ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


頭蓋骨絞め


ヨミ: ズガイコツジメ
掲示板をミル!
44カキコ!

《頭蓋骨絞め》(ずがいこつじめ)とは、マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のカードである。初出は2004年発売の『ダークティール』。


概要


Skullclamp / 頭蓋骨絞め (1)

アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+1/-1の修整を受ける。

装備しているクリーチャー死亡するたび、カードを2枚引く。

装備(1)((1):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対とし、それにつける。装備はソーサリーとしてのみ行う。このカードはつけられていない状態で戦場に出て、クリーチャー戦場を離れても戦場に残る。)

引用元[外部]

1マナ戦場に出せて1マナで装備できる、非常に軽量な装備品。その分修正値も小さく、パワーを1上げる代わりにタフネスは1下がり、修正値の合計はプラスマイナス0となっている。

しかし2行の「装備しているクリーチャー死亡するたび、カードを2枚引く」が重要であり、対戦相手に「パワーが上がったクリーチャーに殴られ続けるのも地味に痛いな……でも除去するとアドバンテージ与えちゃうし……」といったジレンマを発生させる。装備しているクリーチャー死亡しても装備品は残るため、大抵は後続がまた装備しなおして殴りに行くことになる。そして色によってはアーティファクトを処理できない。オワタ


強いのかコレ?


強い。ちょうつよい。毎ターン馬鹿にならないダメージか手札2枚か選べよな!」ってのでも十分強い。でもその程度なら大百科に個別記事が作られるほどじゃない。

さて、ここに1/1のクリーチャーがいる。こいつに《頭蓋骨絞め》を装備させるとどうなると思う? 2/0になる? そう、正解だ。MTGではタフネス0のクリーチャーは自動的に死亡する。で、次は? うんそうだね。死亡したから2枚ドローできるね。……何か悪用できそうだなーって気がしてきたと思う。それで大正解なんだ。


つまり


1/1のクリーチャーを並べ、片っ端から2ドローに変換することで凄まじいアドバンテージを得ることができる。クリーチャーが1マナだとすると、差し引き2マナで2ドローできてそれが何度でも使えることを意味する(なお、どの色でも恒久的に使用できるドローエンジンは4マナで1ドローが相場)。「死亡したとき」を持つクリーチャー発動に使ってもいいし、大量に溢れる手札からコンボに走ってみてもいい。なお、サポートするカード恵まれ全盛期は、

(1)、クリーチャー(タフネス1でなくてもよい)を1体生け贄にげる:カードを2枚引き、特定クリーチャー1体が1回り強くなり、対戦相手は通常1点~最大4点のライフを失う。

というわけのわからなさを誇った。コレ絶対1マナカードの働きじゃない。

当時のスタンダード最強デッキである『親和』を超絶強化したほか、1/1のエルフをドローに変えて強な《》につなぐ『エルフ&ネイル』、1/1のゴブリンを大量に墓地に送り《総帥の召集》で一気に復活させる『ゴブリン召集』など、環境を席巻。《減衰のマトリックス》という、「《頭蓋骨絞め》と『親和』にはメチャクチャ強いがそれ以外には全く効果がない」カードコントロールデッキメインボードに4枚投入されるなど、スタンダード環境世紀末と化していった。その結果、スタンダードにおける5年ぶりの禁止カード定される。スタンダードレガシーエクステンデッド(当時)といったフォーマットべてカードプールが狭く、カードの相互関係も少なく禁止カードはなかなか出ないはずだが、それでも禁止されてしまったあたり、いかに《頭蓋骨絞め》がブッ壊れカードであったか、という話である。


現状


ヴィンテージを除いて禁止カード定されている。ヴィンテージでは「クリーチャーではほとんど追いつけないほどの世紀末環境」であることと、「ブッ壊れアーティファクトとその対策カードが多数あり、《頭蓋骨絞め》もそれに巻き込まれる形で処理されてしまう」ために許されている。そうでもなけりゃ野放しになんてされない。


関連動画



■sm25106159[ニコ動]


関連商品


■azB0004AB9P6


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 17/06/18 19:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ