ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


風船爆弾


ヨミ: フウセンバクダン
掲示板をミル!
55カキコ!

風船爆弾とは、日本軍が開発した気球に爆弾を搭載した兵器である。昭和十九年十一月三日より運用を開始。昭和二十年まで使用された。当時の呼称は気球爆弾


概要


蒟蒻から作った糊で和を固めて出来た気球に水素ガスを入れ、爆弾を搭載してに飛ばすというもの。高度の維持のため、高度が下がると予めぶら下げられた重りが切れる機構がついていた。一万発を生産、九千三百発を投入した。制作には女子学生が動員されたが、劣悪な労働環境で働かされたようである。

蒟蒻と聞いて馬鹿にする人も居るかも知れないが、分子の大きさが小さい水素ガスを気球内部にとどめておくというのは意外に難しいことである。また、当時航空機の発達によって欧ではようやく知られ始めていたジェット気流を応用した、という点においては実は先端科学兵器だったりする。ほぼ誘導の世界初の大陸兵器であり、実戦で使われた兵器としての発射地点から着弾地点までの長さは、今に至るまで最長である。

戦果には、不発弾に触れた家族が六人死亡した以外に小規模の山火事を起こしたこと、プルトニウム製造工場に一時的な停電をもたらしたこと以外はない。但しアメリカ側はこの兵器を驚異とみており、生物兵器工作員を乗せて直接本土に上陸されることを恐れて、この兵器全てを撃墜することを強いられた。さらに、士気の低下を恐れて厳重な報道管制を敷き、日本側に情報が漏れることを阻止したと言った具合に、作った労に見合うものはあったようである。

ちなみに、アメリカ軍は和で作られたことはすぐ分かったらしいが、その接着剤が一体何なのか最後まで分からなかったらしい。日本にはしく軍事情報が秘匿された例である。


そして変態紳士の国でも…


実はイギリスでも風船爆弾と似たような作戦が実行されていた。
その名はアウトワード作戦である。

この作戦ドイツの送電網がショートに弱く、また森林原が広がるドイツ放火に弱いという点をつき、「送電線をショートさせる気球」と「山火事を起こさせる気球」の2種類を飛ばしてドイツ襲するという作戦である。

日本の風船爆弾にべると、気球の到達高度は5,000m程を予定する・作りも幾分シンプルなど、話だけ聞けば「まあ英国なら仕方がない」と思ってしまいそうな代物である。
が、よく考えてほしい。
風船爆弾は広大太平洋を横断してアメリカ本土を襲するものであるが、アウトワード作戦文字通りの「対」であるドイツを攻撃するものだ。
距離は段違いで短い。日本の風船爆弾よりも単純なものでも間に合う。
何よりその割り切りにより、非常に低コストで気球を製作できる。
実に合理的な考えである。をかけずに嫌がらせをして相手を疲弊させるのも戦術の一つだ。
紳士的な発想ではなく「合理性」に基づいた割り切りといったほうが近い。

…と、思われたが。

こんなものをさんざん飛ばしたら、今度は逆にドイツ襲しに行く自軍(や、連合軍)の爆撃機の邪魔になってしまうという問題点もあったとか。
英国はいつだって英国だ。


関連動画



■sm7317577[ニコ動]

■sm21546428[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/08/06 16:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ