ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


魂魄妖夢


ヨミ: コンパクヨウム
掲示板をミル!
1155カキコ!

魂魄妖夢(こんぱく ようむ)とは、ZUN上海アリス幻樂団制作弾幕STGゲーム東方Project」の登場キャラである。

東方Projectの登場キャラクター

 

出演(ゲーム):
東方妖々夢・5面ボス、6面中ボス
東方永夜抄/萃夢想/花映塚/緋想天/神霊廟/鬼形獣・自機 ←NEW!! 
東方文花帖・Lv6ターゲット
弾幕アマノジャク・七日ボス

テーマ曲:
東方妖々夢 ~ Ancient Temple
広有射怪鳥事 ~ Till When?

概要

東方妖々夢stage5のボスとして初登場。

半人半霊(人間幽霊ハーフ)であり、人間である彼女の本体に幽霊をまとっている。寿命人間よりはるかに長く、熱も常人よりやや低い。

彼女人である西行寺幽々子剣術南役兼白玉楼に住み込みの庭師であり、毎日のように剣術練習をしている。師匠は妖夢の祖でもある魂魄妖忌(こんぱく ようき)。だが教えも半ばに突然姿を消したので、妖夢は未熟っ盛りである。

侵入者が現れれば妖怪だろうと人間だろうと直ちにりつける。もちろん相手の確認はしない。

斬れぬものなど、あんまり無い!

なお肩書きはあくまで「剣術南役兼庭師」であって、二次創作でよく描かれるように白玉楼事全般を取り仕切っているような立場ではない(食事の支度などは白玉楼に住んでいる他の幽霊仕事)。

書籍文花帖によれば、休みも給も貰ったことがいらしい。


性格


妖々夢の頃は帯した従者らしく生な性格で、萃夢想の頃に至っては「取りあえずれば分かる」とりそのものであったが、徐々に天然キャラ成分が増していき、現在ではとても丸くなっている。

永夜抄エンディングで感受性が強いということが判明しており、何かに影を受けやすい性格なのかも知れない。

ちなみに、半人半霊のくせにオバケなどの怖いものが大の苦手。


弾幕・戦闘スタイル


剣術弾幕として表現している為、ピチュった時にはまるで切られたような錯覚に陥る事も。
それどころか文花帖などでは本当にぶった切ってくる。さらに永夜抄ではボムで自分からぶった切る事も出来る。

全体的に「自分から弾幕を発射する」というよりは、「閃き、そこから弾幕が発生する」というような弾幕が多い。画面下から、横から、スローモーションで、時には神速で、場合によっては全画面をぶった切る弾幕(?)は非常にバリエーション豊か。

また、弾幕アクション版では、重な「素で格闘できるキャラ」として優れた接近戦を与えられている。 さらに小柄な事も再現されており、しゃがみが低姿勢なこともあいまって当たり判定も小さい。また、アクション作品通じていわゆる「投げ技」を所有している希少なキャラでもある。萃夢想ではこれを利用して(猶予1Fの)永久コンボがあったりもした。出来るかそんなもん。

ただ、弾幕アクション版の妖夢の恐ろしさといえばその屈の移動速度と、飛び込みから放たれる肘(ジャンプA。実は肘じゃなくての柄という説あり)だろう。物凄い速度弾幕グレイズしてはビシィ!とやられ、の意味を考えさせられたプレイヤーは数知れず。妖夢と相対する時にはまずこの対策がめられる。

登場したどの作品でも総じて高い戦闘力があり、ファンの間では「安定した強キャラ」と評されている(対照的に、強キャラになった後で弱体化するジンクスがあるのが十六夜咲夜)。妖々夢Lunaticで放ってくるスペルカード「業風神」は作中でも最難関のスペカとして知られ、一体どこが未熟者なのかと(ry

初出の妖々夢ではっ当に戦ってはいけない相手筆頭である。初心者はまず決めボムで飛ばすことを覚えたい。


能力


剣術を扱う程度の能力
彼女楼観剣白楼剣を扱う二使い(二刀流)であり、長い方の楼観剣である。
楼観剣は一振りで幽霊十匹分の殺傷を持ち、白楼剣られた者の迷いを断つことが出来る。
尚、白楼剣幽霊ると成仏してしまうのでみだりに使用すると閻魔さまに怒られてしまう。
長くて楼観剣は並の人間では使うことができず、白楼剣は魂魄しか扱うことができない。
この設定は、弾幕アクションゲーム版でも「白楼剣で直接敵を切りつけるアクションがない」事で再現されている(当身等に用いる)。
その割に、非想天則システムカードになって4枚積みとか出来るが。効果は「迷いを断ち切って(=キャンセルして)前ダッシュを行う」となっている。

半霊


妖夢(人間)の傍らに浮いている幽霊は妖夢の半身であり、「半霊」と呼ばれている。

求聞史紀によれば、妖夢の意志で動くものであるらしい。
永夜抄では自由自在に動かすことこそ(操作方法の都合で)出来ないものの、常に前方にショットを飛ばす本体とは別に、最後に移動の入をした方向の逆にショットを飛ばすと言う性質があるため、慣れれば自由に操って二方向に同時に攻撃できる。
弾幕アクションでも妖夢の合図で弾幕を放ったり突進したりと、妖夢の思い通りに動いている。
また姿形を変える事も可で、その最たるものがスペルカード・魂符「明の苦輪」などのように、妖夢そっくりのコピーを作る事も出来る。

幽霊は物体をすり抜けるものとされているが、萃夢想などでは半霊を飛ばして攻撃しているため、ダメージを与えられる程度の固さはあるらしい。アリス人形と同じような身代わり判定を持っており、一部の攻撃を受け止めたりすることも出来る。
実際に「東方三月精」ではルーミアが半霊を掴まえていた。


家系


妖夢は生まれたときから白玉楼の従者であるが、公式に存在が確認されている血縁者は祖魂魄妖忌のみ。妖忌は姿を消したという設定があるが、妖夢の両親がどこへ行ったのかは不明である。

妖忌も半人半霊であり、求聞史紀には、

魂魄は、純幽霊ではなく幽霊人間ハーフ系である。

と書いてあるので、妖夢の両親がそれぞれ人間幽霊で子作りした結果の半人半霊なのではなく、半人半霊という種族のようなものがあるのだと思われる。

半人半霊同士でのみ夫婦になって種族を維持してきたのか、それとも半人半霊の種族の血が混じるともれなく半人半霊になるのかは不明だが、もし前者である場合、妖夢をにしたい人は近親者の許しを貰うために行方不明妖忌を探し出して説得するというハードルに加え、自分自身が半人半霊になる必要がある。頑れ。


二次設定


妖夢自体は特筆すべき二次設定はない。

よく見るのは妖夢の半霊が酷い扱いを受けていたり、二次設定幽々子に引っり回されたりされている姿。
また、庭師という肩書きであるが雑務全般をこなしている姿も散見される。
厳密に言うと、それら「幽々子に振り回され雑務に追われる常識人的役割」が「二次設定」という事でもある。

彼女の事をみょんと呼ぶ人は多いが、みょん二次設定と言うわけではない。
ただ原作では彼女のことをしているわけではなく、彼女が発言した言葉である(妖々夢EXバックストーリー参照)。

出番が多い分、作品によってZUN氏の画の変化が較的大きいためか、それをネタにされることがある。神霊廟以降に至っては髪型ぱっつんおかっぱからセミロングに伸ばしている。
妖々夢妖々夢妖夢
神霊廟男を知った妖夢

普段から白玉楼で暮らし、あまり外に出ないため、本編での登場頻度のわりに明確な交友関係のあるキャラは少ない。幸い、結構な回数自機になっている為、ストーリー面で絡んだ経験のある相手は多いのだが。
カップリングの相手は以下の3パターンくらいである。

他、マイナーなところではルナサ・プリズムリバールナみょん)やルーミアみょんミア)などが時折見られる。


お絵カキコ


枚数が増えたので、魂魄妖夢のお絵カキコに分離しました。

[画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像を見る] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像]  [画像] [画像] [画像] [画像]


関連動画



■sm73576[ニコ動]

■sm2138281[ニコ動]
■sm1170372[ニコ動]
■sm3709616[ニコ動]
■sm700774[ニコ動]
■sm20515[ニコ動]
■sm2116[ニコ動]
■sm3746321[ニコ動]
■sm4266585[ニコ動]
■sm3647640[ニコ動]
■sm5894153[ニコ動]
■nm8321686[ニコ動]
■sm7871491[ニコ動]
■sm3125481[ニコ動]
■nm7876471[ニコ動]
■sm8755448[ニコ動]
■sm6167794[ニコ動]
■sm10330436[ニコ動]


関連静画


■im782287(静画)
■im681907(静画)
■im604517(静画)
■im788701(静画)
■im1156058(静画)
■im974040(静画)
■im1202807(静画)
■im1254385(静画)
■im1962490(静画)
■im1952129(静画)


関連立体



関連商品


■yso-trap_99003085
■yso-trap_04032944
■yso-trap_99009847
■ysd-stage_2900031400214


関連コミュニティ


■co2695


関連項目



最終更新日: 19/04/17 16:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ