ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: イワシ
掲示板をミル!
30カキコ!

とは、大衆の一種である。


概要


狭義にはニシンニシンのうち、ニシンニシン亜科マイワシ属マイワシ、ニシンウルメイワシ亜科ウルメイワシ属ウルメイワシ、カタクチイワシ科カタクチイワシ亜科カタクチイワシ属カタクチイワシの3種をす。

広義にはマイワシ属、ウルメイワシ属、カタクチイワシ属に加え、ニシンニシン亜科サルディナ属の4つの属に入るのことをす。


語源


鰯のは陸に揚げるとすぐに弱ってしまうからという説が一般的。「イワシ」という読みも「よわし」→「いわし」から来ているという説があるらしい。鰯は字なので、漢字の由来と日本語としての読みの由来が一致しているのはまったく不思議なことではない。ちなみに、鰯には「鰮」という漢字もあり、こちらは字ではなく中国由来の漢字である。中国ではこちらの字を使っているらしい。


外国語


ロシア語では「иваси(イヴシー)」と呼ばれるが、これは日本語が由来となっている。イクラロシア語の「икра(イクラー)」から来ているのとは逆である。

英語では一般的に「sardine(サーディン)」と呼ばれる日本語の鰯と対応しているものが多いが、サーディンには隣のから飯を借りてこなければならないというルールがあるママカリ漢字では飯借、別名サッパとも言う)も含まれている。そしてカタクチイワシはサーディンではなく「anchovy(アンチョビ)」と呼ばれているのだが、鰯とは似ても似つかないエツも含むのである。そしてウルメイワシもサーディンではなく、「round herring(ラウンドヘリング)」と呼ばれている。そんなことでいいのか、英語よ!!しっかりせんか、英語!!実際のところ、分類的に見ればバラバラをまとめて鰯と呼んでいる日本語のほうが「しっかりせんか!!」という状態なのかもしれないが。


文化・利用


大衆として知られる。しらす煮干しはカタクチイワシであることが多い。おせち料理の田作(別名:ごまめ)として、正月食卓に上がったりもする。

また、節分には魔よけとして鰯の頭をるすという習慣がある。そこから転じての苦手なものとして鰯が上がることがある。

昔は干鰯(ほしか)という肥料として、日本各地に大量に出荷されるほど漁獲量があったが、最近では減少傾向にあり、徐々に価格が上昇しつつある。鰯は大切に使っていこう


AA


           |`ゝ
 ドッキング    _//´
       / :;/'
     _/@,;)ゞ
  _/;@/ ̄
  /",:;ン   いわし
__/,/
`V


漢字として


Unicode
U+9C2F
JIS X 0213
1-16-83
部首
魚部
画数
21
意味
イワシ。
江戸中期の書〔同文通考・字〕に「鰯(イハシ):鰮なり」とある。
日本字。+弱の会意で、柔弱なのこと(〔新字〕)。
音訓
訓読みは、いわし。
規格・区分
人名用漢字である。2004年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。

関連動画



■sm3190026[ニコ動]

■sm13755045[ニコ動]


関連商品


■azB001HZK9ZS
■azB0043RT8U4


関連項目



最終更新日: 18/03/29 01:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ