ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


164


ヨミ: イチロクヨン
掲示板をミル!
213カキコ!

164とは、以下のことをす。

  1. 自然数の一つ。また、整数において163より大きく165より小さい数である。
  2. VOCALOIDを使用した作詞作曲・楽曲動画投稿者(P)の一人。

本項では、2.について記述する。

概要

10周年おめでとう!

3月10日生まれ。2014年3月10日30歳を迎えた。

203soundworks」という名義を用いて活動している。「203」は氏の使用するVOCALOID初音ミクの「39(ミク)」と自らの「164」を足した数字(16439203)から来ている。当初は氏個人の活動名義としての意味合いであったが、現在は氏を中心に集う人々からなるサークルとしての意味合い、または参加者を表すものとなっている。

使用VOCALOID初音ミク鏡音リン・レンメグッポイドVY1がくっぽいど巡音ルカMAYU、v_flowerONE。使用DAWSinger Song Writer(シンガーソングライター)[外部]Cubase(キューベース)。エモーショナルなロックを中心とした楽曲制作を行っている。
ニコニコ動画への初投稿作は2008年9月28日「shiningray」[動]。調技術の高さに定評があり、「神調教タグが付けられることが多い。 楽曲中のギター(レスポール!)は自身が弾いており、高度なテクニックに裏付けされた熱いプレイが特徴。歌い手MIXなども手掛けている。

2009年12月16日に初のメジャーアルバムEXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF 164 from 203soundworks feat.初音ミク」が発売。オリコンウィークリーチャートで初登場39位(ミク!)を記録。

2011年3月2日に、新曲を含む全15曲+1からなる2ndアルバム「MEMORY」が発売。ボーカルはすべて初音ミクで、発表済み作品もボーカルを全曲ミクでリテイクしている。ジャケットイラストは前作に引き続き鳥越タクミ氏、アートワーク写真撮影は@まさたかP氏、3DキャラクターのモデリングLat氏が担当している。クロスフェードデモこちら[動]

2012年3月7日3rd Albumとなる「THEORY」を発売(クロスフェードこちら[動])。本アルバムボーカルとしてGUMIをフィーチャリング。ジャケットイラストはお染みの鳥越タクミ氏。ミリオン再生のメガヒットとなった「天ノ弱」を初めとする氏のヒット曲に加え、書き下ろしの新曲、PEIMメンバーでもある歌い手エスペイ氏とのコラボレーション曲も収録されている。

PEIM」(ぽぺこエスペイ164)というバンドを結成し、バンドとしての演奏してみた動画(【PEIM】Calc.【演奏してみた】[動])に続き、2011年7月12日オリジナル曲「REROAD」[動]を発表(作詞:エスペイ作曲:164)。

2013年9月4日ソロ4作となるアルバムBLURRY」が発売。ジャケットイラスト鳥越タクミ氏。クロスフェード動画こちら[動]

2014年7月16日、約6年間の活動の集大成となるベストアルバムTHIS IS VOCAROCK」が発売。氏のヒット曲・思い入れのある曲をゲストを迎えての生演奏によりリテイク。ジャケットイラストタッグ鳥越タクミ氏。クロスフェードこちら[動]

その後、2015年10月には氏へのトリビュートアルバム「TRIBUTE TO 164」が発売、2017年1月18日には通算7枚となるアルバムSevenly」をリリース2017年4月には初のソロライブを開催。

そして2018年9月28日164としての活動10周年を迎えた。おめでとう164! 2018年12月5日には通算8枚となるメジャーアルバム「Ⅰ (イチロクヨン)」が発売(クロスフェードこちら[動])。ますますの活躍が期待される。

楽曲提供・作品への参加

2010年7月7日に発売された歌い手ルシュカメジャーデビューアルバムBirth and Foster」、2010年12月31日発売の歌い手nekoファーストアルバム「Trapped in her eyes」への楽曲提供を行っている。さらに2011年1月放送のVOCALOID専門TV番組「VocaloidRevolution」のED曲「CUL makes Revolution![動]」(作詞: ヒロトPMMDモデル制作: LatPV: @まさたかP)の作曲も担当。疾走感溢れるギターロックを聴かせてくれる。本曲は氏初VY1曲でもある。

2011年4月28日発売のPSPゲーム「最後の約束の物語」[外部]題歌「The Last Promise」の作詞編曲を担当(歌・作詞ルシュカ)。

2011年4月発売のDaisy×Daisy「Evidence」[動](作詞作曲: 40mP)でギター演奏している。同じくDaisy×Daisy2011年10月19日発売の「永遠のキズナ」に収録されている「ナイトメア」[動]では、40mPとのコラボレーションユニットである1640mPとして、作詞アレンジを担当。

2011年7月8日にnanba44とのコラボ「ツユメロ」[動]を発表(作詞作曲:164ボーカル:nanba44)。とあるのことを歌ったロックバラード可愛いPVmeisaの作によるもの。2011年9月14日Mayumi MorinagaニューシングルEXTRA Whipping Cream」に収録の「ビフォーアフター」[動]を発表。

2012年3月12日beatmaniaⅡDX収録のボス曲」のリミキサーとして「SOUND VOLTEX」に参加。音楽ゲームとしては初参加になった。

その後もアニメキャラクターソング提供など、活躍のフィールドを広げている。今後の更なる活躍が期待される。

最新動画

狂者の行進 (2019年5月3日)


■sm35055978[ニコ動]


164サウンド満載のロックチューン。そしてGUMI調教っぷりたるや!

発表楽曲一覧

2008年発表作品

shiningray[動] (2008年9月28日)

[画像][動] エンコードによる音質の劣化にも関わらず、一歌ってみた動画と勘違いさせるような調技術の高さに注が集まり、さっそく「期待の新人タグが付けられるやいなや、一日経たずに2万再生、「日刊VOCALOIDランキング#231」第1位獲得という手なデビューを飾る。同日、投稿者名である「164」をタグロック。また「164(イチロクヨン)と呼び捨てしてかまいません」とも明言。2008年9月30日、「週刊VOCALOIDランキング#52」において初登場第2位を獲得。その後も勢いは止まらず、同10月6日には10万再生を突破、VOCALOID殿堂入りタグがつけられることとなった。さらに2009年2月20日には20万再生を達成した。
一連のVOCALOID楽曲のカラオケ化推進の動きに合わせ、2008年10月31日にはJOYSOUNDで「shiningray」のカラオケ投票が開始。12月1日投票開始から一ヶというハイスピードで10万票を獲得し、カラオケ化が決定。2009年3月7日から配信されている。
→動画記事

unused impulse[動] (2008年11月5日)

[画像][動] 初版投稿11月5日。しかし「ボーカルが聞き辛い」との摘により、翌11月6日にはバランスを再調整した修正版が投稿された。今回も再生数・マイリスト登録数とも好調に伸び、同日の「日刊VOCALOIDランキング#271」では第3位を獲得した。
(尚、既に削除された修正前ver.は「日刊VOCALOIDランキング#270」にて第8位を獲得していた。)
→動画記事

sleeping beauty[動] (2008年12月4日)

[画像][動] 鳥越タクミ氏のイラストに曲を付けたメロディック・ハードコア調のバラード投稿翌日の「日刊VOCALOIDランキング#299」で第3位、週刊VOCALOIDランキング#62では初登場13位を獲得した。
→動画記事

2009年発表作品


次へ»
最終更新日: 19/05/03 23:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社