ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


4ストローク


ヨミ: フォーストローク

4ストローク(4stroke、4st、4スト、4サイクル)とは、内燃機関の一種でレシプロエンジンの一形式である。


概要


4ストロークとは、最も一般に多く使用されているエンジンの形式。要するに、一般人にするエンジンは大半がこれである。ここでは、バイクに使用されている4ストロークエジンについて、2ストロークエンジンとの対という観点で解説したい。もっと、一般的な4ストロークエジンについて詳しく知りたい方は、レシプロエンジンの記事を参照しよう。それでもなお不足ならば、Wikipediaや解説本があるのでそちらを読もう。

なぜ、4ストロークかというと、4ストは吸入、圧縮、燃焼、排気というエンジン動作の行程を、ピストンの1ストロークで1行程ずつ行う。なので全ての行程を終わらせるのにピストンが4ストローク動く必要があるから、そう呼ばれるのである。
対して、2ストロークは同じ行程を終わらせるのにピストン2ストローク動けばいい。→2ストローク

短所

2ストべると燃料が燃えることでパワーが生み出されるのが2回転に一度になるため、同じ排気量・同じ回転数でみればパワーで劣ることになる。カム・バルブなどの部品点数も多いため、エンジンは重く単価が高くなり、分解しての整備は手間がかかる。
解りやすくするためにレーシングバイクで言うと、かつては2スト500cc250cc125ccだったものが、同じぐらいのパワーを確保するためにそれぞれ4ストの1000cc600cc250ccとほぼ倍になっていることがわかる。

長所

ガス対策が容易。触媒などの装置で有物質を減らすことが簡単にできる。2ストのように燃えきらなかった燃料やオイルの焼けた煙があまり出ないことからである。
排気音も較的小さく、低回転からが出せるので運転もしやすい。例えば、2ストスポーツバイクは回転を上げないとギクシャクしてまともに走らないが、4ストのカブなんかは低回転からるように走ってくれる。
2ストパワーで劣ることと引き換えに燃費がいい。これは単純に燃料が燃える回数が少ないだけでなく、しっかりとシリンダー内の燃焼ガスの入れ替えができるので、効率があがるためである。


代表的な4スト車


と言ってもぶっちゃけた話、上記の2ストロークエンジンロータリーエンジンを除けば、基本的にバイク自動車エンジンはみんな4ストロークである。こんなところでわざわざ挙げるまでもないだろう。


関連動画


4ストロークに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/01/01 23:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ