ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


黒桐幹也


ヨミ: コクトウミキヤ
掲示板をミル!
90カキコ!

黒桐幹也とは、「空の境界」の登場人物である。
CV鈴村健一(幼少期:喜多村英梨)(劇場版)・伊藤健太郎ドラマCD


概要


奈須きのこ小説空の境界」の登場人物。
作中では高校生大学生、両方の姿が描かれている。これは物語の中で彼が進学をした為。
が、中退し、以後は蒼崎橙子工房アトリエでもある「伽の堂」で働いている。

見たはごくごくな、大人しいぶち眼鏡の好青年。最終章では、ある事情により片眼を隠すような形でを伸ばしている。

外見のみならず、中身まで普通の人なのだが、
物を探す」という点に関しては某バーローなるほどの手腕を発揮する。
その手腕たるや、わずか一日で玄皐月少年時代の事情を知る人物を日本に居たまま探し当てたりしており、雇いである子を然とさせた。である鮮からは「どういう人脈があるのだろう」と思われたりしている。
子はこのを高く買っているようで探偵になる事を勧められている。

高校時代の先輩である純里緒のおかげで物関連に対する知識も豊富。
後に純にはどえらいにあわされてしまうのだが・・・

・鮮の気持ちも幹也は式一筋の為か気付いていない。
というか気づいていたらそれはそれでアブナイ方向に話が進んでしまう気がする。

なお、外見は「月姫」の遠野志貴に似ている。(これは製作側が意図的に行ったこと)
また、劇場版の幹也の中の人アニメ版「月姫」における志中の人でもある
(当の本人は遠野志貴役の事を忘れていたようではあるが・・・)

「どこまでも普通で、よりも人を傷つけない」という変わった起の持ちであることが忘却録音における鮮回想シーンにより明かされた。

原作の忘却録音(黒桐鮮花回想シーン)では以下のように記されている。

泣くという行為は特別だ。それだけで周囲に大きな影をおよぼす。
だから――――この人は泣けないんだ。
どこまでも普通で、よりも他人を傷つけないという起をもつこの人は、たとえ自分がどんなに悲しくても、何かの為に涙する事さえできない。
泣いてしまえば、かの特別になってしまうから。

――――それはとでも解りあえるかわりに得た、にも気付いてもらえないっぽの孤独。

……この時。
わたしにとって、黒桐幹也は大切な人になった。
こんな自分なんかよりずっと大事な、絶対に失ってはいけないモノになったんだと思う。

                                                      空の境界「忘却録音」より引用

後に両儀式結婚し、一児の父親となっている。生まれてきたの女の子だったのだが、これがまた異様に可愛い
詳しくは未来福音を読むべし。
つまり彼はリア充であり々の敵である。


関連動画


 


■sm4282900[ニコ動]


関連立体



関連商品


■az406275892X
■az4062759209
■az4062759462


関連項目



最終更新日: 17/08/14 00:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ