ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


6世


ヨミ: ロクセイ
掲示板をミル!
140カキコ!

概要


6世とは東方手書き作者静画投稿者である。

代表作は「超東方のマンガ」「東方キスメレーシング」。
不愉快なクリーチャーまたはカートゥーンデフォルメされた東方キャラを描くことで知られており、良く言えば個性的な作者である。

■user/24978900
■mylist/30048941


活動の軌跡


一般的な東方手書き作者較して、6世投稿者としての活動履歴は異質なものと言わざるを得ない。その初期においては、東方ファンニコニコ動画視聴者に対する荒らしとも言える行為を執拗に繰り返しており、往時の悪行を知る者にとって昨今の表向き常識人的言動は噴飯物と言えよう。


扇動期 2010年4月~2011年5月 『超東方と30万再生数工作』


亡霊事変の人と初投稿時期がとても近いですね、彼とは同級生でありライバルになりそうです。東方厨の皆さんは彼と私どちらにつくか決めたほうがいいですよ(笑)

~ 東方第4話「超超超東方のマンガ【オリジナル】[動]」 動画説明文より引用

ちょっとちょっと何で週間東方に私の動画ランクINしてないんですか、皆さんの努が足りませんよ?(爆)


 ~ 東方第5話「超超超超東方のマンガ[動]」 動画説明文より引用 

[画像を見る]
東方」劇中の博麗霊夢画力不足とか東方知識の欠如とか、そんなチャチなものではなく明確な悪意を感じる。

活動初期の6世を表す言葉は、「キチガイ」「荒らし」「東方アンチ」など枚挙にいとまがない。これらの言葉の妥当性は「超東方のマンガ」(以下、東方)を一瞥すれば明らかである。

東方二次創作最低限のレギレーションキャラクタの造形であることは暗黙の了解として認知されている。世界設定や性格の変は容認されるが、キャラクタの判別が不可能なまでに変更されてしまっては最東方二次創作とは認められない。にも関わらず6世東方キャラの造形を不愉快なクリーチャー変し、元のキャラとの関連性を全く見いだせないレベルで作中で描写している。これは東方ファンに対する明らか荒らし行為と断ぜざるを得ない。
並べて酷いの動画説明文である。「東方厨」という単を易々と使用し、挑戦的な文言を並べ、東方ファン神経を逆撫ですること実に甚だしい。

さて、東方はその内容を以って東方ファンを煽ることを的としているものの、全体としては極めて完成度の低い動画であったため、どの視聴者には黙殺されていた。論、動画に書き込まれる数少ないコメントの9割は罵倒であったことは言うまでもい。
もっとも、ストーリー、構図、テンポ等の東方要素以外の部分では一部の物好きによってそれなりの評価を受けていたことは記されるべきであろう。

このまま終わっていれば6世の名は手の込んだ悪趣味荒らしとして、極々一部の視聴者の記憶に残る程度であったかも知れない。 しかしながら、取るに足らない小悪党の愉快犯でしかなかったこの投稿者の悪名は次の出来事で一気に広まることになる。すなわち東方8話の再生数工作による30万再生である。

2010年5月21日6世によって投稿された東方8話は、その投稿直後から恐ろしい勢いで再生数を伸ばし一気に20万再生まで到達(最終的に30万)。5月23日(日)の公式ランキングにおいてデイリー合算2位東方カテではもちろん1位)に列せられる事態となった。この際、現在500万再生ボカロの代表曲「ワールドエンドダンスホール」が同週に投稿されていたのだが、この東方が一時的にワールドエンドダンスホールの上にいくという事態が起こった。そのためボカロファン東方への出張が発生。6世氏はこれに対して挑発的な主コメで応戦したのでコメント欄が更に荒れる結果となる。(現在は別の主コメに変更されている)
おこ工作を実行したのは某所の工作スレ住民と言われており6世本人というわけではない。そもそも彼はそんな技術も知識も持ち合わせていないのだ。但し、工作スレ住民に対する依頼、誘導等の間接的関与については否定しきれないのもまた事実である。


■sm10789763[ニコ動]


転換期 2011年6月~2011年12月 『めーさく。そして失踪』


6世お前・・・丸くなったな・・・

 ~ 「チェチェン東方[動]」 動画内の視聴者コメントより引用 

咲夜さん友達になりたくて」劇中の小悪魔。肌がいのはこいドキの影ではなく、塗るのが面倒くさかったから。

キャラクタ造形が崩壊している東方シリーズであるが、実は7話と12話に関しては例外的にキャラクタがまともに描かれている。このときのコメント較的好意的なものが多かったことが確認できる。

これに気を良くした、あるいは普通に描いた方が再生数を稼げると踏んだのか、6世は既定路線で東方制作する傍ら次々と所謂まともな作品を投稿し続けた。

このときに発表された短編が
チェチェン東方[動]投稿削除
東方あるくチブ[動]投稿削除
咲夜さんと友達になりたくて[動]投稿削除
の三本である。

これらの短編は東方気持ち悪いクリーチャーではく、6世流のデフォルメの効いた東方キャラクタが描かれており、概ね好意的に受け止められることになった。特に「咲夜さん友達になりたくて」に関しては、めーさくという人気路線を踏まえており3日で再生数5000を突破している。

さて、短編で一定の成功を収めたことから、このまま更正しまともな路線で創作活動を行っていくかと思われた6世であるが、「咲夜さん友達になりたくて」発表後、わずか3日にしてほぼ全ての投稿動画と自らのアカウント削除し失踪してしまう。
失踪の理由はコミュニティ生放送で何度かられたが、何かとてもしょうもない理由だったためここで述べるには及ばない。

こうして後に活動を再開するまで6世はしばしの休眠期間に入ったのであった。

■sm16329119[ニコ動]


擬態期 2012年3月~ 『キスメレーシング』


霊夢内を掃除していると、魔理沙がやって来た
大した用もないのに、しょっちゅう暇つぶしに来るのである、迷惑な話だ
いつも通り適当にあしらっていると、「妖怪の山レース大会がある」とりだす。

~ 「東方キスメレーシング【第1話】[動]動画説明文より引用

[画像を見る]
キスメレーシング劇中の射命丸文現在6世の中を暗示しているかのようだ。

2012年3月15日、新アカウントに切り替えて東方手書きに復帰した6世は 「チェチェン東方[動]」 「東方あるくチブ[動]」 「さくやとともだちになる[動]」の3短編を再アップ。まるで何事もかったかのようにニコニコ動画での活動を再開する。
そして4月22日には東方リメイクである長編「キスメレーシング」1話を投稿した。これはキャラを書き直した以外はほぼ東方の内容を踏襲するという誰得動画であった。通常リメイクとは傑作名作に対して行われるものであるのだが・・・。

しかしながら「当然大コケするだろう」との大方の予想を裏切り、現在に至るまでキスメレーシングは順調に回を重ね、シリーズ各話は着々と再生数を増やしいる。 更に6世本編たるキスメレーシング投稿の間を縫って短編作品を投稿し、初見ファンを稼ぐという小賢しい活動も行なっているのだ。遺憾ながらこの方式はそれなりに奏功しているらしく、短編を見た視聴者の一部が釣られてキスメレーシングに流れているようである。特に「レミリアとぉ...マルクスわぁ...ズッッ友だよっ!![動]」では、再生数18000、マイリス800以上という数値を叩き出し、公式ランキング東方カテゴリ デイリー4位にまで登ったことは記憶に新しい。この時に釣られて東方モドキに流れた視聴者は数人は下らないのではないだろうか。

付記しておくと、動画内容の善とともに、その動画説明文にも大きな変化が見られる。 そこにはかつての煽り芸の面影は全くなく、淡々と動画あらすじを述べる、いは動画テーマに沿った短文を添えるなどという、良く言えば難、悪く言えば実に面くないものに変化していた。東方時代を知る者にとっては隔世の感がある。

初めての、作画原作別の人で作った作品、自分の視野を広めるという意味でも、いい経験でした。ストーリーを考えてくださいました、ばつさんへお疲れ様でした。そして視聴者の皆さんもぜひ楽しんで見ていってください。

~ 短編「レミリアとぉ...マルクスわぁ...ズッッ友だよっ!![動]6世本人のマイリストコメントより引用

この慇懃なマイリストコメントを見た、昔を知る視聴者の多くは不快感を示し、 殊にこの短編の原作・脚本のばつ氏は「ヘドが出る」とのコメントを残している。

 

■sm17612507[ニコ動]

 


投稿等の履歴


 


次へ»
最終更新日: 16/12/30 15:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社