ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


731部隊


ヨミ: ナナサンイチブタイ
掲示板をミル!
168カキコ!

731部隊とは、大日本帝国陸軍の部隊のひとつ。
満州関東軍に所属し、後世様々な悪名を背負った部隊である。 


概要


正式部隊名称は「関東軍防疫給部本部」で、731部隊とは秘匿名称。初代部隊長石井四郎陸軍軍医中将。彼の影から石井部隊と呼ばれることもある。他にも異名があるが石井中将にまつわる異名がどで、彼の影の高さが伺える。

陸軍軍医学校防疫部防疫研究室・満州出先機関として作られた関東軍防疫班が発展して出来た部隊であり、関東軍所属ながら、陸軍軍医学校防疫部に近しいという特殊な性質を持つ部隊となっている。

な任務は防疫・給任務であり1939年のノモンハン事件では出動部隊の給を行い、新ペストが流行した際には防疫に協すべく出動し成果を挙げている。他にも防疫給で結果を出し、第六軍に派遣された防疫給部は衛生部隊として史上初となる感状授与の栄誉を受け石井中将鵄勲章と陸軍技術有功賞を受けた。日本軍といえば劣悪環境でバタバタ死んだイメージが強いが、少なくとも彼らのが届く位置では不衛生さはあまりなかったということであろう。


生物・化学兵器部隊として


その一方、防疫を逆手に取った細菌兵器に代表される生物兵器ガスなどの化学兵器の研究も行っていた、と言われる。

そもそも、陸軍に防疫部が出来たのも欧視察・研究を行って帰した石井中将が、「などに乏しいにはこういった(生物化学兵器)安上がりで威のあるものは重要である」などと提言し、軍上層部のを惹いたからとする説もある。その説に則れば陸軍防疫部の末裔であり、ソ連中華民国といった仮想敵が多い満州所属の731部隊がこの研究をするのはある意味必然とも言えるのかもしれない。

こういった研究は行われたのであれば極秘裏に進められただろうし、終戦時に731はソ連への資料流出を恐れ少なくない資料を破棄したことなどの様々な理由から、今でもこの辺りの実情はわからないことが多い。

ハバロフスク裁判では性病やコレラなどを媒介する生物兵器や、びらん性のガスなどの研究を行った特殊部隊であると認定された。ただ、ハバロフスク裁判も東京裁判やニュルンベルク裁判同様、戦勝一方的に裁く性質があったため100%信頼は出来ないということは付記しておく。 

ただしハバロフスク裁判の資料だけでなく、日本側の資料「哈尓賓在石井部隊における出張並調報告書」中でも、以下のように「この出張的は、一つは大量生産用の培地研究で、もう一つは昆虫兵器研究の参考にするためである」「当部隊の的は細菌の大量生産である」といった意味の記述が見つかる。この資料は元は陸軍軍医少将松崎陽」氏の寄贈により防衛庁防衛研修所戦史室が所蔵していたもので、現在では日本政府機関国立公文書館 アジア歴史資料センター」にてインターネット開されている。新京 公主嶺 奉天 撫順 熊岳城 大連方面出張報告/1 諸言 | 哈尓賓在石井部隊における出張並調査報告書 | 国立公文書館 アジア歴史資料センター[外部]

(前略)

 今般ノ小官等ノ出張ニハアリキ。一ハ大量生産ヲ中心トシテノ培地研究、他ハ攻撃武器トシテノ昆研究ノ考ニ資セムガ爲ナリ

 抑モ隊ノ的トスル所ノ細菌ノ大量生産ノ様式ニツキテ考察セムニ、(後略)

よって「何もかもが、戦勝の裁判で一方的に決めつけられた」というわけではなく、少なくとも「昆虫兵器や細菌大量生産の研究をしていた」らしいことは日本側に残る資料からも確認はできる。

また生物兵器だけではなく、資料『きい弾射撃ニ因ル皮膚傷並一般臨床的症状観察』(後述)からは、化学兵器開発・実験を行っていたことも確認できる。


人体実験


その細菌兵器の開発の途上で、捕虜や民間人をマルタ丸太)などと呼び同意を得ない非人的な人体実験を行ったといわれる。

3000人をえる犠牲者が出たとも言われるが、言によって人数がばらついたりするので断定出来るほど材料いのが現状である。ある意味では南京事件と似たような様相を示す事例となっている。文書が少ないことや言者に撫順戦犯管理所帰りが混ざるのもそっくりである。

肯定「資料は部隊ぐるみで隠滅したから存在しない、言に頼らざるを得ないし彼らがウソを付くはずがない」 といい、それに対して否定日本軍は巨大な官僚組織であって、文書が発行されていないのに大掛かりな行動は出来ない、あり得ない」と返す、という論争が何十年も続いている。正直、何が正しいのかは戦後まれの々には資料が少なく断定は難しいところである。


わずかに残る資料


ただし、かつて陸軍軍医中佐であり後に陸上自衛隊衛生学校長となった人物が私的に所蔵していた『きい弾射撃ニ因ル皮膚傷並一般臨床的症状観察』『破傷素並芽胞接種時にける筋『クロナシー』に就て』といった資料が、本人が死去した後に遺族がチリ交換に出し、その品業者が古書店に持ち込んだことで1983年に発見されている。これらの資料においては人体実験に関する記述がある。

ちなみに、『きい弾射撃ニ因ル皮膚傷並一般臨床的症状観察』について「きい弾=マスタードガスは眼部の症状がしいのに眼部の症状の記載がい、これはおかしい」というや、同様に『破傷素並芽胞接種時にける筋『クロナシー』に就て』について「潤背筋という筋肉について記載されている。この筋肉は人には筋肉であるため、これは人ではなく実験だ」というインターネット上で流布されていたことがある。

しかし実際には『きい弾射撃ニ因ル~』内には眼部の症状の記載があるきい弾射撃に因る皮膚傷害並一般臨床的症状観察 | 南京事件-日中戦争 小さな資料集[外部]。また「闊背筋・濶背筋」は現在で言う「広背筋」の当時の言い方に過ぎず闊背筋・濶背筋(かっぱいきん)とは - コトバンク[外部]人間にも存在する上に、『破傷素並芽胞接種時にける~』内では人体における実験方法が解説されている破傷風毒素並芽胞接種時に於ける筋『クロナキシー』に就て | 南京事件-日中戦争 小さな資料集[外部]

また、一旦米国に回収されたものの返還された文書として『凍傷ニ就テ(第一五回満州医学会哈爾支部特別講演)』があり、国立公文書館デジタルアーカイブとしてインターネット上でも開されている凍傷ニ就テ(第一五回満州医学会哈爾浜支部特別講演) | 国立公文書館 デジタルアーカイブ[外部]

この文書内には「凍結するまで冷却して凍傷を人工的に生じさせる」という過酷な実験実験1」を行っていたことが明記されている。

シテ点ニテ皮膚温ハ急ニ上昇シコノ時白色ナリ固結ス

容積モコノ時急ニ増加ス

之ハ過冷却状態ガ破レテ組織氷結スル爲ニ温度上昇シ同時ニ氷結ヨリテ容積膨スルモノト考フベキナラン

さらに後の段の記述により、この「実験1」が動物実験ではなく人に凍傷を発生させていたこともわかる。

人ニヨリテハコノ抵抗性甚ダ小ニシテ容易ニ凍傷ヲ生シ得ル事ハ験1ノ例に明カナレ共

これら『きい弾射撃ニ因ル皮膚傷並一般臨床的症状観察』『破傷素並芽胞接種時にける筋『クロナシー』に就て』『凍傷ニ就テ(第一五回満州医学会哈爾支部特別講演)』は現在では『七三一部隊作成資料』という書籍にも収録されている。

実戦での生物兵器使用やその計画(当時もジュネーブ議定書で使用は禁止、ただし日本が批准したのは戦後)もあったとされるが、こちらも現存する資料は乏しい。

わずかに残る生物兵器使用に関する資料としては、1993年に防衛庁防衛研究所図書館で発見された『井本男業務日誌』や、2011年国立国会図書館関西部で発見された『金子順一論文集』などがあり、これらにおいては生物兵器を散布したことに関する記述がなされている。


731部隊細菌戦国家賠償請求訴訟


90年代1990年代)後半~00年代2000年代)にかけて日本で行われた裁判で、731部隊の活動について民事訴訟として争われたことがある。この裁判は細菌戦の被害者であるとする中国人らが原告となって、日本国に謝罪と賠償をめる請であった。

この裁判において被告であるは細菌戦の事実の有について争点としない立場を取り、裁判自体も「仮に事実が原告が訴える通りであったとしても日本国には謝罪と賠償を行う法的義務がない」という趣旨の判断が下って原告が敗訴。その後、高裁や最高裁でも控訴・上告が棄却されたため、原告敗訴が確定している。

事実の有が争点としなかったため、この民事訴訟の判決文731部隊細菌戦国家賠償請求訴訟 | 第一審 | 判決文全文[外部]第1事件・損害賠償請求事件 第2事件・損害賠償等請求 - 平成9年(ワ)第16684号 - 東京地方裁判所 | 判例検索β - 無料の裁判例検索サービス | 裁判.in[外部]では、細菌戦の事実の有に関する部分には以下のように記されている。

この点については原告らが立活動をしたのみで,被告は全く何の立(反)活動もしなかったので,本件において事実認定するにはその点の制約ないし問題がある。また,本件の事実関係は,多方面に渡る複雑な歴史事実に係るものであり,歴史審判に耐え得る詳細な事実の確定は,最終的には,制限の資料に基づく歴史学,医学,疫学,文化人類学等の関係諸科学による学問的な考察議論に待つほかはない。

ただしその制約の上で、東京地方裁判所の裁判官らは「人体実験」や「細菌兵器の実戦使用」などの点については「事実だと認定できると考える」との趣旨を判決文内で表明している。

しかし,そのような制約ないし問題があることを認識しつつ,当裁判所として本件の各拠を検討すれば,少なくとも次のような事実は存在したと認定することができると考える(認定に供した拠は,各認定事実の末尾に記載する。)。

(ア) (前略)中国各地から抗日運動の関係者等が731部隊に送り込まれ,同部隊の細菌兵器の研究,開発の過程においてこれらの人々に各種の人体実験を行った。(後略)

(イ) (前略)中国各地に対し細菌兵器の実戦使用(細菌戦)が行われた。(後略)

(ウ) これらの細菌兵器の実戦使用は,日本軍戦闘行為の一環として行われたもので,陸軍中央のにより行われた。(後略)

(エ)(本件細菌戦によるペスト,コレラ被害の内容・程度)(後略)


アメリカ合衆国


ちなみに、アメリカと取引して生物化学兵器人体実験データを渡したなどとも言われる。アメリカが731部隊について調・報告した「サンダース・レポート」「トムソン・レポート」「フェル・レポート」「ヒル・レポート」などのうち、「フェル・レポート」や「ヒル・レポート」で人体実験に関すると思われる記述がある松村高夫, 金平茂紀 『ヒル・レポート』(上) : 731部隊の人体実験に関するアメリカ側調査報告(1947年) 三田学会雑誌 (Keio journal of economics). vol84, no.2 (1991.7), p.508(206)-526(304). 慶應義塾経済学会[外部]

GHQ統治下で起こった事件の不自然末や、石井中将を含む731部隊の上層部が戦犯訴追を逃れたことなどがそれを補強しているとされる。実際にアメリカでは、機密定期限を過ぎて開示された731関連の公文書が何種類か発見されている。ただしその中に「人体実験を行った」と明記された記述はない。

例えば陸軍の生物化学兵器研究所「Dugway Proving Ground」で発見された、元は「TOP SECRET定だった文書「The Report of "G"」など。「皮膚から鼻疽菌に感染した者16名と鼻から鼻疽菌に感染した者5名の合計21名が死亡するまでの日数を記録・較し、解剖して各種臓器の変化を見た」という内容で、戦後GHQに「要請」された731部隊の細菌学者が、部隊での研究資料を基に作成したものと見られている。アメリカ議会図書館のウェブサイトで、一部の画像データが公開されている[外部]

もちろん感染「させた」のではなく、「不幸にも自然感染した者や、研究中の事故で感染した者に対して十分な治療を行い、それでも残念ながら亡くなってしまった後に解剖した」という可性もあるかもしれず、その場合は倫理的にも問題がい。ただし、報告中の全患者において『いつ感染した者なのか』『経皮感染と経鼻感染のどちらで感染した者なのか」が判明した上での記録となっている。これは自然感染者を集めたにしては説明が付けづらい点である。


ソビエト連邦


また、ソ連側も731部隊のデータを欲していたとされており、アメリカに対して石井中将などに対する尋問を盛んに要していたという。アメリカソ連のこういった「綱引き」が、731部隊上層部が戦犯訴追から免れた遠因にもなったと言われている。

731部隊に所属していて終戦の際に逃げ遅れ、侵攻してきたソ連軍に捕まった者たちも居る。「その内30名ほどの細菌学者が、モスクワ付近で細菌学研究をさせられている」とするアメリカ陸軍防諜部隊の報告書も存在している。

これらソ連に捕縛された731部隊関係者のうち数名は、同じく防疫部隊だった100部隊関係者などとともに1949年ソ連が行った軍事裁判「ハバロフスク裁判」にて被告にもなっている。この被告ら12名は全員有罪とされ、矯正労働収容所への収容処分となっている。ただしその期間は被告によって1年~25年とかなり幅広い。

NHKは後にモスクワの「ロシア国立記録アーカイブ」でこの「ハバロフスク裁判」における彼らの言の音記録を発掘、その記録を元にした報道番組を2017年に放映している(『731部隊の真実 ~エリート医学者と人体実験~[外部]』)。

ただし「ハバロフスク裁判」は勝者側による裁判であり、言した彼らはソ連に抑留中の身であったことも考慮に入れる必要はある。実際、この裁判の被告の一人であった三友一男(731部隊ではなく100部隊所属)は自らの回想録『細菌戦の罪』において、取り調べの過程についてや裁判で付けられた弁護士に対する不満を書き残している。


関連動画



■sm4948310[ニコ動]


関連商品


■az4331653153
■az489188259X

■az4891882697
■az4875032552
■azB000J78RIQ
■az4326750219


関連項目



最終更新日: 19/10/27 02:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ