ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


高橋名人


ヨミ: タカハシメイジン
掲示板をミル!
188カキコ!

高橋名人とは、高橋姓の名人位獲得者である。高橋利幸(ハドソン元社員、役職「名人」)氏が有名。他の姓たとえば斎藤姓が高橋名人になるには姓を変えなくてはいけない。
ちなみに「高橋名人」はハドソンが商標登録を行っている列記とした商標である。


高橋名人(元ハドソン)


本名:高橋利幸。1959年5月23日生まれ、北海道札幌市出身。株式会社ドキドキグルーヴワークス代表取締役名人、ならび株式会社MAGES.名人」職歌手声優会業など、タレント活動も行っている。現在スキンヘッド

2011年5月までゲームメーカーである株式会社ハドソン[外部]に所属しており(コンシューマコンテンツ事業本部宣伝部所属、最終役職は名人」職)、1980年代後半にファミコン名人として一世をした。毎16回の速さコントローラボタンなどを押す16連射は代名詞である。 現在でもブログで活躍中。いわゆるゲームは1日1時間」名言を残したことで有名。

「高橋名人の冒険シリーズ主人公だったことは有名だが、生作品であり、同様に自身もキャラクターとして登場するTVアニメ「高橋名人のBUGってハニー」で題歌を歌っていたことはあまり知られていない。ブーム当時から歌唱は高く、この他にも複数の楽曲を発表している。2010年にはアルバム「高橋名人伝説-魂の16連射-」を発表、齢50を数えた今なお往年の歌唱は健在である。

近年では仁さま誕生の際に、テレビ東京のそれを報じたニュースインタビューを偶然受け、一般人としてしれっと電波に登場したことがネットで大きな話題となり、ハドソンに問い合わせが殺到したり、東京スポーツの記事として取り上げられたりした。なお、スタッフは放送されて騒ぎになるまで、取材した相手が高橋名人であることには気がつかなかったとのことであり、これは「テレビ東京伝説」の一つとして数えられている。

人気絶頂期に「高橋名人がコントローラーボタンにバネを仕掛けていたのが発覚して、警察詐欺容疑で逮捕された」というデマが流れたことがある。これは元々高橋名人が警察署の一日署長をやったことがきっかけではないかとされている。このデマの収拾のために、当時のコロコロコミック小学館上でデマであると否定する文章を掲載した。
ちなみに、このデマを聞いて高橋名人がコントローラーにバネを仕込んで試したところ、バネが突っり棒になって全然動かなくなったそうである。そりゃそうだ。

1987年PCエンジン発売に際して、「ファミコン名人」のイメージを払拭するために一時的に芸活動を縮小したためここで世間から「消えた」というイメージを持たれたが、氏はその後もハドソンの社員としてゲーム業界に関わり続けており、2011年時点でもハドソンの広報部で広報部長を務めていた。2011年5月末をもって同社から退社。6月からは後述する「ゲッチャ!」の配信元であるゲッチャコミュニケーション株式会社に勤務する事となった(が、移籍先はハドソンに籍がある5月一杯は発表されなかった。けじめということであろう)。
なお、2012年10月に勤務先のゲッチャコミュニケーション株式会社株式会社MAGES.に買収されたため、現在株式会社MAGES.所属となっている。
2014年6月ゲームメーカー「ドキドキグルーヴワークス」を設立、代表取締役名人」に就任した。

上記のとおり「高橋名人」という名前は商標として株式会社ハドソンが登録しているため、6月以降はこの名前を名乗れなくなるのでは、と懸念されたが、ハドソンより名前の使用が許諾され、さらに移籍先であるゲッチャでも「名人」職のポストが用意されることとなったため、6月以降も「高橋名人」と名乗れることとなった。なお、それまでハドソンサーバにて運営されていた公式ブログ「16連射のつぶやき」は、6月からはアメブロに移籍している。

ニコニコ動画においては2010年7月22日(木)、運営生放送ゲームのじかん」第4回~1986年は燃えていたか~に登場、新旧タイトルにまつわる話や人気絶頂時の話を展開したほか、同じ運営生放送の「ゲッチャ」において、レトロゲームを紹介する「高橋名人世代」のコーナーレギュラーで担当している。余談であるが、この「ゲッチャ」のチャンネルID1616chである。
ただ、上述のとおりゲッチャ運営会社が代わり公式放送に昇格したため、現在チャンネル過去放送の一部アーカイブスが見られる程度にしか使われていない。

lv22099211 ■ch1616

長年独身を貫いており、ブーム当時はコロコロコミックにて「ファミコンパソコンなど、「コン」と付くものは何でも得意だが、結婚だけは出来ない」と書かれていたこともあるが、2011年12月9日、上記「ゲッチャ!」内にて、52歳にして入籍を果たしたことを発表[外部]した。ちなみにこの日が選ばれた理由は、お相手の誕生日であるからとのこと。また、同番組で一緒にMCを勤める椿姫彩菜スタッフ達はこの事実を知らなかった模様。

2012年10月についに声優デビューした。テレビアニメBTOOOM!」にて、嘴(本人がモデル)役で出演している。

日本テレビ系深夜番組「遊び三姉妹」にたまに出演することがある。2012年12月6日放送の「ワールドカップはお好き?の巻」では、GWC(グラビアワールドカップ)と称したグラビアアイドルサッカーゲームで優勝を競う企画会者として登場し、「だってさんもGカップなんだも~ん」と見事な痴態をしていた。


16連打(16連射)


16連打とは、その呼び名のとおり、ボタンを1間に16回押すことである。しばしば16連射とも呼ばれ、近年ではこちらの方が前面に押し出されている。

「高橋名人」こと高橋利幸氏の「伝家の宝刀」であり、上記のとおり氏の代名詞となっている。ファミコンブームや「名人ブームの火付け役であり、当時よく見られた「ゲームプレイヤーを主人公としたマンガ作品」では多くの主人公人的な連打技を提げることとなった(例: 「ファミコンロッキー」のゲーム50連打、「突撃!ゲームボーイ」の等)。

名人ブームの最中では、高橋氏以外にも連打技をウリとする「名人」が複数登場しており、毛利名人(毛利信氏)との対戦の模様は「GAME KING 高橋名人vs毛利名人」として映画化された。作中では、双方共に自身の連打技に磨きをかけるためのトレーニングシーンが描かれており、「パワー」の人物像が先行する高橋氏はこの中で16連打でスイカを爆砕するという荒技を披露している。

最も体調の良い時には17連打以上を出すことも出来たとのことであるが、16という数字のキリが良かったため伏せられていた。また、実際には全盛期においても、常に「トップギア」を維持できた訳ではなかったとのことである。年齢が50歳を越えて体が衰えた現在では、残念ながら繰り出すことが出来ないとのことである。


関連動画



■sm1482518[ニコ動]

■sm1333343[ニコ動]
■sm140381[ニコ動]
■sm3815090[ニコ動]
■sm6705552[ニコ動]
■sm875094[ニコ動]
■1263369390[ニコ動]


関連商品


■azB000BNC94G
■azB000AM4OVY
■az4257904542
■dw951607
■azB001E5JABK
■azB00321EJUQ


関連項目



高橋名人(越後製菓)


■sm6345565[ニコ動]


最終更新日: 14/06/06 21:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ