ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


117系


ヨミ: ヒャクジュウナナケイ
掲示板をミル!
22カキコ!

 117系とは、旧国鉄が開発した直流近郊形電車である。


概要


国鉄 117系電車 サンライナー
117系電車 快速サンライナー
117 Series "Sunliner"

 1970年代京阪神地区では新快速列車153系を使用していいたが、製造初年が1958年とかなり古いことと、最高速度が近郊電車より10km/h高い110km/hである点以外は後に開発された113系よりも走行性は悪い、元々優等列車用であるためデッキがあり乗降性が悪いなど、競合する私鉄の優等列車に使用される車両べると見劣りする点が多かった為、これに変わる新車両が必要であった。

 これらの問題を解消すべく、1979年に登場したのが117系である。車両は2ではあるが両開きドアデッキのない構造となっており、内の座席には転換クロスシートを採用、競合他社の優等列車に見劣りしないだけの設備を備えるようにした。しかし、モーター113系でも使用されているMT54系列、歯車起動加速度113系とほぼ同じで最高速度も110km/h止まりと、競合他社の車両べて決して優位な車両ではなかった(後に一部の車両最高速115km/hに引き上げられた)。

 ただし、国鉄車両としては悪い物ではなく、京阪神新快速に投入された後も、同じように競合私鉄との問題を抱えていた東海道線地区の快速列車に投入された。

 本形式で採用された機器類や車両構造、内設備は、後に誕生した185系115系3000番台213系といった車両に大きな影を与えた。また、転換クロスシートに関しては、後継の新快速車両である221系223系、同じく中地区の311系313系にも継承されている。

 民営化後はJR東海JR西日本の二社に継承され、その後も暫くは新快速を中心に運用についていたが、現在では京阪神地区での新快速運用から撤退しており、同地区の他線での快速運用や、中国地方山陽本線普通快速列車などに使用されている。中地区では、普通列車の運用が中心だが、ラッシュ時には新快速の運用に入る事もあった(2008年3月15日ダイヤ正で平日に117系新快速が復活)。その後同地区では313系の増備に伴いが進み、2013年3月16日ダイヤ正で定期運用から引退、後述のトレイン117も同年8月回送された。


改造



JR東海において


混雑対策のためか、端部のシートロングシート改造した車両がある(番なし)。すでに全引退しており、このうちS1編成については1両減国鉄色への塗装変更の後リニア・鉄道館に展示されている。

トレイン117

元々は飯田線イベント列車「そよかぜトレイン117」用に改造した車両大垣車両区のS9編成を種とし、2号(モハ116)のを走行中でも開け放てるように柵を設置、これまでの座席を撤去して側向きに木製ベンチを設置した。1、3~4号は座席3列のうちのん中の座席を撤去し、大テーブルを設置した。

ATS-PTの関係により先頭がPT対応の車両に差し替えられた(但し編成番号の変更はなし)。

飯田線だけではなく、各地のイベント列車として走っていた。


JR西日本において


混雑対策のため、付近の座席(中央側)をロングシートに変更した車両がある。こちらは300番台番されている。
また、ワンマン運転に対応させるための工事が行われた編成もある(番なし)。

一部の余剰は、115系3500番台改造された。

なお、現在は単色化が進行しており、黄色岡山)、緑色京都)、水色和歌山)の編成が出場している。そして黄色になった117系をKATO何故か製品化していたりする。

中国地区では2015年に下関のうち100番台の4両3本が岡山電車区に転属し、玉突きで0番台3本がされた。また、残る300番台2本については新在出の0番台2本とモハユニットを差し替えている。残りの車両の処遇は不明だが、されるものと思われる。

和歌山地区では227系1000番台の投入に伴い2019年3月ダイヤ正をもって運用を離脱した。このままとなる見込み。

廉価版クルーズトレインへの改造(名称未定)

かねてから「トワイライトエクスプレス瑞風」と対になる、廉価版のカジュアルクルーズトレイン導入を匂わせてきたJR西日本であったが、2020年までに117系6両編成1本を改造の上導入することが2017年6月20日に発表された。
当初の発表では車両構成は個室寝台のみの「瑞風」とは異なり座席が中心で、従来のジョイフルトレインに近い様相であるが、グリーン座席やグリーン個室は種の座席の2倍に当たる1,820mmの室内幅またはシートピッチを確保し、普通車にもフルフラットシートカーを1両設けるなど、行・夜行両方に対応した車両構成となるものと報じられていた。2018年5月の続報では設計が大きく変わり、グリーン席は個室・座席とも寝台車へ転換できる構造となったほか、ノビノビ座席の拡大、女性専用車両を設けるなど、より夜行向きの車両とされることが明らかになった。
についても、1乗につき数十万円かかる高級クルーズトレインとは異なり、最安値で運賃+定席料程度から、高くても個室寝台並みの値段までに抑えられる見込みである。
車両構成については検討中のため、今後変更が加えられる可性があります。)


関連動画


 ニコニコ動画においては、車窓動画走行音動画が多い。 


■sm5096654[ニコ動]

■sm4678690[ニコ動]

■sm9663077[ニコ動]
■sm24516151[ニコ動]


関連商品


 ■azB0003JTC5W
■azB0003JTC66
■azB001GFBQ56
■azB004WB6CKA


関連項目



最終更新日: 19/03/30 20:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ