ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鯖江市


ヨミ: サバエシ
掲示板をミル!
2カキコ!

鯖江市とは、福井県の中央部、嶺北地方に位置する都市である。

概要

人口約7万。内にはJR北陸本線福井鉄道福武線の2鉄道路線、北陸自動車道が通る。
JR福井鉄道の路線は数メートル離れたところを通っており、それゆえ中心鯖江駅と西鯖江駅の2に分かれている。地としてはその両を中心とした鯖江地区のほか、神明駅を中心とした明地区もある。

宗十の一照寺本山である照寺があり、鎌倉時代よりその門前町として栄えたである。江戸時代には吉江鯖江が置かれた事がある。浄瑠璃作家の近門左衛門は幼少期を吉江にて過ごしている。鯖江第七代間部詮勝は現在西山公園の起となる庭園の嚮陽を造り、井伊直弼の下で幕府老中を務めた。

産業はメガネフレーム製造が有名だが繊維と漆器製造のまちでもある。特に漆器は継体天皇の時代から1500年続く伝統工芸であり業務用漆器製造でシェア8割以上を占める。農業以外に旧吉川村一帯で栽培されていた「吉川ナス」が地理的表示(GI)保護制度に登録され、「吉川ナスバーガー」は道の駅人気商品となっている。また加藤商店が造っている日本酒の「」は福井県を代表する日本酒の一つである。

鯖江市の発足は昭和30年1955年)のことで、鯖江町・明町という2つの町に周囲の村が統合される形にて発足した。

めがねのまちさばえ

明治38年(1905年)に増永五左衛門が農閑期の副業として始めた眼鏡製造が今日要産業となっており、鯖江メガネフレーム世界シェアの2割程度を占めていると言われている。もっともより安い製造コストに昨今は押されがちであるのは日本の製造業に共通した話となっており、第2次産業が要となっていた鯖江でも現在では第3次産業の就労者がかなり増加している。

そんなメガネ製造業界であるが薄老眼など新商品の開発を行ったり、メガネフレーム素材である金属脂の加工技術を応用して医療器具や楽器部品と言った異分野に進出するなど生き残りを図っている。

また観光として中にメガネのモニュメントなどが設置されていて北陸自動車道から見えるメガネは名物看として親しまれている。このメガネ1974年から設置されていて2015年にはリニューアルされてるようになった。ちなみに看の設置場所自体は鯖江市ではなく福井市。他にもめがね作り体験・めがねショップめがね博物館が合わさった「めがねミュージアム」が2010年に開館、これまでに100万人以上が訪れている。さらに近年「メガネランド構想」としてJR鯖江駅からめがねミュージアムまでの道路900mとJR鯖江駅からサンドーム福井までの道路1500mにメガネマークメガネベンチなどメガネを感じられる仕掛けが施されている。

関連動画


■1430288527[ニコ動]

関連項目


最終更新日: 20/10/21 19:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ