを明刻に加えて子にするパターン(加)。
これ以外の方法で子を作ることはできない。つまり、明刻ができている状態で他がそれと同じを打しても、これを奪って子にすることはできない。他家の手牌を奪うなどもってのほか。

例: [画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る][画像を見る]


同じが4枚っていても、を宣言せずそのまま手の内で使っている場合は子と見なさない。

[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る] ツモ[画像を見る]

この例の場合、[画像を見る]が4枚っているが、を宣言していないので子とは見なさず、[画像を見る]を含む順子[画像を見る]3枚による刻子と見なす。


子が関連するな役:


未完成面子


対子(トイツ)

同じが2枚っている組み合わせで、つまり刻子の一歩手前の状態。

例: [画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る]


原則として、アガるときには14枚ののうち2枚一組は対子にしなくてはならない。この対子のことを特に「頭(ジャントウ)」という。 

[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る] ツモ[画像を見る]

この例の場合、[画像を見る]2枚の組み合わせが頭である。


対子が関連するな役:

七対子完成面子を含まずとも対子を7つ作ればアガることができる、特殊な役である。

搭子(ターツ)

順子の一歩手前の状態。つまり、3つの続き数字のうちどれかひとつが欠けている2枚の数の組み合わせ。
欠け方により呼び方を区別することもある(下の例の左から両面搭子、嵌搭子、辺搭子)。

例: [画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る]


搭子が関連するな役:

これまた特殊な役で、配牌時もしくは第一ツモ時に完成面子どころか搭子がひとつも出来ておらず、対子もひとつしかない場合に成立する。ただしローカル役なので採用されることは少ない。なお、対子すらできない場合は十四不搭とする場合もあるが、確率・採用例ともに更に稀である。


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 16/01/22 20:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ