ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鳥人戦隊ジェットマン


ヨミ: チョウジンセンタイジェットマン
掲示板をミル!
208カキコ!

戦うトレンディドラマ

鳥人戦隊ジェットマンとは、東映制作の「スーパー戦隊シリーズ」の第15作である。

前々作「高速戦隊ターボレンジャー」の頃から続くシリーズ低迷の余波で、スーパー戦隊シリーズ制作打ち切り寸前にまで至った危機的状況を見事に立て直した作品として知られる(正確には次作・恐竜戦隊ジュウレンジャーの頃もシリーズ打ち切りの可性はまだまだ残っていたので、ジェットマンジュウレンジャーの二作がシリーズ立て直しの功労者と言える)

1991年2月15日1992年2月14日の間、テレビ朝日系列で毎週金曜日17時30分~17時55分に放送。全51話。

戦隊シリーズの祖である故に現在でもファンが多く、メインライターである井上敏樹の代表作の一つに数えられる。


あらすじ


Wikipediaより引用・記載簡略化)

199X年、地球平和世界規模の防衛組織である「地球防衛軍スカイフォース」によって守られていた。その組織では、ある鉱石より生み出された未知のである「バードニックウェーブ」を用い、人間かにえる戦士を生み出す計画、通称「Jプロジェクト」を極秘に進行していた。

そのプロジェクトに選抜された一人である「」は、バードニックウェーブを浴び強化人間ジェットマン」第一号レッドホークへの変身を得る。しかしその直後、次元えて侵略してきた「次元戦団バイラム」の襲撃に遭い、残りのバードニックウェーブ4人分は地球に飛散。プロジェクト責任者である「小田切」とともに残りのバードニックウェーブを浴びた4人を探す事になったのだが・・・  


概要


ターボレンジャーファイブマンの視聴率低迷の原因が長期シリーズには避けられないマンネリ化によるものと見た東映プロデューサー鈴木武幸は、今作において「戦隊革新」を試みることを決意。様々な新規要素を取り入れることとなった。

戦うトレンディドラマ
視聴率において低迷した前作・地球戦隊ファイブマンであったが、高年齢向けにシフトした後半は視聴率が回復傾向にあった。そこで、今作は光戦隊マスクマンにあった恋愛要素を強化。「ヒーロー同士の恋愛」を軸に物語を展開させることで高年齢層へのアプローチを図ることとなった(プロデューサーである鈴木はかつて闘将ダイモスを手がけており、その経験を生かす意味もあった模様)

本名で呼び合うスーパー戦隊
ヒーロー間の変身後の呼称はファイブマン前半まではコードネームレッドブルー等)というのが慣例となっていたが、出演者の田中弘太郎若松俊秀らの「それでは不自然だ」という意見を取り入れ、変身後も本名で呼び合うことになった。
なお後のシリーズで慣例となっていくこの要素だが、正確には前作・地球戦隊ファイブマンの後半から取り入れられていたので、ジェットマンは「全編通して本名で呼び合った」初めての戦隊と言える。

巨大三号ロボサポートロボ)の登場
ファイブマンターボレンジャーに登場した巨大(要塞)ロボに代わって一号ロボや二号ロボとほぼ同等のサイズである三号ロボテトラボーイが登場。
系ばかりだったジェットマンメカ群のアクセントとなるとともに、他のロボが運用する武装としても活躍した。

ピンクのいない五人戦隊
サンバルカン等の先駆者はいたものの、初期から五人で構成されている戦隊としては初のピンク戦隊。ただし、であるホワイトワンスーツには一部ピンクが使われている。

なお科学忍者隊ガッチャマンの種類やキャラ付けがかぶっtうわなにをするやめ


登場人物


※一部反転ネタバレがあるので注意。

鳥人戦隊ジェットマン

(てんどう りゅう) / レッドホーク
演:田中弘太郎/スーツアクター新堀和男前田浩(終盤の代役)、日下秀昭(代役、最終回のみ)
ジェットマンリーダーで、スカイフォース隊員スカイフォーサーの青年25歳(13話で26歳になる)。
偶然バードニックウェーブを浴びた残り四人と違い、元からジェットマンになるためにバードニックウェーブを浴びた。
エリート軍人であるが故には高いが、プロ意識が強いせいもあり素人である他の四人とは衝突することが多い。
バイラム幹部・マリアの正体であるリエとは元人同士。

鹿鳴館 香(ろくめいかん かおり) / ホワイトワン
演:岸田里佳/スーツアクター蜂須賀祐一人(代役)
偶然バードニックウェーブを浴びたメンバーの一人で、名門「鹿鳴館財閥」の一人22歳。
初期は世間知らずのが侭だったが物語が進行するにつれ成長していった。
なお、普段はおしとやかな口調だが怒ると乱暴な言葉遣いになる。
当初、ジェットマンのことをジェントルマンと勘違いしていた。

大石 太(おおいし らいた) / イエローウル
演:成瀬富久/スーツアクター石垣広文
自然をこよなくする農村青年22歳。
大人しく優しい性格のため当初はジェットマンへの加入を嫌がっていたが、
バイラムにより自分の育てた野菜を荒らされたことにより戦いに参加することに。
香に憧れに近い気持ちを持っているが、告白する勇気かった。おい仲の良い幼馴染はどうした。
大食ストレスが溜まるとさらに大食いに走る傾向があり、そのためか体は伝統的なデブイエロー
……とされるが、実のところジェットマン以前からイエローそのものが女性戦士に割り当てられることも多かったりして、デブイエローシリーズでも稀有な存在。
彼以前のデブイエローはキレンジャー、ゴーグイエローのみであり、現在、彼を最後にデブイエローは登場していない。ちなみに、初の眼鏡戦士でもある。

早坂 アコ(はやさか あこ) / ブルースワロー
演:内田さゆり/スーツアクター蜂須賀昭二
偶然バードニックウェーブを浴びた高校生18歳チーム最年少であるせいか遠慮がなく、序盤では小田切長官のことを「オバン」と呼ぶなどれしくしていた。お金好きで、ジェットマンには当初バイト感覚で加わるものの高額の報酬にはショックを受けたり、
バードニックウェーブのも悪事に使わずスポーツの助っ人程度に使用したりと香とは逆に小市民的。ジハンキジゲンの回で分かるように、割と乙女チックな部分がある。
チーム内の恋愛にはほぼ縁だったが、変身前・変身後問わずスカートめくりをされる等、セクハラ被害は一番受けている。

結城 凱(ゆうき がい) / ブラックコンドル
演:若松俊秀/スーツアクター大藤直樹
偶然バードニックウェーブを浴びた遊び人。25歳。
束縛を嫌う不良少年気質で、趣味オートバイサックス演奏・賭け事(イカサマも得意)と女の子と遊ぶこととヒーローらしくないものが並ぶ。そればかりかタバコも吸うし、も好き。
最初は「滅びるなら勝手に滅びればいい」とジェットマンへの参加を拒否してに殴られていたが、戦いを経て成長。不在時はリーダーシップを発揮することとなる。
口癖は「これだけは言っておく」だが、「最初に言っておく」の人たちに影を与えたかどうかは不明。
最終回ある意味メイン回。そして、20年の時を越えてゴーカイジャーでも凱メイン回再び・・・

支援者

小田切 (おだぎり あや) 演:三みきこ
ジェットマンの長官でオバンスカイフォースの幹部。
指揮官としてのは言うまでもなく、軍人としても技量が高い。そればかりかロボや新兵器の開発にも携わるなど工学にも造詣が深いく、部下たちの命を最優先とするなど思いやりもあり、時として単身で最前線に赴いてロボを用いて戦う、強くクール女性。さらに生身でロボを操縦して敵怪人を倒してしまうこともあった。
と、このようにシリーズの女傑である。が年齢が最強の敵

演じた三は後に「五星戦隊ダイレンジャー」の「コウ」役を演じた。

次元戦団バイラム

次元を滅亡させたのち、表次元に相当する地球中に治めんと次元えてやって来た武装集団。
地球人を愚かな者達と言い放ち、見下してい る。
巨大魔城バイロックを拠点に地球人征の計画を企てるのだが、裏次元戦闘中に首領が行方ました為、残った4人の幹部がいた首領の椅子を巡って争い合っている。
そのせいか内部抗争が多く、それが原因でジェットマンを倒す機会を逃すこともしばしば。
番組後半に至っては幹部同士で露作戦の妨をすることもあった。

 

ジューザ 演:高都幸子
バイラムの首領。裏次元の戦いで行方不明になっていたが、17話で復活を果たした。
と思ったら18話で部下であるラディゲの裏切りによりくも退場し、以降出番しという悲劇の人。
彼女の持っていたセミマルも後々最後のボスになると思いきやわずか2話で退場してしまった。

次元伯爵ラディゲ 演:舘大介
バイラム四大幹部の実質リーダー
冷酷かつ残な性格で、バイラムでの地位を確立するためなら敵であるジェットマンと手を組むことすらためらわない。ジューザやトランザとの抗争の際、人間にされている。が、元の裏次元戦士になった後なんのためらいも助けてくれた人間を殺している。
非常にプライドが高く、それが他の幹部の作戦を邪魔する動機となっている。バイラム戦隊史上最も仲の悪い敵組織と言われるのは、大体こいつのせい
なおマリアに対しては異様なまでの執着(屈折した一種の情?)を示す。
そんな一方で、ハトに煽られて池に落ちると言うネタっぷりも持ち合わせている。

マリア 演:丸山
バイラム四大幹部の一人。その正体は、バイラム来襲時に行方不明になっていた人・リエである。
リエとしての記憶はすでにないが、時折洗脳前の記憶がフラッシュバックすることも。
正体がリエであることを知って本気を出せないを幾度も苦しめた。

グレイ スーツアクター日下秀昭
バイラム四大幹部の一人であるロボット
ロボットではあるもののマリア心を持ち、ワインタバコクラシック音楽を好むという人間臭い面がある。
幹部の中では理性的な性格であり、卑怯なことを嫌う。終盤、好敵手である凱とは認め合うところもあった。

トラン/トランザ 演:久我未来/広瀬裕
バイラム四大幹部の一人で、超能力を使う少年ジェットマンを倒したものがバイラムの首領となるのは彼の提案によるもの。
しかし、子供であることにコンプレックスを持っており、他の幹部から馬鹿にされたのに加えてジェットマンに情けをかけられたことからコンプレックス爆発
ラディゲすら屈させるトランザへと成長し、帝王を自称することになる。
しかし独善的な性格が災いして、ラディゲの手によって悲惨な最期を迎えた。期はもはや特撮どころか現在テレビドラマでも放送できないようなものであった。

次元
さまざまな物体に寄生し、次元へと変貌させてしまう。一度倒しても巨大化するも持ち合わせている。のちにバイオ次元へと強化される。

その他

次元ディメンシア戦士
バイラムに滅ぼされた裏次元戦士たちの生き残り。レイカンナダンの3人。バーガルーダと共に地球にやってきた。
追加戦士かと思いきや2話で全員ラディゲに殺されてしまう。しかし、バーガルーダジェットマンの戦として大いに役に立った。
なお、俳優ブルーフラッシュピンクマスクトリケラレンジャー演じた人である。

ネオジェットマン
第二の鳥人戦隊全員が軍人出身であり、達を見下していた。しかし、その油断が災いを引き起こした・・・
なおメンバーの一人は後にティラノレンジャーを演じる俳優である。


次へ»
最終更新日: 16/07/02 11:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ