ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


高嶺響


ヨミ: タカネヒビキ
掲示板をミル!
38カキコ!

高嶺響とは、SNK格闘ゲーム月華の剣士第二幕 〜に咲く、散りゆく〜」などに登場するキャラクターである。


概要


数々の銘を生み出してきた「高嶺蔵」の名を知る者は、幕末の時代に置いてはもはや数知れなかった。
田舎引きこもり今もなおひっそりとをうち続ける蔵の傍らにはの「」の姿があった。
ある時「銀髪の男」が高嶺を訪れ、「蔵」にを依頼してきた。
男の「純なる悪の気」に魅せられた蔵は有を言わずそれを快諾した。
帰り際、使いから戻った銀髪の男とすれ違ったとき、妙な胸騒ぎを感じずにはいられなかった。
やがて蔵は一本の太刀「八十太刀」(やそまがつひのたち)を打ち上げた。
しかしながらを使い果たした蔵は病の床へとついてしまった。
「あの男のせいよ!」というは言う。
「どうしても納得がいかないと言うのなら、彼とを捜しなさい。
私が見たもの・・・感じたことがお前にもわかるはず・・・
そう言い残すと蔵は息を引き取った。
の最後の言葉に迷うだが、やがて意を決しを後にした。
天野が「男前」の手入れを蔵に依頼しに来たのはそれから三日後の事であった。

月華の剣士オフィシャルページ[外部]より

無双伝流という流を修めた居合使いの少女剣士

本来は気弱で争いを好まない性格だが、剣士を嫌っており暗さが拭えない。
ゲーム中で相手を殺してしまうとひどく取り乱し、繰り返すごとに勝利デモメッセージが変化していく。
6回以上殺すると人をることに慣れてしまい、エンディングでは冷酷残な人りへと変貌する。

なお、ストーリー中の「銀髪の男」はおそらくは同作に登場する刹那だが、両者のストーリーで対面はない。

月華の剣士は秀麗なドットグラフィックで知られ、彼女のモーションも滑らかで美しく、納のモーションは圧巻。
居合の特徴、魅を表現した性も相まって非常に見栄えのするキャラクターである。

後にカプコンとのクロスオーバー作品「CAPCOM VS. SNK2」に主人公を差し置いて登場。
前述の通り原作ゲームでは条件を満たすと性格が変わるのだが、こちらでは気弱でも残でもない一人前の剣士で変化前と変化後どちらの性格とも異なる。


キャラクター性能


月華の剣士第二幕」ではリーチが長く出の撃を持つが、納の隙が大きくガードされると危険。
安全に振れる技はリーチが短く、攻撃、防御、機動はいずれも優れない。
弱いキャラクターではないが、プレイヤーの腕に依存する面が大きく上級者向け

カプエス2」ではリーチや出のさはそのまま隙が減り、牽制に優れたキャラクターになった。
差し合いに優れた性ゲーム性にマッチし、SNK側では数少ない上位キャラクターである。


代表的な技


彼女の使う技名はすべて「遠間にてる也」「近寄りてる也」といった彼女の動作そのものを表している。
中でも以下の二つの義は、高名な剣術書等を由来にしており、製作スタッフのこだわりがえる。


発勝する神気也


勢いよく相手に踏み込み、すれ違いざまに一
に納めた間にようやく傷口が開くという高速の居合
に秘めたが踏み込みと共に線のように伸び、そのまま閃光叩き付けるようなエフェクト美しい

由来は第9代にして心形流の達人、松浦静山の剣術書『常静子談』の一節

居合とは文字の如くにして抜くにはあらず。
敵と居を合(合は対という心なり)はする時、 心機応じて発勝するの気を言う。

気力で圧倒して敵を制し、を抜かずして勝つ心構えという意味であり、これこそが居合の極意の内」である。


死を恐れぬ心也


生死の刹那で放たれる、神速の逆手抜
足元から波紋のようなものを広げ、その中に足を踏み入れた者を時に切り裂く。
決まれば「死を視ること… 帰するが如し」囁き、相手が切り裂かれると同時に「視死如帰」の印が入る。

由来はの時代の中国の儒者・戴徳が記した『大戴礼記』を出典とする故事「死ヲ視ルコト 帰スルガ如シ」
「まるでに帰るときのような気楽さで死地に臨む地」を意味する。

ガード不能技でありながら連続技になるほど発生がく、潜在義の中でも高性な部類に入る。
コマンドは「→←↙↓↘→B」で、格ゲープレイヤーにはお染みの覇王翔吼拳コマンドであるが、暴発しそうな技が2つもある上に、それらの技とべてもコマンド受付時間が短めに設定されており、潜在義の発動条件である『ゲージMAX、体4分の1以下』というシビアな状況も相まって体感的な難易度は高い。
攻撃範囲も決して広い方ではないので、成功させるには文字通り死地に臨む覚悟が必要となる。

カプエス2ではガード不能技ではなくなってしまった変わりに無敵時間が追加され、割り込みを狙いやすくなった。
また、この技でトドメをさすとが解けてになびく美しい特殊演出となる。
この演出はドット製作を担当したカプコンサイドオリジナルであり、思い入れの深さがえる。


関連動画



■sm7711208[ニコ動]

■nm4103857[ニコ動]


関連商品


■azB000P33RAW


関連項目



最終更新日: 16/06/05 16:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ