ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!


ヨミ: フウライノシレンツーオニシュウライシレンジョウ
掲示板をミル!
189カキコ!

不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!とは、
チュンソフト開発・任天堂発売の、風来のシレンシリーズタイトルのひとつである。


概要


2000年9月27日に発売されたNINTENDO64ソフトで、風来のシレンシリーズの2番ナンバリングタイトル

ハードSFCから64になったことでグラフィックも見やすく美しく進化し、新システム・新キャラクターも登場。
システム的には前作の不便な点を解消して大幅に遊びやすくなり、「風来のシレンシリーズの基礎が完成した作品である。

初代のような不便さはなく、逆に最近の作品のような複雑な要素も控えめなため初心者に優しい。
また、歴代作品より極悪な特殊モンスターはかなり少なく、仕様も緩めてプレイヤーに有利なが多いため歴代タイトルの中でも難易度は低めとされる。
やりこみ要素も多く較的人気の高いタイトルである。


ストーリー


むかし むかし そのむかし……
それは シレンが まだこどもだったころの おはなし……

来人シレンイタチのコッパとの旅の途中で立ち寄ったナタネ村。
どうやら村人は、度々起こるの襲撃に頭を悩まされているらしい。
ひょんなことから村を守るを造ることになってしまったシレン
材料を得る為、怪物が多くいるシュテン山へと登る。

そして、村人の協を得て完成させたシレンたち。
ができたので、を退治する為に仲間と共に鬼ヶ島へと乗り込んだ。
モンスターする鬼ヶ島を進み、その頂上で待ち構えるの親分との最終決戦
闘の末、の親分に勝利したシレンナタネ村に平和がおとずれたのでした…

「そのもの くさきイタチをひきいて さらなるダンジョンへとむかう」
ナタネ村に戻ったシレンに明かされる予言。
新たなダンジョンが登場。シレンの冒険はまだまだ続く…


主要キャラクター



登場ダンジョン


黄金の間

シュテン山上級・鬼ヶ島・中井戸あかずの間・最果てへのに出現する隠しダンジョン
隠しダンジョンとはいうもののダンジョンの中にあり、寄りいはボーナスロアとでもいうべきものとなっている。
ダンジョン定階層のの中に、一定確率の間への階段が埋まっている。
の間は3〜5階のシャッフルダンジョンで構成されており、装備強化や今後の冒険にに役に立つアイテム
そのの間でしか手に入らないレアアイテムが落ちているため、立ち寄れれば一気に戦を強化できる。
その性質上、装備品、巻物、、高額ギタンが多く落ちている反面、や食料が出ないため餓死しやすい。

そして、の間の最後の階には宝箱が置いてあり、中にはレアアイテムが一つ入っている。
宝箱に入っているものはの間によって決まっており、その後の冒険に役立つ便利なものが幅広く出る所と、
そのの間のその宝箱にしか入っていないレアアイテム、即ち事実上のクリア記念品が出る所がある。
の間をクリアすると、元いたダンジョン定された階層に戻り冒険が続く。


新しく追加された要素


今作では、初代風来のシレンローグライクからの進化を遂げたシステムをさらに進化させ、後の「風来のシレンシリーズシステムの礎を築いた作品であり、その後のほぼすべての作品で採用されたシステムが多数登場している。内容が多少異なるものも存在するが、以後の作品に影するような要素が多い。それまで大味且つ、痒い所に手が届かないバランスだった不思議のダンジョンシリーズの悪い面を大きく払拭。結果としてこの作品で不思議のダンジョンシリーズの大が定まったと言っても過言ではない、大きな意味を持つ作品となった。


新しい地形の追加


これまでは専ら床とで構成されていたダンジョンに、新たな地形がいくつか追加された。
地形は前作にもあったが、ころび石で転んだ拍子などにアイテム没するようになったり、
水中HPを回復したり一方的に攻撃を仕掛けて来たりする棲系モンスターが登場した。
もちろんこれらに対抗・対応するアイテムも追加されている。
地形を氷の巻物で凍らせると(最初から凍っている場合もある)足が滑る氷の床になる。
その他、つるはしオヤジ戦車大砲で壊れないが登場。店がこれで囲まれていると泥棒しづらい。


両手持ち武器


今作から、ヤリやアイアンヘッドの頭など装備するとが持てない武器が登場している。
これらは2マス貫通や3マス先への攻撃などの強な特徴を有している(このは他へは合成できない)が、
武器やの片方が欠けるのはやはりつらいため、以降の作品でもたまに登場してはいるが有効だった例は少ない。


モンスターを仲間にするシステムの登場


モンスター」が登場し、モンスターを捕まえて仲間として使用できるようになった。
仲間といっても味方NPCと違い、勝手に動く、地雷で即死するなど挙動自体は基本的にモンスターと変わらない。
捕まえたモンスターは「もののけ王」という場所で預けることが出来る。
これに関してはポケットモンスターが着想の元とされており、これ以降の作品でもさまざまな形でモンスターを利用できるシステムが導入されている。


合成システムの整理、刷新


風来のシレン革新的なシステムであった合成が、この作品で整理された。
初代シレンでは、単純に武器に他の武器の性質を付与する程度のもので、どんどんを合成していけばよかったのだが、この作品以降は構成を考えて合成する必要が生じ、それと同時に冒険しながら強い装備を作る戦略や最強装備を作る楽しみができた。

装備の印数設定

初代シレンでも、特殊がある装備を合成すると「印」が付きを付与できるシステムがあったが
この作品以降、武器やに「印数」というをつけられる数に制限がかけられるようになった。
また、印の重ね掛けも一部可となり、同じ印を複数つけることでを強化することもできるようになった。
これによって、武器やにどのをつけるかを選別する戦略性が生まれた。

マゼルンの登場及び異種合成

本作から、投げた装備を飲み込んで合成するモンスター「マゼルン」が登場するようになった。
このマゼルン系はこれまでの武器同士や同士の合成だけでなく、武器やとそれ以外の等のアイテムを飲ませるとそのアイテムにちなんだ印をつけられる「異種合成」というを持っており、様々なアイテムを武器やにできる。
また、マゼルンはモンスターであり特定の階層でほぼ確実に湧くため、「合成の」が出るかどうかというランダム性の影が小さくなり、合成を明確に戦略に組み込めるようになった。

特殊合成


次へ»
最終更新日: 17/06/14 18:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ