ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


領土問題


ヨミ: リョウドモンダイ
掲示板をミル!
72カキコ!
加筆依頼 加筆者の募集】
この項は内容が少ないです。
調べものなどの参考にはなりますが絶対的に内容が不足しています。
加筆、訂正などをして下さる協者をめています。

領土問題とは、国際問題の一つである。

領有権問題」「領土紛争」ともいう。


概要


となる土地が、「どの、どの組織に所属しているか」を巡って発生する問題である。領土が互いのに関わる場合は紛争・問題ともいう。

領土問題の発生する原因となっているのは、最初に領有したが明確なを行わなかったり、取得するにあたって他の了解や同意を得たりしていなかったことによるものである。その他にも、その土地に存在する資や、その土地の形状にある戦略的価値、またはその土地に立つ建築物なども理由として発生することがある。

ただ、最初の領有に関するケース以外にも、複数の領有者が常駐していて正当なのがか分からなかった時期や、新たに支配したが統治を放棄して支配者がいなくなったり、あるいは統治を返すどころか本来とは別のに譲渡してしまったなど、歴史的な問題も絡んでいることがある。


領有判定の基準


以下基準は国際法に基づく。

先占 領有者がいない土地を最初に実効占有すること。
添付 埋め立てなどによって土地を広げること。自然による土地変化も含む。
時効 領有の意思をもって長いあいだ穏に統治すること。
この「長い間」には領土紛争が起きていないことがめられる。
相手の土地を武戦争によって取得すること。現在際的に禁止されている。
ただし「占有したのが相手の土地」という場合であり、自領土の奪還はそれに含まれない。
譲渡
  • 売買 (AがBへ土地を売る)
  • 交換 (AとBが双方の土地を交換する)
  • 割譲 (Aが土地の一部をBに渡す)

領土問題


日本

地域 支配 係争 備考・その他
北方領土 ロシア 日本 日本は返還・もしくは地を
竹島 韓国 日本  
尖閣諸島 日本 中国台湾 尖閣諸島問題」を参照
沖ノ鳥島 日本 - 中国が「岩礁はとして認められない」と効を

アジア

地域 支配 係争 備考・その他
南沙諸島
(スプラトリー諸島)
中国 台湾ベトナムフィリピンマレーシアブルネイ シナの群
西沙諸島
(パラセル諸島)
中国 台湾ベトナム 南沙諸島の北にある群
岩礁 韓国 中国 中国韓国のほぼ中間にある岩礁。
アルナチャル・プラデシュ州 インド 中国  
カシミール地方 インドパキスタン中国 インドパキスタン中国 インドパキスタン中国の中間に位置し、支配も三それぞれに分割されている。
レア・ビヒア寺院 カンボジア タイ タイカンボジア寺院とその周辺にある地域。

欧州

地域 支配 係争 備考・その他
アイルランド イギリス アイルランド アイルランド北部地域。
ジブラルタル イギリス スペイン スペイン・イベリア半島の南東端。

アメリカ・南アメリカ

地域 支配 係争 備考・その他
フォークランド諸島 イギリス アルゼンチン アルゼンチン東の々。

中東

地域 支配 係争 備考・その他
エルサレム イスラエル パレスチナ イスラエル首都としているが際的には認められていない。
パレスチナ パレスチナ自治政府 - イスラエルは未承認。

その他

地域 支配 係争 備考・その他
南極 - フランスチリアルゼンチンオーストラリアイギリスノルウェーニュージーランドブラジル 現在南極条約(1959)により各の領有権凍結扱いとなっている。……が、領有権そのものの否定はされていないため、いずれ再燃する可性はある。

その他


争う余地のない
係争地を実効支配(現時点でその土地を支配)しているで「争う余地のない権を持っている」「領土問題は発生していない」と発言するがあるのは、際的慣習として「領土問題が発生していることを認めるのは、相手のにも一理ありそれを認めている」という事になるからである。
法裁判所への付託
領有権の解決には法裁判所による判断などをめるのが良いと思われる。当事すべてが合意した場合、際的なルールに同意したということなので、当事に対して管轄権が行使可となるため、もし法裁判所の判決・決定に従わなければ安保理による際的な制裁も可になるからである。
ただし国連章や条約と同じく国家間の合意が基本とされているため、その機関である法裁判所においても、現行では「紛争の当事すべてが法裁判所での解決に合意しないかぎり案件として扱わない」事になっている。つまり二間の場合、片方がめても片方が拒否すれば審議には出せなくなる。ただし拒否した側も審議拒否に対する合理的な理由の説明をめられるため、際的に納得いく説明ができなければ、拒否した側がやや不利な立場におかれるという部分もある。
際的な判断は解決になるのか
法裁判所による判断が必ずしも終結や解決に結びつくわけではない。タイカンボジアの領土紛争では、プレアヴィヒア寺院の領有権はカンボジア領という判決が1962年に出ているが、紛争は停止しておらず、近年(20082011年)ではさらに化した。判決が出てもタイ側が納得していなかったこと。加えて寺院そのものは決まってもその周辺地域は未確定のままだったため。

関連動画



日本の領土問題



■sm12180750[ニコ動]

■sm14398385[ニコ動]
■sm11742867[ニコ動]


世界の領土問題


■sm13982781[ニコ動]
■sm5817513[ニコ動]
■sm9101518[ニコ動]
■sm6642326[ニコ動]


関連商品


■az4569794130
■az4750314188
■az4537258403
■az4811376390
■az409386019X
■az4537257695


関連項目



関連リンク



最終更新日: 17/11/18 14:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社