ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


2cm FlaK


ヨミ: ニセンチフラック
掲示板をミル!
8カキコ!

2cm FlaKとは、第二次世界大戦中にドイツ軍が開発・運用した高射機関で、8.8cm FlaKや3.7cm FlaKと並ぶドイツ軍における防の要である。


開発


「高射機関」と呼ばれるジャンル兵器は、低の標的をとらえにくい高射砲の弱点をカバーしつつ機関銃よりも大口径で威があるもの、という両者の中間に存在するものとして各で開発されていた。そのうちで有名なもののひとつが、ドイツの2cm FlaKである。

は最初からドイツが作り出したものではない。というのも、第一次世界大戦での敗戦によるヴェルサイユ条約の影で独自開発が禁じられていたのである。そこで、その影を回避すべく火メーカーの1つであるラインメタル社がスイスの火メーカーであるゾロターン社を子会社化し開発をさせた。

開発の元となった兵器は「S18/1100」と呼ばれる口径20mmのセミオート対戦車ライフルだが、大かつ構造が複雑で高価であることからイタリア軍などごく一部でしか使われなかった。しかしドイツ軍は本の持つ850mという優れた初速度をつけこれをフルオート化し高射機関として良、1934年に採用された。


配備


もともと本軍の艦載機関として作られたものではあるが、汎用性が高く小で取り回しもよくきくため陸軍・軍・軍そして武装親衛隊と特に管轄もなく幅広く配備・運用された。

の牽引にはに3t装甲ハーフトラックSd.Kfz.251」やオペルブリッツ中輸送トラックが用いられたが、条件次第では「ケッテンクラート」こと「Sd.Kfz.2」やによる牽引も可であった。


バリエーション


2cm FlaK 3020mm高射機関30
一番最初のラインメタル社が製造したもので、20発入りの弾倉を持つ。
の高射機関べ精度、耐久共に高かったものの毎分120発の発射速度では当時の航空機にもやや追いつきにくいという点もあった。
運搬には特殊トレーラー51Sd.Ah.51)が使用された。
2cm FlaK 38(20mm高射機関38
2cm FlaK 30スペイン内戦での経験を基に、マウザー社で開発された
2cm FlaK 30との互換性を発射速度が毎分220発と倍近くに強化され、2cm FlaK 30に代わる高射機関として多用されるようになった。しかし依然20発入りの弾倉を使用していたため攻撃時間に限りがあり、日々高速化しつつある航空機に対し有効弾を命中させることが困難となってきた。
は製造時期によって前期・中期・後期に分けられるが、この違いは戦局の変遷に伴いより簡素なものへと変えられた照準器で見分けられる。
 
前期電動式算定器付反射の「フラックバイザー38」を装備したもの。のような形をしている
中期:手動算定器付の「リニエルバイザー38」を装備したもの。円と十字の組み合わせ
後期の「シュベーベクライバイザー30/38」を装備したもの。漁船についている旋回のような形
なお後期では防省略されることも多かった。

派生型


2cm KwK 3020mm戦車30
2cm FlaK 30を元に開発された戦車。新たに榴弾が用意された。
20mmの榴弾と言われてもピンと来ないかもしれないが、「手榴弾よりも強な爆を伴う弾が最大20連発で飛んでくる」と考えればかなり強に思えるだろう。事実、この武器は歩兵部隊にとって脅威となる機関銃座の攻撃に非常に役立った。
Sd.Kfz.232までの装甲車II号戦車Eまでのとなった。
2cm KwK 38(20mm戦車38
2cm FlaK 38を元に開発された戦車。元の高射機関が性を上げた時と同じくこちらも性が上がった。
徹甲弾が用意され装甲兵器に対する攻撃が一段とアップしたが、T-34などの厚い装甲を持つ相手には苦戦した。それでもドイツ軍が得意とする機動戦術で側面や背後を突き、これを撃破したというケースもある。
Sd.Kfz.234以降の装甲車II号戦車F、およびそれ以降に登場した軽戦車となった。
2cm Gebirgsflak 38(20mm山岳高射機関38
山岳部隊向けに軽量化を図った2cm FlaK 38。読みは「ゲビルクスフラック」。
従来より90kg程軽く、外見もシンプルになった。輪は本体に直接取り付ける形式がとられている。
2cm Flakvierling 38(20mm高射機関384連装仕様
2cm FlaK 38を4連装としたもので1940年末に開発された。読みは「フラックフィーアリング」。
発射は対線上にある(右下と左上、左下と右上)をそれぞれ交互に発射する仕組みであり、これによって反動による架のバランスが崩れるのを防いだ。見たから連想されるであろう一斉射撃は非常時のみで、普段は交互射撃を手段としていた。こうすることで一対が射撃をしてる際にもう一対の弾倉が交換できるため、弾薬の続く限り攻撃を行うことができた。このときの発射速度は毎分900発ときわめて強なものとなった。
従来の倍の量の弾幕を途切れさせることなく発射する本は連合軍パイロットに「魔の4連装」と称され「エイティエイト8.8cm FlaK)」と共に恐怖の対となった。また、性を大幅に上げつつも本体や弾倉など基本的な構造は単装と同じため整備や修理が容易であった。
ところが大戦末期になると連合側の航空機が非常に強になったためこの弾幕をもっても威不足となり、3.7cm FlaK 43などのより大口径の機関が重視されるようになってしまった。しかしながら当時のドイツにはもはや生産に余裕はなく、結局は最後まで戦い抜くこととなった。
運搬には一回り大きな特殊トレーラー52Sd.Ah.52)が使用された。

本砲を搭載した車両


ドイツ軍火器の最も標準的な武器として非常に多くの車両に搭載された。このことが、本がいかに優れた火であったかをよく表している。

なお、自走砲化にあたり排莢口には莢飛散防止のための受け網が取り付けられることが多かった。


装輪車両(軍用自動車)


に前線の偵察や連絡などに使用された「軍用自動車」に搭載されたタイプは、その軽快な機動性と容易な改造で済むといった点を生かし、簡素ながら有効な戦となった。

2cm FlaK auf Horch 108 Typ 1a(20mm高射機関搭載ホルヒ1a型軍用自動車
ホルヒ1a大軍用自動車の後部座席にを設け2cm FlaKを搭載した対空自改造が行われたケースの多くが北アフリカ戦線であった。

装輪車両(輸送トラック)


兵站の維持に欠かせない輸送トラックに搭載されたタイプは、急襲してきた敵航空機から補給部隊を守るために4台に1台の割合で隊列に編入し運用した。同じような運用方法に、アメリカの輸送トラックGMC CCKW-353」に機架を設け、そこにM2ブローニング12.7mm重機関銃を搭載したタイプを編入するといったものがある。

2cm FlaK auf Kfz.7020mm高射機関搭載クルップ・プロッツェ小輸送トラック
クルップ・プロッツェ軽輸送トラックの後部座席にを設け2cm FlaKを搭載した対空自
2cm FlaK auf Kfz.30520mm高射機関搭載オペルブリッツ中輸送トラック
オペルブリッツ中輸送トラックの積荷部分に2cm FlaKを搭載した対空自。搭載部分に「そり」を設けることによって容易に取り外すことも可となり、状況に応じて通常の輸送トラックとしても運用ができた。また荷台部分に直接2cm FlaKを固定したものもある。

半装軌車両(ハーフトラック)


高い機動と優れた走破性を持つハーフトラックに搭載されたタイプは、歩兵部隊や砲兵部隊に配属された。

2cm FlaK auf Zugkraftwagen 1t(20mm高射機関搭載1t牽引
デマーグD7」こと1tハーフトラックSd.Kfz.10」の後部座席を撤去して折り畳み式の足場が付いたらなデッキを設け、2cm FlaKを搭載した対空自
FlaK 30を搭載したタイプは「Sd.Kfz.10/4」、FlaK 38を搭載したタイプは「Sd.Kfz.10/5」の制式番号がそれぞれ与えられた。また、後期は運転室やエンジン周りに8mmの装甲を設けたタイプもある。
ドイツ軍としては初の本格的な対車両であり、両者含めて610両が生産された。
2cm Flakvierling 38 auf Zugkraftwagen 8t(20mm高射機関384連装仕様搭載8t牽引
8tハーフトラックSd.Kfz.7」の後部座席を撤去して折り畳み式足場の付いたデッキを設け2cm Flakvierling 38を搭載したもの。
初の実戦参加は1942年ごろの東部戦線で当時としてはかなり強な対であり、地上部隊に猛威を振るい続けたソビエト軍襲撃機へ十分な打撃を与えることが出来た。また、人戦術を用いる歩兵部隊にも射撃により絶大な効果を上げた。
の後期も装甲を備えたタイプがあり、それを含めおよそ320両が生産された。なお特殊車両番号は「Sd.Kfz.7/1」であり、3.7cm FlaK 36を搭載したものは「Sd.Kfz.7/2」であった。
Sd.Kfz.251/17空自
3t装甲ハーフトラックSd.Kfz.251」に2cm FlaK 38を搭載したものだが、本仕様に関しては諸説ある。
ここでは便宜的に3つの「製造時期」に分けて解説する。
前期
後部座席を撤去し、中央に2cm FlaK 38を搭載したもの。体はリベット止めを全溶接構造となったCが用いられている。射界の妨げにならないように側面の装甲が出っっていることが外見上の大きな特徴である。また、の代わりに線装置とフレームアンテナを搭載した車両も作られた。
1942年にヘルマン・ゲーリング軍師団の高射砲連隊向けに10両(車両は2両)のみが生産されたが、近日では本を当該部隊の単なる改造車両であるとして「Sd.Kfz.251/17」とは分類しないのではという意見も出ている。なおプラモデルで「Sd.Kfz.251/17」というと、この前期であることが多い。
中期
先述した「Sd.Kfz.10/5」を模したタイプ体前部は装甲車体をそのまま使いながらシャーシは非装甲であるため、分類上は「Sd.Kfz.251」の元となった3tハーフトラックSd.Kfz.11」に近い。
後部に折り畳み式足場を設けたデッキという、他の対ハーフトラックと同様のスタイルをしている。
体は試作がC量産型がより簡素な構造となったDが用いられ、1944年から1945年にかけておよそ600両が生産された。
後期
D体を基にしたタイプ。初期は体前部に2cm FlaK 38の戦車である2cm KwK 38の前方に小をつけたものを搭載していたが後に全周を覆う戦車のようなものとなりも2cm FlaK 38になった。
自走高射砲という分類ではあるが、外見は現代兵器で言うところの「歩兵戦闘車」という感じである。
くられた数は不明だが、多くの改造を必要としなかったため生産性は高かった。

全装軌車両(対空戦車)


より強い踏破性を持つ戦車を基に改造した車両は機甲部隊に配属された。


次へ»
最終更新日: 17/01/08 13:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ