ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


.59


ヨミ: テンゴク
掲示板をミル!
9カキコ!

『.59』とは、BEMANIシリーズに収録されている楽曲である。


概要


ジャンル CHILL OUT
アーティスト dj TAKA
BPM 123-135
譜面
難易度
beatmaniaIIDX Dance Dance Revolution
NORMAL HYPER ANOTHER BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
4 6 7 3 5 8 11 -
ダブル
(DP)
4 6 7 - 5 8 10 -

『.59』と書いて「テンゴク」と読む。初登場はbeatmaniaIIDX 2nd styleで、この曲も長い間、多くの人々にプレイされ続けている、古い楽曲のひとつである。

ゲーム的には、タテの連打にならないようなテクノというテーマの元に作成されたこの曲は硬質なリズムトラックの上を美しいピアノオルガンが舞い踊るかのように奏でられる、まさにタイトルのように壮厳な楽曲に仕上がっている。dj TAKAドイツ音楽史が凝縮されているとのこと。

IIDXでは、今となってはお染みのばら撒き譜面が特徴。が、当時はGRADIUSIC CYBER以外で同様の譜面は少なかったため、高難易度楽曲として多くの人々にプレイされてきた。長くに渡ってHYPER譜面段位認定初段に位置しており、現在でもHYPER譜面初心者登竜門曲としても親しまれている。ばら撒き譜面が標準となった今、初心者は是非この曲のHYPERしてほしい。ANOTHER譜面は縦連のリズムが変更され数も多くなっている。こちらも二段~三段の練習には最適であろう。

DPにおいても、EMPRESS以来初段ボスとして登場している。またREDになってからはDOUBLE ANOTHERが追加されており、こちらも分割されたばら撒き譜面となっている。譜面配置の復習にうってつけだろう。

なお、2rd Style当時と3rd Style以降ではANOTHER譜面や曲のアレンジが異なる。2nd Styleでは譜面が7KEYS(HYPER)と同じで、最後のサビ部分1カ所だけ音程が高くなっているというものだったが、3rd Styleになり曲が全体的にアレンジされ、譜面もそれに合わせたものに変更された。2nd Styleのサウンドトラックには変更前のアレンジが収録されているので、HYPER譜面を思い浮かべながら聴いてみるのもまた一

Dance Dance Revolutionでは4th Mixから移植されているので、こちらも較的古参プレイヤーから親しまれているだろう。こちらも譜面が特徴的で、SINGLEであれば縦連2連の連続(例:→→←←↑↑↓↓)と反復動作(例:→↑↓←→↑↓←)といった特徴的な8分踏みが待ち構えており、密度が低いこともあり、逆に踏みにくい人もいるかもしれない。DOUBLEは右から左へと渡るような譜面が特徴。この特徴はS・A・G・A()やTrim()の練習にもなるので、ぜひともこなせるようにしたいところである。苦手な人はMIRRORをつけてプレイしてみてはいかがだろうか。同様の練習譜面dazzle()もあるので、セットでやってみるのも面いだろう。また、DDR STRIKEにもこの曲のリミックスが収録されている。


.59 -BOOTH BOOST REMIX-


アーティスト IDEA+RHYTHM
BPM 145
  NOVICE ADVANCED EXHAUST
難易度 4 8 13
譜面制作 月刊ミズタニ 月刊ミズタニ 月刊ミズタニ
ジャケット制作 もとこ もとこ もとこ

『.59 -BOOTH BOOST REMIX-』は第1回 スピードアップコンテストにて投稿されて採用された一曲で、2012年8月3日より配信が開始された。リミックスを手がけたのはIDEA+RHYTHMニコニコ動画的にはHate氏と言った方が通じるだろう。だが、今回はHate名義の曲だと負のイメージが強く、曲によっては合わないだろうという考えから、今回はサイト名を名義にしたという経緯がある。その為、いつものHate氏の曲とは毛色が違っている。アップテンポジャズアレンジされており、譜面もそれを反映してか鍵盤がメインになっている。だが、EXHAUSTで見られる鍵盤とツマミの絡みは複雑なリズムもあいまってかなりごたえのあるものとなっている。鍵盤が苦手な人は要注意。


ロングバージョンについて


初期のベスト盤である『History of beatmaniaIIDX』にて、ボーナストラックとして『.59 (live) 』が収録されている。この曲に関してはdj TAKA単独名義ではなく、OutPhase名義である。TaQの手が加わったことで、楽曲のイメージがさらに広がりつつもフロアトラックとしても十分に耐えうる楽曲に生まれ変わっている。


関連動画



■nm8232155[ニコ動]

■sm18517773[ニコ動]
■nm8915915[ニコ動]
■sm17906562[ニコ動]


関連商品


■azB00005FAR5
■azB00005YWVA


関連項目



最終更新日: 16/04/05 16:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社