ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


餓狼伝説


ヨミ: ガロウデンセツ
掲示板をミル!
87カキコ!

餓狼伝説とは、SNKから発売された対戦型格闘ゲームシリーズである。


概要


略称は『餓』。海外では『Fatal Fury』(宿命の闘い)というタイトルで発売されている。

第1作から『餓狼伝説SPECIAL』期にかけてアニメ化など幅広く商品展開をしたため、カプコンの『ストリートファイターII』と並び注を集めた。

本作の特徴は、フィールドが手前との2ライン(『餓狼伝説3』では3ラインに増加、『餓狼MOW』では削除されている)に分かれていることである。初代ではプレイヤー動的に使えるシステムではかったが、『餓狼伝説2』以降は積極的にライン移動を駆使した攻防をすることが可となった。

餓狼MOW』以降シリーズ製作されていないが、本シリーズキャラクターは同社の製品であるKOFシリーズに登場し展開が続いている。また、『餓狼伝説SPECIAL』や『餓狼MOW』の人気も根強く、未だに各地で大会が開かれている。

現在では、シリーズ過去作のダウンロード配信や、シリーズ作をまとめたカップリングソフトの発売などが、様々な家庭用ゲーム機のハードで行われている。

キャラクターの多くは、現在SNK(旧・SNKプレイモア)の『KOFシリーズに登場する。最近では元餓開発チーム小田泰之(旧SNKディンプス)がSNKに移籍して『KOFXIV』のプロデューサーを務めており、餓の続編にも意欲を見せている。


シリーズと概要



餓狼伝説 宿命の戦い


1991年稼働。テリーアンディジョーの3人のプレイヤーキャラクターから1人を選んで戦う。対戦格闘というより、対CPU戦を体とした格闘アクションに近い。Aでパンチ、Bでキック、Cで投げ。

2人プレイもあるが、最初に敵側を2人で一緒に倒し、その後対戦するという変わった2人プレイである。2ラインステージがあるが、プレイヤー側からは移動する手段がなく、CPUが移動したのを追いかけることしかできなかった。

最初の4人の敵キャラであるマイケルマックスリチャード・マイヤ、ダックキング、タン・フー・ルーのうちから一人選び順々に倒していく。この4人を倒すとボーナスステージを含め、ホア・ジャイ、ライデンビリーと続く。ラスボスギース・ハワード

格闘ゲーム明期の作品であり、対戦格闘ゲームとしては未完成な部分も多かったが、アメリカの架都市「サウスタウン」を舞台とした世界観は非常に格好良く、同時期に稼働していたストリートファイター較してオシャレな作品という印が強かった。BGM名曲っている。

スーパーファミコンメガドライブなどのハード移植されている。スーパーファミコン版の移植タカラが手がけていた(通称タカラ)。


餓狼伝説2 新たなる戦い


1992年稼働、Aで小P、Bで小K、Cで大P、Dで大Kと近年の格闘ゲームのようなボタン配置に変更。

プレイヤーキャラクターは前作の3人に加え、新キャラクター不知火舞キム・カッファン、チン・シンザン山田衛、素顔版ライデンであるビッグベアの5人が加わって8人に増加、本格的な対戦格闘ゲームらしくなった。中ボスとしてビリー・カーンアクセルホークローレンスブラッドが登場。ラスボスヴォルフガング・クラウザー

プレイヤーから任意にライン移動可に。「超必殺技」が導入されたのもこの作品から。超必殺技という呼称自体は龍虎の拳発祥だが、体を減らされた状態で発動可となる逆転技を超必殺技と呼称したのはこの作品が最初である。なお、インストカードには掲載されていない隠し技だった。

必殺技キャンセルの概念はあるが、仰け反りモーション中が無敵になっており連続技は不可能システムだった。そのため、一つ一つの技を丁寧に当てつつ、必殺技で体を削っていくような戦い方がであった。アンディ影ハメが横行していたのも有名。

スーパーファミコンメガドライブPCエンジンなど様々なハード移植されている。余談だが、スーパーファミコン版の「超必殺技」→「起必殺技」の誤植は結構有名。


餓狼伝説SPECIAL


1993年稼働、使用キャラが1、2のキャラほぼ全員マイケルリチャードは除く)参戦。一本も取られずにラスボスを倒すと龍虎の拳主人公リョウ・サカザキとのドリームマッチが行われる。

公式ストーリーは存在せず、ここまでのシリーズの集大成としてのお祭り作品である。EDスタッフロールキャラクターグラフィックを使用したNGハプニング集のような作りになっており、全体的に楽しい雰囲気が漂う。また隠し要素として多数の遊び要素が追加されており、ラウンドが4本EXTRA ROUND)に突入した際に背景が変化するのをはじめ、果ては制限時間数ぞろ(11や22など)でKOすると、背景Pちゃんダックキングひよこ)やキム・カッファンが飛び回るというシュールかつ細かい演出まで存在する。

連続技が導入されより対人戦を意識した作りに調整され、従来のシステムを引き継ぎつつ対戦格闘ゲームとしてめられている。対人戦に軸を寄せたためか、ストーリーモードボーナスステージは今作から削除されている。

2ライン式の宿命か逃げが有利(大会だとライン移動は禁止行為になるケースが多い)だったり、特定キャラに歩き小P永久コンボがあったりと現代の格闘ゲーム較するとバランスが悪い部分も多々あるが、それでも前作から調整を受けた結果、上位下位の差はあるもののやり込み甲斐のあるゲームとなり人気が高い。当時は一時代を築き、前作と共にネオジオ駄菓子屋デパートの店先に爆発的に普及させた名作としても知られる。現在でも根強いファンによる大会が行われており、キムといった上位キャラに対して複雑な下位キャラで挑み、複雑なコマンドを決める玄人プレイングが盛り上がりを見せるも根強い。

移植も多く、スーパーファミコンPCエンジンメガCDゲームギアなどに移植されている。


餓狼伝説3 遥かなる戦い


1995年稼働、キャラクターの大半が入れ替わりになり、望月双角フランコ・バッシュ、ホンフゥ、ボブウィルソン、後にKOFシリーズ常連となるブルー・マリーが参戦。中ボス山崎竜二崇秀。ボスCPU戦は一定のバトルポイントを取らないとボスに会えずグッドエンドも見られない。

これまでのドットが打ち直され、更にキャラクターコスチュームも一新。不知火舞コスチュームレオタードになったり、アンディーの忍者色が強くなったりしている。システムボイスキャラボイスも一新されているが、今作からは本職の声優を起用することも多くなった。

システムに3ラインオーバースウェーが導入され、AB同時押しで手前、BC同時押しでへ移動となった。特定の順番でボタンやレバーを入することで通常技による連続攻撃に生する「コンビネーションアーツ」も導入。

超必殺技を発動した際、1024分の1の低確率で「潜在」という超必殺技える技が発動する。オマケ要素で意図的に発動する方法も用意されていたが、キャラクター毎に異なる条件を満たした上で特殊なコマンドを入する必要があった。実際にする機会は少なかったが、「超必殺技の更に上の技」を作り上げた点で大きな意義がある。

主人公テリーが屈み強P→強クラックシュート×nというお手軽永久を持っていたことでキャラバランスが崩壊。テリー永久抜きにしてもボブウィルソンが突出して強いなどキャラバランスは悪く、新システムの3ラインコンビネーションアーツも使いづらく、前作とべると人気が乏しかったのが実情である。だが後の作品の基礎となる意欲的な新システムの構築や新キャラへの一定の評価など評価される部分も多く、対戦バランスをつぶればグラフィックBGMなど、演出面の評価は高いと言われる。

ストーリーの秘伝書が~など非常に長くなるのでここでは割愛セガサターンネオジオCD移植されている。


リアルバウト餓狼伝説


1995年稼働開始、キャッチコピーさらばギース前作キャラに加え、キム、ビリーダックが復活。

Aでパンチ、Bでキック、Cで強攻撃に変更。D+レバー上下でライン移動が出来る。パワーゲージを導入。ライフゲージは二本式になった。パワーゲージ満タンになるかライフゲージになると「超必殺技」が使用可。両方の条件を満たすと「潜在」が使用可になった。潜在は任意に出せるため、前作と違って普通に使いがある。

2D格闘にしてはしくリングアウトがある。画面端のに追い詰めた相手を攻撃し続けるとにもダメージが入っていき、耐久値をえるとが破壊され、くなった状態で攻撃を受けるとリングアウトして負けとなる。勝利メッセージは対戦時のみに起きる。

前作の不満点が色々善されており、較的キャラバランスも良好な為、餓SPと共にシリーズ内では名作と名高い作品として知られる。ボスキャッチコピーのとおりギース・ハワードテリーアンディクリアするとトゥルーエンドになる(何故かジョーでは見られない)。


リアルバウト餓狼伝説スペシャル


1997年稼働開始、上記キャラに加え更にチン、ローレンスクラウザー、タンが復活。また一定条件で裏キャラクターが使える。

リングアウトくし、が破壊された時にダメージを受けている側が気絶するシステムに変更された。一本も取られずにボスクラウザーまで倒すと隠しボスの「ナイトメア・ギース」と戦える。さらばギース」はどうした。また一部のキャラクターの性格が大幅に変わっている。コマンド投げがやたらと優遇されたり、スウェーの使いがほぼ限られてしまったため賛否両論

ネオジオCDセガサターン移植されている。携帯ゲーム機ではゲームボーイ移植されている。

リアルバウト餓狼伝説スペシャル DOMINATED MIND

上記をプレイステーション移植したものだが、ほぼ別のゲームとなっている。大きな変更点を挙げると

  1. 主人公テリーからアルフレッドに変更。
  2. ライン移動がない。そのため「ビリー」の火炎旋棍と「クラウザー」のカイザーウェイブが反則的に強い。
  3. コマが削られている。
  4. キャラに新技が追加。
  5. 較的コマンドが簡略化。
  6. キャラ削除
  7. ボスホワイトに変更。
  8. ギースが最初から使える(がナイトメア版の為悪と言っていいほどに強い)。
  9. ロッキングのような防御システムクイックアプローチ」がある。

等々。ラスボスホワイトは結構クセモノ。


次へ»
最終更新日: 18/05/07 05:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ