ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


23-10


ヨミ: ニジュウサンタイジュウ
掲示板をミル!
62カキコ!

23-10とは、以下のことを

  1. 引き算。答えは13。
  2. 2019年日本シリーズスコアである。23-10事件。本稿で解説。

概要


2019年日本シリーズは、セ・リーグリーグ優勝し、DeNAを破りCSを勝ち上がってきた阪神を破った読売ジャイアンツと、パ・リーグはペナントでは二位に終わるもCS楽天西武を破ったソフトバンクホークスで行われることになった。

この組み合わせは2000年日本シリーズ以来の組み合わせであり、当時は巨人長嶋茂雄ダイエーソフトバンクの前の親会社。当時)は王貞治監督で「ON対決」と言われた。また、西暦2000年という節に行われたため、2000年に行う日本シリーズとしてふさわしい大物対決として注された。(結果は巨人の勝ち)

今回は令和初の日本シリーズであり、どちらも満球団強いチームとして一般には認識されるチーム同士の対決として、注を浴びた。


第一戦


行われたのはヤフオクドーム巨人は2回、この年限りでの現役引退を表明した阿部慎之助ホームランを放ち、先制に成功する。しかし、すぐさまソフトバンクグラシアルが逆転の2ランホームランを放つ。さらにその後は中村晃犠飛などで追加点を挙げ、7回には松田二塁打から一挙4点を挙げるビックイニングを放つ。最終回巨人大城ホームランを打つも焼け石に。初戦はソフトバンクが7-2で勝利した。

とはいえ、この試合は大きなエラーもなく、7回までは割と接戦だったのでこの後もいい試合をすると思われていた・・・


第二戦


ソフトバンク先発高橋礼巨人メルセデス。この二人が素晴らしいピッチングを見せどちらも5回裏2死までノーヒットという投手戦を見せる。その後も7回表まではどちらのチーム得点できなかった。しかし7回裏、先頭打者デスパイネの普通のゴロを守備固めとして出てきた山本泰寛が後逸し、出塁を許すとその後巨人リリーフ大竹が崩れこの回3失点。8回も柳田福田ホームランで3点を追加。巨人最終回ソフトバンク高橋純平乱調に乗じて3点を返すも反撃はここまで。6-3でソフトバンク勝利

この時点での成績ソフトバンク2勝巨人0勝。スコア13-5。


第三戦


舞台東京ドームに移しての第三戦。巨人ホームでありソフトバンクDHが使えないこともあってさすが今日巨人が勝つだろう・・・そう思われた。

試合は3回まではそれぞれ2点ずつを取り合う接戦であったが、4回に巨人高卒1年ルーキーの戸郷をマウンドに送る。戸郷は打者チック内川ヒットを打たれ出塁を許すと去年甲斐キャノンで沸かせた甲斐死球をぶつけてしまいピンチを招く。これで動揺したのかソフトバンク投手ハンデバーグのバントを悪送球。ここから崩れ一挙に4点を失ってしまい試合が決してしまった。さらに9回には阿部の代走増田が3塁を欲って走塁死し攻撃にもミスが出る。こうしていいところがないまま6-2で終戦

この時点での成績はソフトバンクが3勝。巨人は0勝。スコア19-7。

なお、この時、平成最初となった1989年日本シリーズの「巨人ロッテより弱い」発言に発奮して巨人が3連敗からの4連勝で日本一になったことを踏まえて、ネット上では89年と似たような展開になっていたことから、巨人ファンは逆転の日本一を願い永遠のライバルである阪神御用達のデイリースポーツでもネタにした。


第四戦


さすが今日は・・・今日こそは勝つだろう・・・。

巨人菅野ソフトバンク和田先発巨人は体調が万全ではない菅野グラシアルに3ランを打たれ、打線和田の前に得点。しかし6回にスアレスを攻めて岡本が2ランを放ち1点差になる。これならまだわからないぞ・・・。しかし、7回に巨人は再び山本ミスで1点を失い点差が開き、その後はソフトバンク甲斐野がそのまま打席に入るなど舐めプともとれる采配をするもその甲斐野が記録にはならないエラー・・・もとい内野安打で出塁するなど守備のまずさが立ち、この安打はチクゲにより事なきを得るもこのエラーの1点が決勝点になる。7回にはここまで0安打だった丸のタイムリーで1点返すも9回2アウト、最後は坂本三振に倒れ終戦。こうして10月23日に総スコア23-10で4連敗を喫し、2005年33-4以来となる4タテを記録した。

・・・こうして、令和初の日本シリーズガッカリ日本シリーズとして記憶されることになった。


達成した主な成績



影響



関連リンク



関連項目



最終更新日: 20/11/25 22:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ