ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: ホネ
掲示板をミル!
26カキコ!

とは、脊椎動物格を構成する組織である。


概要


は硬い組織であり、動物の身体を支える。軟はまた別の組織。

リンカルシウム成分とし、炭酸カルシウムやIコラーゲンも多く含む。

から化するタイプ(手足のなど)とそうでないタイプ鎖骨など)がある。


生物学的見地から


の大まかな役割は、以下のものである。

  1. 格として動物の身体を支える。
  2. 衝撃に対して脆弱な組織を保護する。例えばを保護する頭蓋など。
  3. 機質、特にカルシウムを貯蔵する。

生物進化の過程において、その初期では3の役割がであったが、陸上生活を送るために1と2の役割の占めるウェイトが相対的に大きくなっている。もちろんカルシウムの貯蔵機という3の役割が軽くなったわけではなく、この機がなければ全ての生物は生きていくことが出来ない。

また、の中には髄と呼ばれる組織が存在する。これは造血幹細胞を持ち、血球を生産するという重要な役割を担っている。白血病はしばしば血液のガンと呼ばれるが、正しくはこの髄の病変である。


文化とのかかわり


人の体を支える重要な役割を果たしていることは古くから知られており、このため建物や要素などを支えるものを「組み」と呼ぶ。これは日本語に限らず、例えば英語でも格にあたるskeletonというには「組み」という意味がある。

(骸)は「人の死」の喩としてもよく使われた。このため、物を示すシンボルマークには、人の頭蓋の下に、×字に交差したマークが使用されている。このマークはしばしば「海賊」を表すマークとしても使われた。
フィクションにおいては、死神は、しばしばいローブをい、三日月の大きなを携えた骸の姿で描かれる。また、ファンタジー作品においては、呪いの魔術などで人などに仮初の生命を与えた魔物スケルトン」がしばしば登場し、ゴースト(幽霊)、ゾンビイ(生ける屍)と並んで「アンデッドモンスター」(不死の魔物)の代表格として扱われている。


食品としての骨


畜のは、食品として扱われることもある。もっとも自体は咀嚼がほとんど不可能な硬組織であるため、これ自体が食品として供されることはほとんど存在しない。多くは、野菜や香類、香辛料などと煮込んで、髄部の旨味を抽出するために使用される。

例えばニワトリ周辺のを香類と長時間煮込んだ「トリガラスープ」、ブタの膝関節部分のを長時間煮込んだ「トンコツスープ」などは、ラーメンスープを始めとして料理に広く使用される。出汁を取る程旨味を含むため、もちろん加熱調理したものをそのまま食してもよい。例えばフランス料理ではウシブタの大腿を切ってオーブンで焼き、その髄を供する「モワル」が存在する。


イヌと骨


イヌはしばしばを食べるとされる。野生において…正確にはその中の髄は栄養価が高いことを動物たちは知っているらしく、ハイエナ等の腐動物はしばしば獲物のを噛み砕いて中の髄を啜る。

イヌを食べるとされる理由についてはよく分かっていないが、動物であるオオカミを祖に持つ関係もあり、本的に「の中には栄養価の高い部位がある」ことを知っているものと思われる。また、硬組織を咀嚼することで本的な欲求を充足し、ストレスを和らげる効果もあるものと考えられている。なお、イヌは人間と長く暮らしているうちに半ば雑食化しており、一部の禁忌成分を含むもの以外であればある程度のものは適応する。

人間の食生活でも動物が出てくる場合は多々あるため、イヌを飼っている、または知人宅にイヌがいるという場合はこれを与えたいを思うこともあろう。しかしながら、調理したを与えるのは基本的に禁忌である。特にニワトリタイなどのは、細く裂けて内臓に刺さる虞があるため絶対に与えてはならない。また、出汁を取るために香類や香辛料と煮込んだもののうち、特にネギ類、ニラニンニクなどと煮込んだものは、イヌが中を起こすため与えてはならない。基本的にはウシブタウマなどの、非調理のを与えることが望ましい。屋や屠畜業者から生のを譲ってもらうのが確実であると思われる。


その他の意味



漢字として


Unicode
U+9AA8
JIS X 0213
1-25-92
部首
画数
10画
読み(常用)
コツ
訓読み(常用)
ほね
Unicode
U+2FBB
意味
ほね、格、要所、のような物、組み、身体、屍体、硬い、鋭い、人の性格、品格。
説文解字・巻四〕に「の覈(あな)なり」とある。なお〔太御覧〕が引用する〔説文〕では「の質なり。の核なり」となっている。
字形
を組み合わせた字。解釈について諸説ある。まずは胸より上の部分または肩甲骨形とされる字である。を加え、の残っているとする説、は身体を表す意符で形字とする説などがある。
日本台湾中華人民共和国で標準字体がずいぶん違う。
音訓
読みはコツ(音)、コツ、コチ(音)、訓読みは、ほね。
規格・区分
常用漢字であり、小学校6年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
部首
は部首である。に偏に置かれ、ほねへんと呼ばれる。に関する字が属する。
符とする漢字に、䯉、縎、顝、鶻などがある。
格・幹・気・子・酔・髄・折・董・法・

互換文字


関連項目



最終更新日: 18/10/22 21:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社