ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


115系


ヨミ: ヒャクジュウゴケイ
掲示板をミル!
66カキコ!

115系とは、旧国鉄が開発した直流近郊形電車である。


概要


 1960年代、山岳地帯を走る幹線用に新電車を導入する事となったが、それまで使用されていた111系ではモーターの出が不足する事から、モーターの出20増強して抑速ブレーキを装備した115系を開発した。急行電車165系とは同期である。

 同時期に出た113系との決定的な違いはその装備にある。温暖で坦な地域を走る事を前提に作られた113系と違い、115系は寒冷地でなおかつ勾配の多い山岳地帯を走ることを前提としている為、基本的なパーツ類は113系と共通仕様としながらも、抑速ブレーキや耐寒耐構造等の装備が強化されている。

 国鉄時代は上信越地方を始め、北関東幹線身延線山陽本線広島地区等に配備された。

 113系と同様、量産された数も2000両近くと非常に多い為、年度や配備された地域によって様々な区分番台が存在する。基本番台を始め、耐寒耐構造を更に強化した1000番台、二117系とよく似た構造を持つ3000番台や、0番台の中で部分低屋根構造を持つモハ114 800番台といった特殊な車両も存在する。

 種も、地方路線への配備が多かった事から、クモハが存在し、短編成が組めるようになっていた。また、需要の低い路線への配備が多かった為、同形式にはサロが存在しない。

 民営化後はJR東日本JR東海JR西日本へ継承された。113系べて装備が充実しており、汎用性が高いことから2009年4月時点で900両以上が残っていた。JR東海では既に全となっているものの、新潟・福知山・岡山・下関地区では現在も活躍中。山陽本線では岡山~下関間の長距離列車にも使用された実績がある。

 しかし、JR東日本の115系のうち新潟車両センター所属に関しては、2014年度からE129系に順次置き換えられている。また広島地区でも227系が大量導入され、三原〜岩間、呉線可部線からは2019年3月をもって115系が撤退した。広島地区から追い出された体質で周辺の体質善未施工などを置き換える玉突き転配や、一部車両が進められている。

 また、伊豆急行に買い取られた物(200系済み)や、しなの鉄道に譲渡された物もある。


バリエーション



0番台


1963年に登場した基本番台で、登場時は東北本線高崎線に配備された。側面のが丸い非ユニットで、ヘッドライトはデカと呼ばれる大白熱灯を採用している。当初は非冷房であったが、1975年から冷房化改造が実施された。

モハ114にはパンタグラフ部分の屋根を低くした800番台が存在し、小断面トンネルがある中央線で活躍していた。一部は東北線にも投入された。

一部はヘッドライトシールドビームにする改造も実施された。基本的にはライトごと取り替えているが、中にはデカ活用した「チクビーム」と呼ばれる改造を受けた車両も存在する。

2018年11月、下関に先頭化改造600番台として残っていた最後の1両が引退し、番台区分消滅となった。


300番台


防災対策が施された新製冷房。1973~1977年の製造。側面ののついたユニットとなり、ヘッドライトも小シールドビームに変更された。集中的にロングシート改造を受けたり、方向転換の対がら外されたりと、115系の中では独自性が強く、形式・番号の変更を伴う改造も極めて少ない。

日本各地では既に引退している。2018年4月現在岡山地区で活躍中。


1000番台


寒地対策を強化したシートピッチ拡大。このグループからは体側面の割りが変わったほか、編成中の便所数が削減されている。地方線区向けに一部は冷房装置を搭載せずに投入されたが、JR移行後に全冷房化を了した。

の多い上越線信越本線に投入されたほか、1982年に電化された伯備線向けにも配備された。2018年10月現在しなの鉄道を含む115系の車両基地全てに在籍する。


2000番台


1000番台から耐寒装備を簡略化したタイプで、広島地区と身延線に投入されている。長編成での投入がなかったことや、将来転用時の柔軟性を考慮してか、付随は製造されなかった。

広島地区では1978年から2019年まで、40年にわたって山陽本線とその周辺線区で車両として活躍した。2009年までに全編成が体質40N・30N工事を受けている。

1981年からは身延線にも投入された。同線のトンネルの高さが低いため、モハ114は低屋根の2600番台となっている。このグループのクハの一部は新潟へと転属した。塗装は沿線で取れるぶどうイメージしたワインレッド富士山イメージした帯の地域カラーを採用したことが特徴である。

JR東海では2007年までに運行を終了し、新潟に移ったクハも2016年までに引退した。下関配置の車両2019年3月正で運用が岩〜下関間となった。


3000番台


1982年から1984年にかけて広島地区に導入された、2グループである。他の115系と同じ前面スタイルであるが、側面は117系そっくりの2で、座席も転換クロスシートを採用している。全JR西日本へ引き継がれたほか、117系の中間電動改造編入した3500番台も登場している。

ベージュに帯という瀬戸内色の塗装を採用したのは、この115系3000番台が最初である。民営化後には広島快速色と呼ばれる新塗装に塗り替えられたが、体質30N工事を行った際に消滅した。単色化計画により黄色1色(末期色)への塗替えが始まり、その第1号は本番台の編成であった。その後も順次塗装変更が実施されている。2018年4月現在山陽本線の岩〜下関間で運行中。


形式と車両番号



次へ»
最終更新日: 19/03/18 00:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ