ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


55年組


ヨミ: ゴジュウゴネングミ
掲示板をミル!
1カキコ!

55年組とは、将棋界において、昭和55年1980年)にプロになった7人の強将棋棋士たちの通称である。

高橋道雄九段、南芳一九段、塚田泰明九段、島朗九段、中村修九段の九段5人と神谷広志八段、泉正樹八段の7人をす。


概要


南芳一九段はタイトル7期、25歳で九段という大活躍を見せ、高橋道雄十段王位など5期のタイトルを獲得、今もなお竜王戦1組にいる。塚田泰明王座1期、36歳で九段になっており、勝数規定による最年少九段昇段記録を持つ。中村修はA級こそ届かなかったが王将1期、島朗1期は初代竜王を獲得しており、長くA級に在籍した。

谷川浩司十七世名人資格者とほぼ同時期に活躍し、谷川と55年組世代とわれているとかわれていないとか。また、この世代には他に棋聖1期の田中寅彦九段に十段王座獲得を持つ福崎文吾九段、そしてA級経験者の小林健二九段、井上慶太九段もおり、この世代だけで10人もの現役九段がいることになる。

今日においては新しくプロ入り四段になれるのは上限4人(編入試験合格のケースを除いて)のため、同期に8人(※あと一人、依田という棋士もいたが、彼だけはあまり強くなれなかった)もプロを誕生させることはレギレーション正でもない限り、起こりえない。

しかし、彼らにとっての不幸はその直後に羽生善治佐藤康光丸山忠久森内俊之といったチャイルドブランド羽生世代とも)が待ち構えていたことである。更にその上には大山康晴加藤一二三中原長世代(この世代には桐山清澄九段、森けい二九段、内藤國雄九段、有吉道夫九段、大内延介九段、森安秀光九段らがいた)という衰え知らずの強棋士らがいたため、彼らの活躍は前後世代の猛者に阻まれてしまい、1991年を最後にタイトルから遠ざかってしまった。


関連動画



■sm23000110[ニコ動]


関連商品


物色中…


関連項目



最終更新日: 18/08/17 01:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ