ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


香港97


ヨミ: チンシボウ
掲示板をミル!
64カキコ!

陳死亡


貴方の作った概要を求む!


1997年がやってきた。
大陸から薄汚い人民が痰を吐きながら大挙して押し寄せてくる。

犯罪多発!香港が汚れる!そこで香港政庁は あのブルース・リーの親戚、陳を秘密に呼び…
人民殺計画を依頼した。陳は殺しのプロだ。 12億人民を一人残らず殺せよ!

しかし、中国では死亡した鄧小平を巨大兵器改造する研究が着々と進んでいた!


我々の概要をあなたの記事に置きませんか?


1995年、吉喜軟体(HappySoft)よりスーパーファミコン用として発表。たぶん固定画面のシューティングゲームである。

プレイヤーは「陳」となり、四方八方から次々と現れる敵を1種類のショットで撃破して行く。陳は上方向にしかショットを発射できず、パワーアップは存在しないが、注射アイテムは出現する(効果不明)。一定数を撃破すると背景色が変化し、上記の通り鄧小平モデルと思われるボス敵が出現する。残機やライフの概念は全くなく、敵接触や敵弾(アイテムにしか見えない)の被弾は即時ゲームオーバーである。

本作は、正規に任天堂より許諾を受け、カートリッジとして梱包されて出荷されている一般用ソフトウェアではない。配布メディアフロッピーディスクであり、実機で起動させるためには特殊な機材(現代で言うマジコン)が必要になる。当然ながら配布体である吉喜軟体っ当な企業ではなく、中国企業のような名前でありながら住所は東京都である(そもそも企業として登記していたのかどうかも不明。なお示されている住所は少なくとも2000年代初頭までは私設私書が置かれていた)。

そのような全なアングラ作品であるにも関わらず本作の知名度が較的高いのは、所謂不謹慎ゲームとして何度か玉に上がっているためである。上記の概要(本作のバックストーリーである)だけでもその片鱗がい知れよう。実際のゲームの内容を見ても、音取り込みによってプロパガンダソング我愛北京天安門」が延々と流れる、ゲームオーバー時(実際にはよく見ると通常敵撃破時も)には実写取り込みの死体画像が「陳死亡」の文字と共に表示されるなどかなり問題が多い。開発スタッフには中国人学生も居たが、この内容に終始震え上がっていたとのことである。
なお、本作が制作された1995年の時点では鄧小平は存命であったが、作中時代と一致する1997年に逝去しているのは皮事実である。

エンディングい(かつては12億点を取得するとエンディングを迎えると言われていたが、後に否定された)。その代わりにゲームオーバー時にはスタッフロールが流れる。その中にスペシャルサンクスとしてSGIや「カナダ大使館」の名前がある。前者がシリコングラフィックスなのか創価学会なのかは不明、さらに後者も含めて本作にどう関わっていたのかも不明。いずれにせよ内容を知って開発協しているとは思えず、勝手に名前を書いているだけと思われる。

アングラゲームソフト作品で知られるクーロン黒沢が、明確にアングラゲームソフトとして世に送り出した最後の作品でもある。


関連動画多発!



■sm353494[ニコ動]

■sm3217229[ニコ動]

■sm7558646[ニコ動]
■sm5168093[ニコ動]
■nm7478633[ニコ動]
■sm25904382[ニコ動]

関連項目を一つ残らず閲覧せよ!



最終更新日: 16/11/14 07:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ