ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


2014年東京都知事選挙


ヨミ: ニセンジュウヨネントウキョウトチジセンキョ
掲示板をミル!
309カキコ!

当記事では、2014年2月9日に執行された東京都知事選挙について述べる。


概要


医療法人グループからの収賄疑惑で猪瀬直樹前都知事が辞任したことを受けて行われた選挙である。瀬が1年、瀬の前任の石原慎太郎が4期当選から1年半といずれも短期間で辞任しているため、過去3年間で3度の都知事選となった。

告示日は1月23日、投開票日は2月9日小笠原諸島のみ2月8日)。期日前投票1月24日から2月8日まで。ネット選挙解禁後初の都知事選ということもあり、各営のインターネット活用方法にも注が集まった。

巨大与党の支援を受ける舛添要一元厚労相を軸に、都議選・参院選と好調な共産党を筆頭とする左の結集で辱を狙う宇都宮健児元日弁連会長小泉純一郎首相とのタッグで「脱原発」の争点化による層への訴細川護熙首相、旧太陽の党維新政党・新風などの支援背景中道寄りで除名経験のある添を忌避する自民層の切り崩しを図る田母神俊雄航空幕僚長の3補が争う展開となった。

選挙の結果、分厚い自民明支持層の大半を固め切った添が大差で当選を果たした。当初有な対抗とみなされていた細川は中間層・層への浸透に失敗し失速、予想外にこれらの層に喰い込んだ宇都宮の後を拝した。田母神は右ネットユーザーを中心とする圧倒的なネット応援キャンペーンの後押しを受け、右的な若年男性層からの得票では善戦したものの、それ以外の層への広がりを欠き4位に終わった。

その他の補の中ではドクター・中マック赤坂と言ったお染みの面々が得票を落とす中、初挑戦の一真が約9万票を獲得する健闘を見せた。3年間で3度選挙自体に新鮮味が欠けるうえ、前日までのの影もあって投票率は46.14%に留まり、都知事選史上3番に低い数字となった。


立候補者一覧


補を届け出た補者は以下の16名(並びは届け出順、年齢は立補当時のもの。太字大百科に記事のある人物)。19名が出した1999年に次いで2番に立補者数の多い都知事選となった。

補者名 年齢 経歴 支持党
(上段:政党政治団体 下段:政治家個人)
備考
ひめじけんじ
関口
61 建物管理会社社長
航空自衛官
宇都宮健児 67 弁護士
元日弁連会長
共産党 社民党 新社会党 緑の党
 
前回2位968,960票)
ドクター・中
(中義郎)
85 発明 前回5位(129,406票)
田母神俊雄 65 軍事評論家
航空幕僚長
維新政党・新風
石原慎太郎維新)ほか旧太陽の党所属議員
鈴木達夫 73 弁護士
NHK職員
革命共産主義者同盟全委員会(中核派
 
中川 55 設計事務所代表
元文部職員
舛添要一 65 元厚労相
参議院議員(2期)
自民党 公明党 新党改革 連合(労働組合
渡辺喜美(みんな)
細川護熙 76 首相
衆議院議員(2期)
参議院議員(3期)
熊本県知事(2期)
民主党 結いの党 生活の党
小泉純一郎自民松野頼久(維新
マック赤坂
(戸並
65 政治団体代表
貿易会社社長
スマイル
 
前回8位(38,855票)
一真 35 起業
内藤久遠 56 派遣社員
陸上自衛官
金子 84 ホテル運営会社社長
五十嵐政一 82 社団法人理事長
コンサルタント会社社長
前回9位(36,114票)
向英一 64 瀬戸市職員
松山 72 警備員
根上 64 政治団体代表
中野区職員

 

日本維新の会の非太陽系営(いわゆる大阪橋下)は自投票としたものの、松野頼久国会議員団幹事長が細川支持を明言し【都知事選】細川氏、14日にも小泉氏と会談 - MSN産経ニュース[外部]、党幹事長の松井一郎大阪府知事も「本音では細川」と漏らすなど「脱原発の細川氏に頑張ってほしいが…石原御大に怒られる」維新・松井幹事長が本音吐露 - MSN産経west[外部]細川を後押ししようとする動きも見られた。

一方みんなの党は党是である脱原発を訴える細川を推さずに自投票としつつ、細川首相時代の借入問題を追及する構えを見せた【都知事選】細川氏は「佐川の資金問題」説明を 渡辺みんな代表、「争点は『政治とカネ』」 - MSN産経ニュース[外部]。なお同党の渡辺代表は個人的な見解は添支持に近いとしている時事ドットコム:みんな、都知事選は自主投票[外部]。さらに民主党の支持体である連合は、東電労組など原発推進労組の圧もあり脱原発色の薄い添支持に転じた連合東京が舛添氏支援へ 都知事選、民主都連と一線  :日本経済新聞[外部]

都議会に3人、都内の区議会に約50人の議員を擁する東京・生活者ネットワークは、「脱原発を掲げる補を応援する」としつつも、宇都宮を支持した前回とは異なり細川宇都宮いずれの脱原発補を支持するかは明言せず、自投票とした東京都知事選挙について | 東京・生活者ネットワーク[外部]。ただし都議3人は独自に細川支援を表明した都知事選:都議会ネット、細川氏を支援 /東京 - 毎日新聞[外部]

なお瀬知事への辞任圧が強まりつつあった2013年12月に突如として衆議院議員を辞職した東国原英夫も、2011年の都知事選で約170万票を獲得した実績があったことから有補とみなされており、実際に面下で約作成などの準備を進めていたものの、1月中旬になって出を正式に断念した東国原氏、都知事選出馬見送り…周囲に意向 : 地方選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)[外部]


選挙結果


順位 補者名 得票数 得票率 順位 補者名 得票数 得票率
1 舛添要一 2,112,979 43.4% 9 中川 4,352 0.1%
2 宇都宮健児 982,594 20.2% 10 五十嵐政一 3,911 0.1%
3 細川護熙 956,063 19.6% 11 姫路けんじ 3,727 0.1%
4 田母神俊雄 610,865 12.5% 12 内藤久遠 3,575 0.1%
5 一真 88,936 1.8% 13 金子 3,398 0.1%
6 ドクター・中 64,774 1.3% 14 松山 2,968 0.1%
7 マック赤坂 15,070 0.3% 15 根上 1,904 0.0%
8 鈴木達夫 12,684 0.3% 16 向英一 1,297 0.0%

当選者は背景色を赤色、供託を回収した補者(得票率10%以上)は背景色を青色で表している。


出口調査などから見た各候補の支持分布


舛添要一

高支持率を維持する自民党と都内に100万近い基礎票を持つとされる公明党の支持層をがっちりと固め、さらに普段は民主党を支持している東電労組を始めとする労組票の一部も確保するなど支持を広げた。中道寄りで明・民主支持層に喰い込みやすいスタンスだったことも影していると見られる。層からの支持率もトップであり、仮に高投票率であったとしても圧勝は揺るがなかった可性が高い。

年代別・男女別で見ても全区分で支持率トップとなった。ただ年代別では明確な老高若低の傾向が見られた。女性問題がネックとされることの多い添だが、女性からの支持率も高準を保った。今回の選挙でも女性問題が特に玉に挙げられたが、その多くは十数年も前から何度も取り上げられた昔の愛人たちや既知の隠し子に関するものが大半を占め、新たな愛人や隠し子を暴露するものではなかったため、やや新鮮味を欠いたきらいもあった。

ネット上では田母神を支持する右ネットユーザーが中心となって繰り広げたネガティブ・キャンペーンの最重点対となった。既存メディアが報じる女性問題や銭問題に加え、在日認定や夫人の創価学会認定自民党東京都BBS炎上など様々な攻撃にされたが、大勢に影を与えるには至らなかった。

宇都宮健児

前回と異なり支持基盤が左のみとなったため供託没収の惨敗も予想されたが、共社支持層の大半を固めたのみならず、層からも添に次ぐ支持を集めるなど、意外な善戦ぶりを演じた。中道営の乗らない純補の得票としては80年代以来の高準であり、敗れはしたものの一定の意地は見せた形となった。

年代別の支持率では要4補中もっとも偏りが少なく、老若問わず概ね20%前後の支持に収まった。男女別では女性からの支持の方がやや多かった。政策別で見ると、エネルギー政策よりは雇用や福に関心を持つ有権者からの支持が高くなる傾向が見られた。

細川護熙

連合の離反がいて最大の支持基盤となるはずだった民主支持層の約4割しか固められず、さらに当てにしていた層からの得票でも宇都宮に後れを取るなど苦戦を強いられた。また脱原発の票も宇都宮はもちろんのこと、表向きは脱原発に賛同する添にもある程度流れており、争点化・差別化に失敗したことがえる。

年代別では添以上に老高若低の傾向が見られ、特に20代では要4補中最下位に落ち込んだ。若い世代はそもそも政治家時代の細川を基本的に知らないため、知名度ブーストが働く余地がなかったと言える。男女別では大きな差は見られなかった。

政策関心別で見ると、エネルギー問題を挙げた有権者の票は較的多く集められたものの、他の分野を挙げた有権者からの支持は総じて低調であり、シングルイシュー選挙限界を示す結果となった。

田母神俊雄

中道寄りの添を忌避する自民支持層の一部と維新支持層の一部(石原・旧太陽)を喰い取ったものの、層からの支持率は宇都宮細川にも大差を付けられており、総じて右層以外への浸透を欠いた。

田母神自身は都政レベル災害対策や雇用問題を積極的に訴えるなど「マッチョ」としてのイメージを緩和しようと試みた節があり、実際雇用問題に関心のある有権者からの支持率は細川を上回り、宇都宮と競り合うほどだった。だがネット内外の応援者や選対はむしろ歴史認識や国家観、外交防衛問題などイデオロギー的テーマをより大きく取り上げて田母神を賛美する傾向が見られ、ややちぐはぐな対応となった。


次へ»
最終更新日: 16/07/16 07:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社