ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鶴岡一人


ヨミ: ツルオカカズト
掲示板をミル!
10カキコ!
プロ野球選手一覧 > 鶴岡一人

鶴岡一人(1916年7月27日2000年3月7日)とは、南海ホークスに所属していた元プロ野球選手であり、監督としては23年もの間南海ホークスを率いて優勝を11回、日本一を2回達成し、積み上げた勝利数は歴代第1位1773勝、Aクラスの回数は実に22にも及ぶ名監督である。

現役時代からの面倒の良さから多くの選手に慕われていたため「親分」の称で知られ、サンデーモーニングで有名な大沢啓二の「親分」も鶴岡から来ている。
また「グラウンドにはゼニが落ちている」、「指揮官が悪ければ部隊は全滅する」といった名言も残している。
特に前者は漫画グラゼニ」のタイトルの由来となっている。


概要


OB
鶴岡一人
基本情報
出身地 広島県
生年 1916年7月27日
身長
体重
173 cm
 68 kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 三塁手二塁手一塁手外野手
プロ入り 1939年
引退 1952年
経歴
選手歴 監督
プロ野球選手テンプレート

幼少期から体が大きくさまざまなスポーツを得意とし、野球は小学5年生の時に始めており、1年先輩に当時慶応大学エースだった浜崎信二の浜崎忠治がおり、夏休みには帰郷した浜崎信二にもコーチをしてもらうことがあった。
その後広島商に進学し。2年時には遊撃のレギュラーを獲得、3年時にはの選抜にて遊撃のレギュラーで中商を破って優勝、4年時は一回戦負けを喫したが、5年時の選抜では投手兼4番で岐阜商に敗れてベスト4だった。

当時広島商の監督はのちに広島カープ揮を執る石本秀一であり、全大会前には日本刀の上を歩く真剣渡り」(実際ははついていない)を行わされたり、守備がなかなか上達しない鶴岡を、二塁の選手に殴らせる等の厳しい導を行っている。

広島卒業後、当初は慶大に進学するつもりであった鶴岡だが、広島商の先輩法政大学野球部のマネージャーになっていたこと、法大練習に参加した際に他の選手のプレーを観察して打撃のコツを掴んだこと、ついでに飯がうまかった等を理由に法政大学に進学する。
大学では入学時すでに最上級生だった若林忠志の推薦もあって1年時から二塁のレギュラーを掴みとり、2年時には三塁へコンバートされ35シーズンでは首位打者を争う活躍で、最終的に早大高須という選手に首位打者の座は渡したものの法大優勝に貢献し、38年シーズンでは再び高須と争って首位打者を獲得した。

38年は二度となる満州への遠征があり、帰後には様々なプロ野球の球団からオファーが舞い込む。
ただ今では考えられないが、当時のプロ野球は誕生したばかりで東京六大学よりもはるかに低く見られており、プロに入るのは芸者が身を売るようなものと考えられていた。
しかし鶴岡は「高収入を得て親孝行がしたい」、「どうせ戦争で死ぬかもしれない、ならば好きなことをやって死にたい」という思いからプロ入りを決意、同様の考えをもってプロ入りした選手は多く、ある意味戦争プロ野球を盛り上げてくれたという皮な出来事である。ともあれ鶴岡は自分を三塁として使ってくれそうな南海に入団する。


プロ入り~従軍


南海は創設2年の弱小チームで、ナインの中には鶴岡から見てやる気の感じられない選手もいたという。
このチームにおいて鶴岡はいきなり将と4番という重責を任されるが、そのプレッシャーに負けず懸命にプレーし、一年チーム投手の弱さから5位ながら、リーグ6位の打率.285、10本塁打本塁打王を獲得している。

しかし時は戦時中、試合の前には「〇〇選手は応召で出場不可」とアナウンスされたり、観客に対しても住所と名前がアナウンスされて「召集状が来ました」などど言われていた時代、鶴岡も例外ではなく、南海入団の翌年には召集されて、福岡県甘木町の甘木高射砲第四連隊に入隊している。
入隊後の初年兵教育を受け終わった後、大学先輩の勧めもあって幹部補生の試験を受けて見事合格し、これによりのちに独立中隊の中隊長となったが、特に高等数学が苦手だった(サイン、コサインダンゼントがよくわからなかったらしい)鶴岡が学徒兵に勉強を教えなくてはならず、「大、教えろ!」と東大生の学徒兵に助けてもらったというエピソードがある。
鶴岡終戦間際には特攻隊出撃の地となっていた鹿児島で陸軍知覧航空機関隊長となり、米軍の艦載機を迎え撃つ任務に就いていた。この時、鶴岡の部隊からも何名か戦死者が出でいる。

44年には見合いを行った女性結婚し、養子になってくれるように頼まれたが、それは出来ないと鶴岡は断り、それなら名前だけでもという話から山本姓を名乗る。のちにこの時結婚した妻が亡くなり、一年後に別の女性結婚した後には再び鶴岡姓に戻っている。


選手兼任監督時代


戦争が終わってすぐに南海マネージャーから復帰を要請され、46年に29歳の若さで選手兼任監督となる。
とはいえ、現在の選手兼任監督とは違い、三塁と監督の他にも、スカウト、食糧調達、住居確保などもこなさねばならず、大の男たちの集まりともなれば皆良く食べるため、自ら合宿所の隣でサツマイモを栽培したり、闇屋に間違われながらも必死を集めたりしていた。

そんな苦労を重ねながら46年、グレートリングという名前だった球団は見事巨人を1勝上回り初優勝。翌47年はチーム名が「南海ホークス」となるも3位に終わったが、エースの別所毅リーグ最多の30勝を挙げ、48年は別所、中谷、柚木といった投手の活躍で見事優勝を果たす。
しかし48年の暮れ、こともあろうにエースの別所を巨人に引き抜かれる事件が発生、当時別所は新婚のため、新居を欲しがっており、南海もそのための土地とを用意していたのだが、巨人南海が用意したものをはるかに上回る土地とを用意し、さらには別所の婚約者が東京育ちで東京に住みたがっているという気持ちにもつけこんだ。
いつの時代も巨人のやることは変わらないものである。なおのちに南海に入団し大活躍を見せる杉浦忠はこの事件をきっかけにアンチ巨人になったとか。

エース別所を引き抜かれたダメージは大きく、南海49年4位に転落。鶴岡の長い監督人生で4位に落ちたのはこの時と67年の二度のみ。(ただし49年に関しては8チーム中でのリーグにため、4位は厳密にはBクラスではなくAクラス

50年は4月巨人戦で巨人監督を務めていた三原脩が南海筒井のスライディングに怒り、筒井を殴る「三原ポカリ事件」が発生、さらに同年7月3日に1歳の長女を南海電車に撥ねられるという事故で亡くす。
そんな不幸に見舞われながらもこの年の2リーグ分裂以降、鶴岡飯田徳治、岡本三美、蔭山和夫、木塚忠助ら打ってよし、守ってよしの万ドルの内野」を作り上げ、51年、52年とリーグ優勝を達成。
そして52年を最後に監督に専念するために現役を引退する。


監督専任時代


監督専任となった53年も見事3年連続となるリーグ優勝を達成するが、日本シリーズでは別所を引き抜いた巨人にいつも勝つことが出来ず、55年の日本シリーズでは先に3勝1敗で王手をかけながら逆転負けを喫している。

巨人に負け続けたことで、マスコミからも南海はケチでチーム強化のためにを出さないと批判されたため、とは言っても貧乏南海に物を言わせて好き勝手に選手を漁り放題の巨人では色々と状況が違うのだが何としても巨人を倒さなければと思った鶴岡は56年2月チームのために暖かいところでキャンプを行うためにハワイホノルルキャンプを行う。しかし観光気分で門限破りを然と行う選手が続発し、鶴岡はそんな選手に片っ端から鉄拳制裁を行った。その中にはまだ若き日の野村克也も含まれていた。
そんなこんなでハワイキャンプは失敗に終わったが、一「捕手野村がうまくなった」という収穫が得られ、記者会見でもその旨を話しており、野村自身が鶴岡に間接的にではあるが褒められた数少ない出来事であった。

56年、57年はテスト生からレギュラーを掴んだ野村克也広瀬叔功といった若い戦が活躍したが、西鉄に所属する稲尾和久中西太といった投打の柱が大活躍で、南海は両年共西鉄の後を拝む2位に終わり、王座奪還のため南海立教大学の4番とエース、すなわち長嶋茂雄杉浦忠の獲得に乗り出す。
両名の獲得のため、立教で二人の先輩である大沢啓二に紹介を頼み、二人と接触。二人からも確約の返事を得ることに成功する・・・はずだった。しかしまたしても巨人によって長嶋家族を懐柔され、直前で巨人へ入団することとなってしまった。しかし杉浦は違った。杉浦長嶋が翻意したことで心配になって駆けつけた鶴岡に対しても「は男です」と話し、約束通り南海ホークスユニフォームに袖を通した。

58年はその杉浦が開幕投手となって初勝利を挙げると、それからは野村広瀬の活躍もあってポンポンと勝ちを積み重ねていき、西鉄の独走に待ったを掛けたが、8月過ぎあたりから杉浦も疲労のためか調子を落とし、西鉄との天王山となる2連戦では1戦は引き分け、2戦中西太に3ランを打たれ、西鉄の3連覇を許すこととなった。
しかし59年は杉浦が38勝4敗というがかり的な活躍を見せ、見事西鉄優勝阻止して優勝を決める。
そしてさんざん煮え湯を飲まされてきた巨人に対しても、その杉浦が血豆をつぶしながらも4連投4連勝という活躍で見事巨人ストレートで破り念願の日本一を達成した。

60年は杉浦が引き続き31勝を挙げる活躍を見せたが、この年「ミサイル打線」と結成した大毎オリオンズ優勝を許し、2位に終わる。61年は3年間の酷使が祟り、杉浦が右腕の動脈閉塞でシーズン途中で離脱したが、前年入団したジョー・スタンカ、2番手投手皆川睦雄らの活躍もあり優勝、しかし日本シリーズでは2勝1敗でリードした第4戦、スタンカが9回二死から一塁の寺田陽介がフライを落球、三塁の小池がゴロをファンブルして満塁ピンチとなり、ここで宮本敏雄をカウント2ストライクと追いつめ、スタンカが自信を持って投げ込んだ投球を円城寺満球審はボールと判定したことでスタンカが冷静さを欠いてしまい、宮本サヨナラ打を打たれてしまい敗戦。この試合がきっかけで南海日本シリーズに敗れた。

62年はチームが開幕してから低飛行を続けており、責任を感じた鶴岡5月26日に休養を発表して蔭山和夫を代理監督とし、何故休養するのかという問いには「指揮官が悪ければ部隊は全滅する」と答えている。
休養中はスカウトとして活動しており、監督も蔭山に譲ろうかとも考えていたが、チームは蔭山の奮闘で上昇し、さらにファンの復帰運動おこったため8月8日めて監督に復帰した。

64年は正捕手ながら変わらず打ちまくる野村や故障を抱えながらも投げ続けた杉浦外国人ながらも日本を見下すことなくプレーしていたスタンカらの活躍で通算9度優勝を達成。杉浦日本シリーズには登板できなかったが、スタンカが王手をかけられた第6戦と決戦となった第7戦で連続完封勝利を達成したことで5年ぶりの日本一いた。

65年も野村克也三冠王を獲得する大活躍等で優勝を達成するが、チームを率いてからちょうど20年となったこともあり監督退任を決意。
鶴岡東京オリオンズ、またはサンケイ・スワローズ監督に誘われており、どちらかは今も不明だが就任するつもりでいた。そして後任には蔭山が就任することになり、年上の柚木コーチは使いづらいだろうという鶴岡の意向から、彼には鶴岡の意向が伝えられていた。


蔭山和夫の死、そして再び監督就任



次へ»
最終更新日: 15/01/01 12:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ