ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


首都


ヨミ: シュト
掲示板をミル!
122カキコ!

首都とは、の中央政府が存在する場所であるが、明確な定義はない。
この記事では、多数の他から承認を受けた独立だけではなく、いわゆる地域なども扱う


概要


首都は、別に首府、都、都、などとも呼ばれる。

必ずしも最大都市が選ばれるわけではなく、交通の便がいい場所に置かれる場合が多い。また、首都が複数あるや、首都が存在しないもある。


首都の役割


首都はとして政治行政を担う都市である。一方で、政治経済が直結すると政情不安や物価高騰などまずいことが起こりやすいことから、経済融関係は別の都市(商都という)に置く政経分離を敷いているが多い。かつては日本もそうであったのだが…まあ今は法事義によって察する通りであり、そのため様々な問題が起きているが、気な民を後に、放置プレイをずっと続けている。


主な政経分離の例


これらのうち、もともと最大都市政治経済の二手を握っていたが、人口が肥大化し国家バランスが崩れたことから分離した(いわば遷都もある。有名なものとして20世紀最大の計画都市といわれるブラリアオーストラリアのキャンベラ、ほかにナイジェリアアブジャなどが代表的である。また、北京、マドリードハノイなどは近年は経済にも注し、単純な政経分離にはなっていない。


首都と他都市のパワーバランス


これは日本都道府県でも言えることだが、国家に2つ以上の勢が存在すると国家の発展を促すとともに、その両者が骨肉の争いを演じることも少なくない。一方で、一つの都市が圧倒的なを持ちすぎると独裁国家へと成り下がることが多く、これも問題となっている。


A:一極集中(中心核)型


1つの国家に1つの巨大な都市が存在し、他を圧倒している状態。一極集中や経済格差が生じやすく、他地方の疲弊、それに伴う他民族の流入が発生し政情不安を招いたり、災害一つで国家転覆の危機を負ったりしかねない、国家としてはかなり危険な状態である。著名な例ではイギリスロンドン)、タイバンコク)、アルゼンチン(ブエノスアイレス)、フランスパリ)などが挙げられる。特にタイでは首都バンコクが人口約1000万人近いのに対し、他は人口50万にも満たないという格差である(人口分布ではそこまで格差は起きていない)。イギリスロンドンが約900万、あとはバーミンガム100万程度である(資分布ではそこまででもない)。一方で、経済インフラで加味すると極端な格差が出ている例として日本インドネシアなども当てはまる。

日本では首都圏日本人口の3035を占め、上位企業の7割を東京に集中させているなど、世界から見ても異常な格差であり、世界の学者も日本の一極集中政策への危険性に大きく警鐘を鳴らしており、読売新聞さえも東京ブラックホールという言葉を用いて、その危険性を記事にしたことがある。韓国に対するソウル・仁もこれに近い状態であり、人口集中においては日本以上となっている。

一方、インフラ面で見ると、イギリスはもともとC(多極分散)日本はもともとB型(二眼レフ)であったこともあり、これには当てはまらず、むしろインドネシアメキシコがこのA型に該当する。インドネシアでは人口が2.3億もおり、ジャカルタ都市圏は約2500万なので、見たこそはそうでないように見えるが、ジャカルタこそ現代的な大都市であるにもかかわらず、ほかに人口が多いメダン、スラバヤ、バンドンなどのインフラ全に発展途上国状態であり、インフラ面で日本以上の格差が発生している。ロシアインドメキシコもこれに近く、ロシアでは人口減に加え、モスクワ一極集中が深刻な問題(中心都市すら人口減しているものもある)となっている。

なお、アルゼンチンは全てのケースに当てはまっており、人口率すら日本を抜いてしまい、世界一の一極集中国となってしまっている。広大土の0.13国家の9割以上のリソースが集中しているというとんでもない状態である。

日本でいうなら宮城県石川県京都府和歌山県高知県鹿児島県が当てはまり、中心都市はプライメイトティといわれる。また都市圏で加味すると山梨県徳島県もこれに該当する。

なお、一極集中でもウルグアイシンガポールデンマークのように土が小さく、中心が他を圧倒している場合はあまりこのように言われない。


B:二眼レフ型


1つの国家に、多少離れた場所に2つ、まれに3つの大きな勢があり、お互いに切磋磨し、ときに争っている状態。代表的なベトナムハノイホー・チ・ミン)、スペイン(マドリードバルセロナ)、ブラジル(サンパウロリオデジャネイロ)、オーストラリアシドニーとメルボルン)、カナダトロントとモントリオール)、エクアドル(キトとグアヤキル)、ボリビア(ラパスとサンタクルス)、ナイジェリア(ラゴスとイバダン)、パキスタン(カラチとラホール)などであり、その間では人、モノ、が行き交い国家が発展しやすい一方で、権益をめぐり両都市の仲は険悪になりやすい。そのため、首都建設などの際には決まって緩衝帯となるエリアが選ばれている。都合のいい言葉で籠絡しようものなら、地を焼き尽くす暴動が起きたり、過激派手榴弾がいつ飛んできてもおかしくないからである。また、その間に別の大きな拠点が誕生することもあり、そうなるとCへとなっていく。

逆に権によってA型にねじ伏せたりした例もあるが、その後の実態は火を見るより明らかだろう。その最たる例がコロンビア(ボゴタへの一極集中政策への不満に端を発する、カリとメデジンによる麻薬カルテル結成と紛争への引き金)である。また、日本小泉政権以後、急速にA型への進行が進んでおり、将来的な政情不安への引き金を引いた状態であると、多数の海外の学者が警告している。

日本でいうなら青森県福島県群馬県長野県静岡県鳥取県岡山県が当てはまり、これらにある都市の仲はるまでもないほど今も険悪である。実際青森県群馬県長野県の県都設定時の壮絶なエピソードは皆も知るところだろう。


C:多極分散型


1つの国家に複数の核が存在する状態。大国家連邦に多い。ヒト、モノ、内で循環しやすくなり、理想的な国家創造といえるが、それを実現するためには、中心となる国家がしっかりと導く必要があり、パワーバランスが崩れたり、政策を放置しておいたりするとどれもこれも中途半端になったり、それぞれが独立運動や衝突を起こし、国家崩壊を招くおそれがある。代表的な例ではドイツスイスアメリカなどがあり、近年は中国もこれを実現、カナダブラジルインドもこれをそうとしている。なお、多極分散し、失敗した例では旧ユーゴスラビア民族間の対立による国家分裂)、メキシコ(腐敗政治に起因する治安悪化の放置)、ナイジェリア(人口爆発による秩序化)などがあり、特にナイジェリアがかなりひどくなっており、ボコ・ハラムISといったテロ組織への加担も増している。

日本でいうなら山口県が当てはまり、どの都市もそこまで大きくはない(県内には大小8つの拠点都市がある)。また、茨城県も県内に複数の核がありこのタイプに近く、福島県長野県、そして愛知県もどっちかというとこのタイプである。


D:同時並行型


1つの国家に1つの核が存在するが、それとは別に大きな核が存在している状態。例としてトルコが挙げられる。トルコは最大都市こそヨーロッパアジアの玄関口イスタンブールであるが、国家の中心はアンカラであり、大して政経分離も行われていない。つまり、同じ国家に存在するだけで、首都以上の大都市があっても、かたや内の政経中心、かたや海外との玄関口と、役割が全く別物となっている。なお、その要素を度外視すると、A、B、Cのいずれかとなる。

日本でいうなら長崎県が当てはまり、長崎市が県の行政経済の中心に対し、佐世保市は外部流入が多い軍需産業で発展した都市であり、他県のように両都市の権争いは起きていない。また、兵庫県神戸市京阪神圏に対し、姫路市山陽地方に属し、単独の都市圏を形成しているため、このタイプに近い。


世界の首都


※以下の一覧は全て2012年現在です。


ニコニコ大百科に単独記事がある首都



次へ»
最終更新日: 19/12/30 11:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ