ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


054型ミサイルフリゲート


ヨミ: ゼロゴヨンガタミサイルフリゲート
掲示板をミル!
2カキコ!

 概要


 054型ミサイルフリゲートとは、人民解放軍軍が保有するフリゲートの艦級である。NATOコードネームはJiangkai-class frigate。日本語では、これを邦訳した江凱フリゲートの名で知られる。本項では発展、あるいは量産型である054A(江凱II)を中心に解説する。これは隻数の上で、発展である054A型のほうが圧倒的に多いからである。


実証級としての054型


 本級は従前の053H3から兵装はほぼ変わらないものの、船体は大化し、航洋性が高まった。また人民解放軍軍として、初めてステルス性が意識された設計となっている。ただし、建造が僅か2隻にとどまった。このことから054は054A型に繋がる実実験のための艦級として考えられている。


発展級としての054A型


 054べて、HQ-7(クロタル)ミサイルがVLS発射のHQ-16ミサイルに換装されていることから、対が向上している。HQ-16は短距離対空ミサイルであるHQ-7の射程を大幅に上回っている。またHQ-16ではから飛来する標や、ポップアップ対艦ミサイルに対する迎撃が重視されている。

 054が僅か2隻の建造数だったのに対し、054A型2016年までに22隻が就役している。また現在でも年間2隻程度のペースで就役が続いている。このため、今後しばらくの間、054中国フリゲートの中核をなすと考えられる。

 上記の大量建艦から、054A型は一定の成功を収めていると推測される。


課題


 これまで述べてきたように、054A型は一定の成功を収めた艦級である。しかしながら課題が存在しないわけではない。本級の問題点として摘されるのが対潜の低さである。

 まず、第一に水上戦闘艦としては、異例のオールディーゼル推進を採用しているため、騒音が煩く対潜戦に不安がある。ただし、オールディーゼルによって航洋性は安定しており、本級はしばしば海外派遣任務に投入されている。

 またこれは、本級固有の問題ではないのだが、搭載ヘリコプターの不足が摘されている。人民解放軍軍が保有する艦載対潜ヘリコプターは、2017年現在30機にも満たないとみられる。

 対潜の低さと、航空の規模の小ささは人民解放軍軍全般に摘される問題である。また、対潜ヘリコプターの不足という問題では両者は関連している。その問題が図らずも、というよりも必然的に本級にも現れてしまったと言えよう。


054A型の諸元表


満載排水量 3963トン
全長 134メートル
16メートル
5メートル
ディーゼル4機、2軸
28200
27ノット
兵装 対空ミサイル HQ-16 / VLS(32セル) 
対艦ミサイル YJ-83/ 4連装発射筒 2基
対潜ロケット 6連装対潜ロケット発射機 2基
魚雷     324mm3連装魚雷発射管 2基
      76mm単装 1基
CIWS     30mmCIWS 2基
  
搭載機 Ka-28ヘリコプター1機

上の諸元は世界の艦船2017年03月48から取った。また日本周辺軍事兵器では、多少異なる情報を紹介している。例えば、満載排水量が約4,000~4,500t近く、アデン湾派遣時には 89式12.7mm重機関銃が数基増設されたと言う。


出典


世界の艦船 2017年 03 号』海人

『054A型フリゲート』 日本周辺軍事兵器http://seesaawiki.jp/w/namacha2/d/054A%B7%BF%A5%D5%A5%EA%A5%B2%A5%A4%A5%C8%A1%CA%A5%B8%A5%E3%A5%F3%A5%AB%A5%A4II%B7%BF/%B9%BE%B3%AEII%B7%BF%A1%CB

2017年7月2日最終閲覧


最終更新日: 17/07/03 00:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ