ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


黄忠


ヨミ: コウチュウ
掲示板をミル!
43カキコ!

黄忠(?~220)とは、三国志に登場する人物である。


概要


現地に近い読みだとHuáng Zhōng。字は。諡は剛侯。演義での活躍ぶりから、中国では老いてますます盛んなな人を老黄忠と呼ぶ。


劉備に仕えるまで


荊州南陽現在の河南省南陽)の人。劉表に仕え、中郎将に任じられ、劉表の従子(おい)・劉磐と共に長沙の県の守備の任についていた。おそらく、劉表に反乱した羨の討伐や対孫策孫権の戦に充てられたものと思われる。

劉表の死後、荊州は曹操に降伏する。合わせて黄忠は仮の裨将軍として、引き続き長沙太守の韓玄の配下について、長沙の県の守備の任についていた。この地位は劉備が荊州を定するまで続いていた。


荊州平定後


荊州定後は劉備に帰順、そのまま劉備軍の武将となる。益州攻略ではとして劉璋を攻撃し、常に先駆けて敵の地を攻め落とすなど、その活躍は三軍で筆頭のものであった。定軍山の戦いでは関西の制圧で名をかせた夏侯淵を討ち取り、劉備中を得るきっかけを作った。この功績により、黄忠は征西将軍となる。これは夏侯淵の官位と同じであった。

しかし、中王となった劉備が彼を後将軍に任命しようとしたところ、諸葛亮アドバイス(要約・意訳すると「任命するなら関羽ジジイがはっちゃけてる所を見せてからじゃないとダメ」)が。しかし、劉備は「関羽の説得はがしとくよ」として、黄忠を後将軍に任命し、黄忠は関内侯の爵位を賜った。予想通り、関羽は「老兵」と侮って前将軍になりたがらなかった(後で費が説得した)。


正史と演義


正史では彼に関する記述が少ない。書の性質に加えて、息子世したことでも断絶したようなのでやむを得ない部分があるが、劉表臣時代についても残っていないのは残念である。ちなみに、240年代に成立したとされる戯の「季臣賛」では、義に篤い壮士だったと記されている。

なお、劉備役である演義の方が、五虎将軍の一人として黄忠の描写が多い。例えば・・・

という、正史にはいがおなじみのエピソードが満載であるためである。なお、正史では220年に病没しているのに対して、演義ではその2年後の夷陵の戦いに参加。の武将・馬忠に射られた傷が原因で死亡と、の名手としてはなんとも皮な結末であった。しかし、戦場々しく散って人生の幕切れを迎えた上に、関羽張飛でもなしえなかった君の劉備に看取られながら息を引き取ったその最期を見る限り、本人にとってはむしろ満足だったのかもしれない。


漫画・ゲームの黄忠


演義になぞり、ほとんどの作品がの使い手の老黄忠として登場する。


書物


横山光輝三国志」の黄忠にはどことなく嬌があり、横山三国志中盤の盛り上げ役に一役買っている。

関羽との一騎打ちでは情けを情けで返す人情の厚さを見せ、定軍山の戦いでは高齢であることを心配した諸葛亮を見返す為に厳顔と共に大いに活躍する。だが夷陵の戦いでは前述の通り、劉備に看取られながら息を引き取った。「蒼天航路」ではKYな感じであっさり夏侯淵っている。


ゲーム等


ゲームではの名手であった事を反映してか大体関連に特化したである事が多い。

KOEI三國志シリーズ

三國志5ではに関するが全武将中最多の5つも所持しており、範囲内すべてに射撃+味方への誤射し+着弾地点に火+撃たれたら火矢で反撃という要塞・MAP兵器っぷりを発揮した。
三國志9では高い熟練度から頻繁に狙撃カットインが入り、三國志11では攻撃では3位だが、「」という事実上彼専用の特技を持つため、事実上の1位と言っても差し支えない。
その性から「スナイパー」「MAP兵器」と呼ばれる事も。また11では若い黄忠グラフィックが登場し、ファンを驚かせた。

三国志大戦シリーズ

三国志大戦」では”老当益壮”が計略名のカードが登場し、この言葉は多くの三国志ファンに認知されている。
最新作では初代から続く"距離戦法"を引っ提げ再登場。老当益壮は残念ながら現在実装


関連動画



ジジイ大暴れ



■sm4310348[ニコ動]

■sm3959403[ニコ動]


ジジイ大暴れ?


■sm10557524[ニコ動]


関連商品


■az4480816062
■azB0035JNJA6


関連コミュニティ


黄忠に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/10/15 19:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ