ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


風間蒼也


ヨミ: カザマソウヤ
掲示板をミル!
15カキコ!

風間蒼也とはワールドトリガーに登場するキャラクターである。演じるのは緑川光氏。


概要


ワールドトリガーに登場する高性低身長を併せ持つ男。常に冷静で表情の変化に乏しい実者。他A級隊員にべて登場回数はかなり多い。年齢は21とボーダー戦闘員の中でも年長で、背丈は158cm戦闘員の中でも低身長つまりは小かつ高性、それが風間さんなんだよね。

その冷たい視線読者の心を射抜き、人気投票ではを押しのけ貫の4位を勝ち取った。


人物


年齢 21
誕生日 9月24日
星座 みかづき座
血液型 A型
身長 158cm
好きなもの 牛乳カツカレー
自己鍛錬
所属 ボーダー本部
風間隊(隊長
ポジション アタッカー

初登場はコミック3巻第24話。閑の持つブラックトリガーの強奪を論む城戸の刺客として登場。主人公達と敵対する立ち位置だった。

No2アタッカーにして個人総合3位という強者。

性格

高いプライドを持ち、冷静で合理的な思考を持っている。それゆえ周りの価値観に流されず己の正しいと思ったことを実行できる。菊地原サイドエフェクト価を見出す眼はその賜物といえるだろう。

言動にも遠慮がなく、作中では自分の思ったことをズバズバと発言する場面が多い。好例は男気を見せたに放った「じゃあ勝手に突っ込んで死ねという発言。

一方では、閑がボーダー入隊の際には近界民だからとっ先に否定することはせずトリガー持ちであるという危険性に重きを置いた発言をしていたり、評価に値するものであればきちんと見合った言葉を掛けていたり、弱いと評すにしても評価すべき点も踏まえながら告げたり、格下どころの騒ぎでない差があるはずの三雲り合ってカウンターを狙った挙句相打ちにされていたり、イタリアではスプーンを使ってパスタを食べるのは子供の食べ方だと教えられたときには「ここは日本だぞ?」と言いながらもしっかり周りを気にしていたり、ところどころで人間味も残した性格をしている。そんなところが彼の魅である。

作戦遂行時には私情を殺して組織の利益と命を最優先に考えて行動する。

簡単な経歴

19歳の時に菊地原スカウト。他の隊員から過小評価を受けていた菊池原のサイドエフェクトを有効に活用し、その後A級まで勝ち上がっている。
なおその頃の風間隊オペレーターは現在玉狛でオペレーターをしている宇佐美だった。

物語開始時点では近界へと遠征に行っていた。
遠征から帰還した後、城戸ブラックトリガーの奪取を命じられる。

その他

を近界民に殺されたことを示唆する発言をにされている。

作中ではブラックトリガーを相手取ることが多い。(エネドラ等。)

諏訪隊との共演が多い。ちなみに、諏訪隊長諏訪洸太郎風間は同い年である。

基本的にシリアス一直線だが、顔の横には「✧」が出せるキャラ


戦歴


以下の文章にはネタバレを多分に含みます。閲覧は自己責任でお願いします

ブラックトリガー争奪戦(3、4巻収録)

城戸の命により、風間隊は太刀隊、三輪隊、隊と共に閑が持つブラックトリガーの奪取に向かい、その先に立ちふさがった迅悠一と戦うことになる。直後に嵐山隊がに加勢したため隊は二手に分かれ、風間三輪隊の狙撃手二人と、太刀菊池原、歌とともにブラックトリガー所持者のと交戦する。

トリオン切れで相手を撤退させ、事を穏便に済ませる…という作戦を看破する風間だったが、本気を出した先制攻撃風間隊の菊地原が衝撃の首チョンパベイルアウト

風間カメレオンを起動し、の残弾をゼロにしその隙に攻撃するという作戦をとる。ガレージに追い詰められたに襲い掛かる歌風間だったが歌が被弾しベイルアウトの残弾がゼロになったのを見計らって止めを太刀に託す風間だったが、ガレージの壁に仕込まれていた撃を太刀諸共被弾する。その後も戦局を覆すことは出来ず風間ベイルアウトした。

 

VS三雲修(5巻収録)

トリガーを手放す切っ掛けとなった三雲興味を持った風間は、三雲を模擬戦に誘う。三雲戦闘スタイル々に見抜いた後は24戦に渡って修を負かす。

ここでが修ら三雲隊のためにブラックトリガーを手放したことを修に聞かせると、修のの色が変わる。その闘志が風間の琴線に触れたのか風間も微笑を返し、最後の一戦の申し出を受けた。

修はカメレオンの弱点を底的につき、機のように訓練室内をアステロイドの弾丸で埋め尽くした。カメレオンを封印されるも、風間は修の意図が「待ち」であると予想。修の視線弾道を予測しつつ攻撃を仕掛ける風間だったが、修は風間読みを外してレイガストによるシールドチャージ(突撃)を慣行。凄まじい勢いで叩き付けられた風間を修はシールドで覆い、ゼロ距離アステロイドで止めを刺しにかかった。

風間はその隙にスコーピオンで反撃を試みており修のトリオン伝達器官の切断に成功。だが、自身もアステロイドモロに被弾し最後は引き分けに終わった。

この戦いの後、風間は修を「弱い」と評しながらも伸びしろがあることを口にした。

 

大規模侵攻編

VSラービット(6巻収録)

アフトクラトルの新兵器ラービットを相手取り、窮地に陥った諏訪隊の救出に風間隊が参上する。硬い装甲を持つラービットだったが菊地原情報を元に「よし、薄い所から攻撃していこう(訳)」と作戦を立てる風間だった。

シュー…

村上鋼のアツい一コマから場面転換した直後、そこには残に惨殺されたラービットの亡骸が転がっていた。こうして風間事、立方体化した立方体さんの救出に成功した。

 

VSエネドラ(7巻収録)

風間隊は未知のブラックトリガー、泥の王(ボルボロス)を持つエネドラと遭遇。死からの奇襲を受ける風間隊だったが、攻撃を事前に察知した菊地原のおかげで回避。

菊地原の強化聴覚が得た情報を隊で共有しつつ、風間隊は四方八方から飛んでくる攻撃を巧みに回避する。業を煮やして隙をしたエネドラカメレオンで身を隠していた風間が一。首を撥ね飛ばし勝負はついたかに思われた。

次の間、胴体から離れたエネドラの首が液体に変化し風間を攻撃。間一髪回避したかに思われたが、風間の口からは大量のトリオンが血のように溢れ出ていた。オペレーターの三上風間の体内にトリオンのブレードを検出。ブレード風間トリオン体を内部から突き破り、風間はこの原因不明の攻撃でベイルアウト

その後、風間が侵攻中に復帰することはく、風間はオペレーター室から諏訪隊のサポートに回った。

風間隊はトリガー持ちであるエネドラ撃破の功績から1級戦功を獲得。


戦闘スタイル


スコーピオンを両手に持ち、カメレオンで姿を隠してからの奇襲攻撃を基本とする。その性格も相まって理詰めで突き詰めた戦法をとるらしい。ただ烏丸の言動からも分かるようにカメレオンくても相当強く、行動を読み切られたとしても咄嗟に切り替えすほどの優れた判断も持ち合わせている。

本編ではなにかとベイルアウトするシーンが多いが、アタッカー4位の村上閑に十本勝負で勝ち越したことを考えると、(安易な三段論法を用いれば)その村上が勝ち越せない風間はべらぼうに強いことがわかる。それに揮のも合わせれば実自体は間違いなく上の方になるだろう。これからのご活躍を心より期待しております。


関連動画



■sm25241676[ニコ動]

■sm25266036[ニコ動]


関連商品


■az4088800605
■az4088801776

■azB00NALNEP4
■azB00R0QD8ZQ


関連項目



最終更新日: 15/05/16 23:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ