ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


A-4


ヨミ: エーフォー
掲示板をミル!
30カキコ!

A-4スカイホークとは、アメリカ・ダクラス社製の艦上攻撃機である。アメリカ海軍では既に全機退役しているが、一部の現在も運用が続けられている(後述)。


概要


天才設計者、エド・ハイネマン渾身の機体。傑作攻撃機の部類に入ると言ってもいい。

1950年代初頭、アメリカ海軍は実用化なった核爆弾の運用機体についての問題を抱えていた。
Mk.7核爆弾の直径は77.5cm・全長4.65mと巨大なものであり、運用できる機体はAD-1(A-1)スカイレーダー、A-2サベージF2Hバンシーがあったが前者の二機はレシプロ機体(A-2は変則的にジェット搭載だったが)であり核攻撃には理があった。後者理やり搭載したせいで離陸はいいが爆弾積んだ状態で着陸は理という状態だった。A-2をターボプロップ化するアイデアがあったが、頓挫しつつあった。A-3スカイウォーリアもあることはあったがあまりに機体が大きすぎた。

当時の実戦運用できる核爆弾を搭載するためには機体は大化せざるをえなかったが当時アメリカ海軍空母の大半は大戦時に建造されたエセックス級ミッドウェイ級が中心で、運用機数の減少に頭を痛めていた。これを解決する大空母としてようやくフォレスタル級の建造がスタートしたばかりという現状だった。

これらの状況に頭を悩ませていたところ、エド・ハイネマンがひとつのレポートを軍上層部に提出する。
戦闘機の可性について書かれたものだったが軍上層部は小戦闘機ではなく小攻撃機を作るように示を出すことになった。これがA-4の始まりである。条件は小安価でMk.7爆弾を搭載可であること。

エド・ハイネマンは、小戦闘機を実現するために「増大係数(Growth Factor)」に留意する必要があることに注していた。つまり機体に装備を追加すると自重が増える。自重が増えると航続距離が減る。航続距離を減らさぬように燃料タンクの容積を増加すればタンク周りの配管が増えて機体重量が増える、となると結果的に脚回りの強化が必要。となるとさらに機体重量は増える。エンジンパワーは足りなくなる…という加速度的な機体重量増加であり、増大係数が10ということは、装備1kgを追加すれば10kgの機体重量増加を招く。ということだった。
大多数の設計者は重量増加を嫌がり、構造フレームに1cm程度の軽減を開けるがこれを100個あけたところで10g程度しか軽減できない(し、機体製造の工数も増える)。問題の本質は違うところにあるということだった。

エド・ハイネマンは上記の増大係数とA-1(AD-1)での経験を踏まえて、シンプルな機体レイアウトを考案することとなった。
出来るかぎり機体をシンプル・軽量・小化することによって空母エレベーターに機体が収まるサイズとした、これにより機体の重量を増やすわ構造を難しくさせる折り畳み機をオミットすることが可になった。実際にはエセックス級空母エレベーターに2機積載が可サイズにまでコンパクト化を実現することとなる。
も低を選択し、折り畳み機が必要なくなることにより下に武装を設置することができる。ついでにアルミの1枚を中心に構成することで剛性が強くなり機体構造も強化される。A-1ゆずりの内部爆弾倉を持たない思想を受け継ぐこともあいまって積載量が増えることになった。自重5tのわりに4tもの積載を可にしたのはこれが理由である。

さらにはシンプルな機体構造は高い整備性をもたらし、整備の高くない諸外軍・軍での運用を可にした。
それに加えて小・軽量であるから運動性も高い。対潜空母ではAIM-9サイドワインダー空対空ミサイルを携行して艦隊防任務を行ったほど。

こうして作られたA-4スカイホークは、軽量・小・高機動というを生かしてアメリカ海軍ワークホースとして長らく運用され、1970年代にアクロ・チームの「ブルーエンジェルズ」の機体として選ばれたり、戦闘機兵器学校(トップガン)のアグレッサー(仮想敵)役を務めるなどの大役を果たし、軍、海兵隊では1998年まで使われるという長寿の機体となる。なにしろ生産年数25年。総生産数およそ2900機に達することなる。
パイロットたちから「ハイネマンのホットロッド」「スクーター」と呼ばれされることとなった。

安価で整備性も高いため世界に散らばった機体でもある。代表的なところではイスラエルが今も運用中である。また、アメリカ海軍中古機としてアルゼンチン軍へ売却され、フォークランド紛争に参加。その他にも湾岸戦争クウェート軍のA-4KUが実戦に参加するなどの実績を残した。1997年ブラジル軍がクウェートからA-4KUを購入し、AF-1ファルカンの名で空母「サン・パウロ」搭載機として現在も(!)運用中である。
2015年5月、AF-1 9機、AF-1B(複座) 3機に対して近代修(アビオニクス、レーダーの入れ替え、機体構造の対応)が行われ、2025年までの運用が行われることになった。

このでA-4スカイホークの知名度が上がったのはやはり連載を通してモブキャラの多くがA-4に乗っていた「エリア88」のおかげだといえるだろう。


関連動画



関連商品


■az4893192078


関連コミュニティ


■co1088
■co2572


曖昧さ回避



関連項目



最終更新日: 17/07/11 19:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ