ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


高田繁


ヨミ: タカダシゲル
掲示板をミル!
26カキコ!
プロ野球選手一覧 > 高田繁

高田繁(たかだ しげる1945年7月24日-)とは、大阪府出身の元プロ野球選手外野手)である。現在DeNAのフェローを務める。


概要


OB
高田繁
基本情報
出身地 大阪府大阪市
生年 1945年7月24日
身長
体重
173cm
70kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 外野手三塁手
プロ入り 1967年
引退 1980年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

選手時代


1945年生まれ。浪商(現:大体大浪商)高校を経て、明治大学入学大学時代は大学を代表する中堅手として活躍し、1967年ドラフト1位読売ジャイアンツに入団。

当時の巨人センター柴田勲のみが固定され、レフトライトは強打者がしい競争を繰り広げていた。この中にあって高田は一年からレフトレギュラーを獲得し、打率.30123盗塁を記録して見事新人王に選出された。

その後打率はやや低迷するが、際の魔術師と呼ばれるほどの高い守備を誇り、1970年に全試合出場(130試合)を果たすなどレギュラーの座を死守し続けた。また、1971年には38盗塁盗塁王いている。

ところが、1974年長嶋茂雄引退し、翌年から監督に就任すると、球団創設以来初の最下位に転落してしまう。打線強化のために日本ハムファイターズから張本勲を獲得することになったが、守備がないに等しい本を守らせるためにレフトける必要に迫られた。そして、守備位置の被る高田1976年シーズンよりサードにコンバートされることになったのである。

慣れないポジションに苦しむも、打撃では打率.305を記録し、守備でもダイヤモンドラブ賞(現:ゴールデンラブ賞)にいている。高田1972年から4年連続で外野手として受賞していたが、サード転向一年にしてまたもの受賞となった。

1979年シーズンを最後に本が退団したため、1980年より再びレフトに戻る。だが、前年に中畑清の台頭を許すなど出場機会は確実に減っており、結局この年をもって王貞治と共に現役を退いた。


監督時代(日ハム)


引退後は解説者を務めた後、1985年から4季、日本ハムファイターズ監督として揮を執った。

1年1985年は、西武ライオンズから移籍して2年柴田の成長、ルーキー河野博文の健闘で最下位を独走した前年よりチーム防御率善したものの、長年を務めた柏原純一の衰えもあって得点が低く、5位に沈んだ。

2年1986年は、トミークルーズ解雇し、トニーブリューワとパットパットナムを獲得した。また、柏原阪神タイガース放出された。河野は不調に陥ったものの横浜大洋ホエールズからトレードで獲得した金沢次男の好投もあってチーム防御率は2年連続のリーグ2位を記録したが、相変わらず打線が奮わず、2年連続の5位に終わった。

3年1987年は、ルーキー西崎幸広エースとしてチームを牽引した。佐藤一や松浦明といった新戦も台頭し、貯3を作り初のAクラス(3位)でシーズンを終えた。

4年1988年は、ブリューワが故障で離脱するという逆の中で開幕を迎える事態となった。このピンチを救ったのが中日ドラゴンズからトレードで獲得した大島康徳で、5月マイク・イースラーを緊急補強するまで4番打者を務め、その後は5番打者としてチームを支えた。また、開幕は下位で迎えた田中幸雄(コユキ)も同時期に3番打者に抜され、飛躍の年となった。投手を向けると、防御率ベスト10に4人がランクインする(1位河野博文、3位西崎幸広、6位松浦明、7位野浩)という快挙で、西武ライオンズを上回るチーム防御率1位を成し遂げた。しかしブリューワのはあまりに大きく、チーム打率や得点リーグ最下位に沈んだ。借持ちながら2年連続のAクラス(3位)となったが、この年限りで監督を退任した。

その後は1992年1996年から2001年の間に、古巣巨人コーチ二軍監督を務めた。


GM時代(日ハム)


2005年から3年間、北海道日本ハムファイターズゼネラルマネージャー(GM)として復帰。この間にチーム稲葉篤紀らの移籍、田中賢介森本稀哲らの台頭、ダルビッシュ有エース格への成長などがあり、2006年2007年シーズンを連覇した。2006年には日本一アジア一を経験し、日本ハムを再びらせた。


監督時代(ヤクルト)


古田敦也プレイングマネージャーの後を引き継ぎ、2008年より東京ヤクルトスワローズ監督に就任した。

1年2008年は、エースセス・グライシンガーアレックス・ラミレスの遺留に失敗し、その上ローテーションピッチャー石井一久FA退団という逆の中で開幕を迎えた。ローテーション3番手の藤井秀悟(と坂元弥太郎三木肇)を出血トレードして古巣日ハムから川島慶三橋本義隆押本健彦を獲得し、石井一の人的補償埼玉西武ライオンズから福地寿樹を獲得。さらに、韓国プロ野球から林昌勇を獲得した。
投手は戦不足なものの、石川雅規館山昌平が急成長し(それぞれ、最優秀防御率と最高勝率)、松岡健一リリーフ転向成功や五十嵐亮太の復活、移籍の押本との健闘でリリーフの層は一気に厚くなった。また、野手では移籍の福地盗塁王に加えリーグ6位の打率を残す大活躍をした。また、移籍の
川島慶をショートに抜して宮本慎也サードに、飯原誉士を外野にコンバートしてディフェンスも向上させた。さらに、未完の大器畠山和洋を4番ファーストで抜し、外国人野手は全滅に終わったものの野手の大幅な底上げに成功した。
それでも戦不足は如何ともし難く、チーム成績は5位に終わった。

2年2009年は、横浜ベイスターズからFA宣言した相川亮二を獲得し、ついに正捕手不在が解消した。補強はこれに加えて新外国人ジェイミー・デントナ程度であったが、デントナとアーロン・ガイエルがまずまずの成績を残したことでチームの得点が上向き、石川と館山が二年連続で二桁勝利を記録し(館山は初の最多勝)、二年由規オリックス・バファローズ解雇されて育成から這い上がったユウキが共に5勝を記録するなどの底上げはあり、借1ながら3位に滑り込んでクライマックスシリーズ出場を果たした。

3年2010年は、阪神タイガースからFA宣言した藤本敦士を獲得し、新外国人選手としてトニー・バーネットを獲得するという地味な補強で開幕を迎えたが、開幕から状態が全く上向かず、チームは低迷を続けた。高田監督は外野のにも負けず揮を取り続けていたが、神宮球場少年ファンから受けた罵倒に心が折れ、5月26日についに辞任を表明した。
5月27日より揮を執った小川淳司の下にチームは快進撃を続け、最大19あった借済され最終的に貯は4にまで伸びた。この件もあって、「高田無能」という評価が定着してしまったのは否定出来ない。

その後はしばらくの場に姿を現さなかったが、2011年GAORA野球解説者として日本ハム戦の解説を務めた。


GM時代(横浜DeNA)


2011年オフから横浜DeNAベイスターズGMに就任。2018年オフには勇退となり、親会社DeNAのフェロー(経営へのアドバイザー)を務める。


関連商品


■azB000VYVNI8
■azB000MM0CXQ
■azB000GHMVL8


関連コミュニティ


■co458


関連項目



最終更新日: 19/05/24 19:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ