ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鳥嶋和彦


ヨミ: トリシマカズヒコ
掲示板をミル!
96カキコ!

鳥嶋和彦とは、漫画雑誌編集者である。集英社専務取締役を経て、現在白泉社代表取締役社長。 


概要


1952年新潟県小千に生まれる。
1976年慶應義塾大学卒業集英社に入社。
2004年集英社常勤取締役
2008年小学館集英社プロダクション取締役
2009年集英社常務取締役
2010年集英社専務取締役
2015年白泉社代表取締役社長

週刊少年ジャンプの名物編集者
鳥山明の担当として、『Dr.スランプ』や『DRAGON BALL』を立ち上げたことで知られる。
1996年2001年には同誌の編集長を務め、この時代には『ONE PIECE』『NARUTO』などを開始させている。

数々の名漫画(代表:Dr.スランプドラゴンボールetc)、名RPG(代表:ドラゴンクエストクロノトリガー)の立役者ではあるのだが、編集者としても有名で、意に沿わない内容であれば、容赦なく「ボツ!」の一言で書き直しをさせるという、ジャンプ漫画家の恐怖の代名詞的な存在だった。また、Vジャンプを立ち上げた人物でもあり、Vジャンプの初代編集長に就任している。

そのインパクトの強さ故か、『Dr.スランプ』のDr.マシリトを筆頭に彼をモデルにしたキャラクターも多数登場している。
概ね悪役で憎らしい性格なのはなぜだろうか。なお本人はラブコメ好きらしく、担当した漫画にもラブコメ要素を出そうとしていた。

ブームヒット商品を見抜く先見性の鋭さや後述の桂正和鳥山明への魔改造を見ると、集英社専務白泉社社長にまで出世したのも当然と言えるだろう。


桂正和と鳥山明


この2人は魔改造された漫画家として特に有名。

ヒーロー物から恋愛物(電影少女I'S)へ路線変更させて人気作家になった桂正和ジャンプ読者にとっては有名な話であろう。

鳥山明の場合はより深くが関わっており、Dr.スランプドラゴンボールの大ヒットに多大な貢献をしている。『Dr.スランプ』では、当初則巻千兵衛役として描かれる予定であったが、の強い意向により女の子タイプロボットアラレ主人公とする漫画へと変更した。当時の少年向けギャグ漫画と言えば男性キャラ主人公であるのが当たり前の時代であり、当時としてはパッと見「少女漫画?」とも受け取られかねないような「冒険」とも言える決断であったが、本作品の大ヒットにより今では当たり前のように存在する「かわいい女の子キャラ主人公少年向けギャグ漫画」の嚆矢となった。

ドラゴンボールの場合も同様であり、多数の示を出していたらしい。

  1. フリーザエイリアン形態とか誰得。さっさと変身させろ→最終形態はスマートな人
  2. 高身長イケメンがいないから出せ→トランクス登場
  3. 敵にデブジジイを用意するとか何考えているんだ→17号(青年)と18号(美人)を更に登場
  4. セルの形態がキモすぎ。フリーザ同様スマートにしろ→最終形態は(ry
  5. 以下続く

鳥嶋がモデルになったキャラクターの一覧



関連動画



■sm12969944[ニコ動]

■sm1454752[ニコ動]


関連商品


■azB000PVDLAK
■azB001KWTFTY


関連項目



最終更新日: 18/05/17 22:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ