ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


287系


ヨミ: ニイハチナナケイ
掲示板をミル!
22カキコ!

287系とは、JR西日本が開発・投入する新特急車両である。


概要


2009年現在大阪京都と山陰を結ぶ特急「北近畿」「きのさき」などには485系から交流機器を取り除いた183系(※一部は交流機器の使用停止に留めている)が使用されており、2009年現在20編成86両が在籍している。
が、この車両群は1970年代に製造されており老朽化が進んでいる事や2005年福知山線脱線事故を受けてカーブにおける速度を制御する装置が義務化される事となった為、新車両の開発・投入が2009年7月に発表された。

この車両683系4000番台サンダーバード」のコンセプトを踏襲しつつ現行の183系「北近畿」などでも染みのある暖色系のラインカラーを採用した他、683系4000番台ベースとした設計・客室設備となり、先頭は貫通となる。
また、安全性にも考慮しており、新快速に投入される225系と同様に体の構造強化も行われる。


投入線区・編成と183系・381系


老朽化した183系を置き換える同大阪京都城崎温泉立・東舞間の特急に投入される事となる。編成は4両編成7本と3両編成6本の計46両を投入している。

運用開始は2011年3月12日で同投入に伴い現行の183系のうちA編成・C編成とピンチヒッターとして投入されたBB編成は吹田工場にて順次されているが、B編成40両は福知山所属の287系では置き換えられず継続して運用された。
なお、287系の投入に伴い「北近畿」は「こうのとり」に称される事が2010年10月20日明らかになった他、列車名称も整理されている。
※但し、ダイヤ正時点では一部編成が間に合わない為5月末までは国鉄色381系C編成(日根野から貸し出し)が代走し(但し、振り子機構は停止)、6月1日からは381系代走分も287系にて運転されている。

また、2010年11月17日の会見において381系が使用されている「くろしお」にも投入される事が明らかにされた。当初は2012年7月以降の運用開始予定であったが2012年3月17日ダイヤ正から投入され、最終的には51両(6両6本・3両5本)が投入されている。ラインカラーには283系381系でも採用されている「オーシャングリーン」が使用されている(なお、方向幕には「オーシャンアロー」も入っている)。
この287系「くろしお」で余剰となった381系国鉄色へ変更された上で福知山に残る183系B編成を置き換えた(この381系は後に289系により置き換えられた)。

なお、「こうのとり」用287系は新大阪駅到着後に向日町の吹田総合車両所京都支所まで回送される。このため、東海道本線JR京都線)にて遅れが生じると遅れが発生する。


「287系」データ



配置状況(2016年4月現在)


吹田総合車両所日根野支所(近ヒネ)/51両/くろしお

福知山電車区(福フチ)/46両/こうのとり・きのさき・まいづる・はしだて


関連動画



■sm14557067[ニコ動]


関連コミュニティ


■co102676
■co140963


関連項目



最終更新日: 16/08/16 18:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ