ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鬼武者


ヨミ: オニムシャ
掲示板をミル!
216カキコ!

鬼武者とは

[画像][外部]


シリーズ概要


タイトル 発売日 機種 タグ検索
鬼武者 2001年1月25日 PS2
XB
XB360
鬼武者2 2002年3月7日 PS2
鬼武者 頼伝 2003年11月27日 PS2
鬼武者3 2004年2月26日 PS2
新 鬼武者 DAWN OF DREAMS 2006年1月26日 PS2
鬼武者タクティクス 2003年7月25日 GBA
鬼武者soul 2012年10月19日
2017年3月30日
Win
Mac
スマホ
鬼武者 (※HDリマスター版)
Onimusha: Warlord (※Steam)
2018年12月20日
2019年1月16日 (PC)
PS4
XB1
Switch
Win

元々は、バイオハザードエンジンを利用して新しいアクションゲームを生み出そうという試みから、プレイステーション向けに作られていた。しかし、1999年プレイステーション2の発売を受けてハードの移行を決定。美麗グラフィックをふんだんに使った、まさに次世代のソフトとして売り出された。

戦国~安土・山時代の日本舞台に、幻魔と呼ばれる異形の化け物に立ち向かう、を持つ「鬼武者」の戦いを描く。
キーワード"バッサリ感"を持った武者を操り、とにかく片っ端から敵をり捨てていく、単純明快で爽快アクションである。システムを流用しているバイオハザードとは対照的に、相手が異形の化け物でありながら積極的にそれを倒すという爽快感が大人気を呼んだ。

プレイステーションでは再現できなかった、キャラクターが苦笑いするなどの微小な表情変化をも描き出すグラフィックは、当時世界に衝撃を与えた。また、著名な俳優(金城武や松田優作)をモデルにし、かつ極めて現実に近く再現されたキャラクター人気と話題を呼んだ。

ロックマンの生みの親、稲船敬二ディレクターを担当している。稲船によれば、『バイオハザード2』の制作に参加していた際に「俺ならもっと、こう作るぞ!」という欲求を溜め込んでいて、それを吐き出した結果このような作品が生まれたとか。ちなみに今作と同じように、バイオハザードエンジンを使用しつつも全く違うベクトルに進んだという作品には、同社の人気シリーズデビルメイクライ」がある。


鬼武者


前絶後のバッサリ感』

記念すべき第1作。狭間で実は絶命していたが幻魔のを得てった織田信長と、幻魔に滅ぼされた古代民族を得た若武者、明智左介との戦いを描く。

美麗グラフィックと演出で、次世代機プレイステーション2を遺憾なく発揮したソフトとなり、世界中に次世代機のアピールするタイトルとなった。『戦国バイオ』と称されるほどにバイオハザードに酷似していながら、を持った若武者が化け物たちを次から次へとって捨てていくという爽快ゲーム性、そしてそれを盛り上げる演出と、演に何と実在俳優である金城を起用し、非常にリアルに彼を再現した主人公大人気となった。

プレイステーション2初のミリオンタイトルとなり、同機の人気を一躍高めた。既に続編製作は決定していたようで、クリア後に『鬼武者2』の予告映像が鑑賞できた。

ステージギミックなどを一新したリメイク作『幻魔 鬼武者』がXbox向けに発売されている他、高解像度化&ボイスの新録等々を行ったリマスター版が発売。発売日はプレイステーション4ニンテンドースイッチXbox One版が2018年12月20日PC版2019年1月16日


鬼武者2


と哀しみのバッサリ感』

第2作。前作で倒された幻魔王に代わって新たな王となった織田信長と、の血を引く剣豪柳生十兵衛とその仲間との戦い、さらには十兵衛ヒロインとの悲も描かれる。

既に故人であった名優、松田優作主人公モデルとしたことが話題になり、テーマソング布袋寅泰が担当したことも注された。

前作から10年後が舞台である。前作では、ストーリーの進行にしたがって相棒くノ一と度々交代するだけだったのに対し、今作では『好感度』が導入された。劇中で出会った4人の仲間たちと、それぞれアイテムなどで親を深めることでこれらが上昇し、それに応じて途中で起こるイベントが変化する(主人公にはまった際に助けに来るなど)というシステムである。このシステムによって、プレイするたびに違う物語が展開するようになり、人気を呼んだ。

敵を倒す爽快感は今作でも健在。また、前作では最後のムービーのみに登場した、いわゆる純と化した主人公が、今作ではプレイ中に使用可。敵を倒して特定の魂を吸収することでゲージがたまり、MAXまで溜まった際に開放することで、圧倒的なを持つ『』へと変貌して戦うことが可であり、このことも人気を呼んだ。

3部作構想が既に固まっていたため、クリア後には前作と同様、続編=『3』の予告映像を鑑賞できた。


鬼武者3


第3作であり、完結編として予定されていた。前作からさらに13年後を舞台にしており、時のねじれによってリンクしてしまった現代と戦国時代日本パリ舞台にして、戦国の鬼武者・左介と現代の鬼武者・ジャックの戦いと、本能寺の変での織田信長との決着を描く。

第1作に続いて再び金城を起用。さらに、フランスの鬼武者ジャックブランのモデルには何とジャン=レノを起用し、世界的に注を集めた。

前作であった頻繁な交代システムはなくなっている。代わりに、現代に飛ばされた左介と、戦国時代へ飛ばされたジャックの活躍を同時進行で描くことで、過去未来を交互に操作してダンジョンを解き明かすシステムが一部のダンジョンで導入された。交代がないわけではなく、現代パートにおいてはジャック人・ミシェルと交代することがある。

本作から、バイオハザードでのいわゆる「ラジコン操作」に加えて、一般的なアクションと同じようなスティック操作が可になり、敵を倒すアクションとしてより進化を遂げた。への変化も可であるほか、左介とジャックがそれぞれ登場したことでさらに多くの武器が登場した。

ヒットを飛ばしたが、今作で完結予定だったため、続編映像は収録されていなかった(続編へとつながる伏線は残されていた)。しかし、続編を望む強いに応えて、後に新鬼武者が製作されることになった。ちなみに、今作はPC版も発売されているほか、かなりアレンジが加えられているがパチンコにもなっている。


新 鬼武者 DAWN OF DREAMS


『ズババババッサリ感』

当初3部作で完結予定だったが、続編製作の要望にこたえて新たに作られた第4作。オープニングテーマエンディングテーマ浜崎あゆみが担当した。

幻魔のを得て、信長に代わり世界を支配しようとする豊臣秀吉と、それに立ち向かう最強の鬼武者、『燼の』こと結城秀康仲間達との戦いを描く。

前3作とべ、使用可キャラクターと、それぞれが入手する武器の数が飛躍的に上がっているほか、それらの強化可レベルも3から10にまで上昇しており、非常にやりこみ度が高くなっている。また、これに応じて、クリアしたステージに再度挑戦可になっていたり、仲間を引き連れてともに戦える『従者システム』が導入されている。

敵をり捨てる爽快感がさらに進化しており、スティック操作に加えて、自分でカメラアングルを操作できるなど、バイオハザードの面影がほとんどなくなっている。


主な登場人物



次へ»
最終更新日: 19/02/02 16:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社