ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


AH-1


ヨミ: エーエイチイチ
掲示板をミル!
37カキコ!

AH-1とは、ベル・ヘリコプター社が開発した世界初の傑作攻撃ヘリコプターである。

攻撃ヘリとしてはAH-64につぐ知名度がある。そのためか、米軍が出てくるゲーム映画などによく登場している。

称は基本的に「コブラ」であるが、一部違う称のタイプも存在する。


開発・採用までの経緯


時はベトナム戦争のまっただ中の1960年代初頭。アメリカ陸軍はある問題に頭を悩ませていた。 当時、ベトナム陸軍は輸送ヘリコプターによるヘリボーン作戦を多用していた。大規模なヘリボーン作戦に、敵対勢であった南ベトナム解放民族戦線(通称:ベトコン)側は当初、しい反撃を行う事はなかったが、それでも着陸進入時等に機関銃突撃銃などによる反撃を受け、少なからず被害を受けていた。

輸送ヘリ支援するエスコートヘリの必要性を迫られた陸軍首部は、輸送ヘリコプター支援する攻撃ヘリコプターの開発を検討した。しかし、自分のを荒らされる事を嫌った軍の強い反対に合ったため、しかたなく既存の輸送ヘリ UH-1 などに武装を搭載した武装ヘリ (ガンシップ)  を配備することでお茶を濁す事にした。
しかし、いざ運用してみたところ 機ロケットポッドを装備したことで重量が増加し機動が低下 ⇒ 被弾率が増加し生存性が低下 ⇒ 防弾版 を搭載して防御を向上 ⇒ 重量がさらに増加し機動が低下 という悪循環に陥ってしまう。

さらに重量増加の影で巡航速度・航続距離が低下し、護衛すべき輸送ヘリ部隊について行けなくなってしまうという、なんとも本末転倒な事態に。搭載するエンジンを換装してみたりといろいろ手を打ってはみるものの、元が輸送ヘリなだけに根本的な解決にはならなかった。

さらに、1963年ヘリボーン作戦を行った第93輸送中隊が離発着時を待ち伏せされ、CH-21 強襲ヘリコプター4機と護衛についていた UH-1 ヒューイ 1機の計5機のヘリベトコンの重機関銃や迫撃によって撃墜されるという大損が発生。この時はアメリカ軍による支援で事なきを得たものの、アメリカ軍は武装ヘリガンシップへの過度な依存は危険であると強く摘した。 いや、元はと言えば開発に反対したお前らが悪いんじゃ・・・

そこで陸軍は1964年、新火力支援システムAAFSS)計画を立案し、この要仕様内の各メーカーに提示した。内のほとんどのメーカーが参加したこの計画は、翌1965年ロッキード社のAH-56Aシャイアンが選定機種として採用され、開発が進められた。しかし、開発が順調に進んだとしても本格的な配備が1970年以降になるとのことが判明した。
これを受けて陸軍はAH-56が配備されるまで繋ぎとして既存のヘリコプター修を加え暫定的な攻撃ヘリとして運用することを決定し、既存のヘリから攻撃ヘリへの修が可な機種を選定することとなった。
そこで、陸軍はAAFSS計画で蹴っ飛ばした UH-1 の開発元であるベル社が自社開発していた「モデル209」を
「AH-1」として採用し、世界初の攻撃ヘリコプターとして陸軍へ大々的に配備した。

一方そのころ、本命であったはずのAAFSS計画は、ロッキード社がハイテクに走りすぎため、技術的な問題が多発し初飛行が遅れ、単発エンジンであることによるエンジン故障時の不安定性、後部の推進式プロペラによる整備上の問題、機体の大化などから被弾率が増加、コスト面の問題を解決する事が出来ず、構想の大幅な見直しなどが重なったことで結局キャンセルされてしまった。

これによりAH-1の暫定攻撃ヘリコプターという名称も外され、名実ともに米軍攻撃ヘリコプターとなった。

(余談だが、AH-56 シャイアン 自体は当時としては革新的な機体であり、当時最先端のコンピュータによる飛行制御、熱線暗視装置や、タンデム複座式の操縦席、被弾率を抑えるために正面投影面積を減らした細長いフォルム、武装をつるためのスタブウイングなど後に登場する攻撃ヘリコプターで標準なるような数多くの要素を数多く持っていた。
ある意味過ぎた登場で時代が追い付くことが出来なかった、不遇の名機なのかもしれない。)


AH-1 コブラの特徴 


AH-1 は汎用輸送ヘリであったUH-1ベースに開発されているが、ベースUH-1 の面影はど残っていない。

AH-1 の最大の特徴とも言えるのは、その正面投影面積の少なさである。
ベースである UH-1 の全幅が3m弱あったのに対し、AH-1はほぼ3分の1の99cmと非常に短くなっている。
これは従来のヘリで並列に配置されていた操縦席を、戦闘機などのように直列で縦に操縦席を置き、前席にガナー(射撃手)、後席にパイロットが載るタンデム複座方式を採用した事によるもので、これにより速度が大幅に上昇し発見率・被弾率も低下した。(実際に AH-1 を見てみるとその薄さに驚く)
ただし、巡航速度は向上したもののメインローターは UH-1 と同くブレードが2枚のシーソー式なので、マイナスG制限による機動制限があり、機動性はあまり高くない。
これは、特定の強い マイナスG がかかる機動を行うとローターが破損してしまうというものである。これを受けてか後継機であるAH-64 アパッチや本機バリエーションの最新であ るAH-1Z ヴァイパーブレードを4枚に増やし、より強度が高い全関節方式に変更されており、高い機動性を発揮できるようになっている。

また、武装の面では機首下面のターレットに固定武装として M134 7.62mmミニガン、または M129 グレネードランチャーを搭載出来る。また、現在配備されているAH-1の多くは M197 320mm ガトリング砲搭載している。
これらターレットに搭載された火器はガナーのヘルメットに同調しており、ガナーが向いた方向に身も連動して向くようになっている。
また、胴体中央左右には4ヵ所のパイロンをもったスタブウイングがありミニガンポッドロケットポッドTOW対戦車ミサイルなどを組み合わせて搭載することができる。
これらの武装は搭載された高度な火器管制システムにより運用されており、従来のガンシップより効果的に運用することが可となった。


AH-1の改良型


かくして、陸軍は初期生産である AH-1G を1967年に導入、ベトナム戦争で初の実戦投入が行われ、当初の予定通りヘリボーン部隊の火力支援においてその効果遺憾なく発揮した。
しかし、Gの武装は7.62mm ミニガンスタブウイングロケットポッドなどだけであり、歩兵などの非装甲標には十分効果を発揮したが戦車などの装甲標への火力は十分ではかった。
そこで陸軍はベトナム戦争後の1973年、当時最新の対戦車ミサイルであるTOWの運用を可とする修を施した AH-1Q を採用し、同時に既存のGにQへの良を行った。さらに1975年にはエンジンの換装など各部に修を加えた AH-1Sを採用し、既存のQへの良も行った。

現在、西側諸の多くではこのS以降のバージョンが配備されている。陸軍ではS以降も射撃向上を図り、M197 20mm 3ガトリング砲に換装したE近代修を施したFを開発・配備した。

また、アメリカ海兵隊ではGエンジンを双発にしたAH-1J (別に日本は関係ないぞ!) を1968年に採用し、1970年中頃から配備が行われた。さらに陸軍がGをQ更新したのと同様に、1975年にはJ対戦車ミサイルTOWの運用を付加するなどの良を加えたAH-1T を配備した。
だが、海兵隊はAH-1Tにさらに高いめさらなる発展の開発を計画。その向上となるAH-1Wを開発した。このWは従来のTOWに加えて新ヘルファイアの運用が可となっており、高い対戦車攻撃を有している。また、機首ターレット陸軍のEと同じM197 3ガトリング砲を装備している。
その他にも用のAIM-9サイドワインダーFIM-92 スティンガーサイドアーム対レーダーミサイルAGM-65 マーベリック対地ミサイルの運用が可であり様々な作戦に投入できるようになっている。 照準システムには、レーザー測距儀やFLIR(前方赤外線画像監視装置)を統合した AN/AWS-1(V)1 間照準システムが搭載され、これらの武装は全下での運用が可である。また標の自動追尾も可となった。

さらに、お下がり古い装備を末永く大切に使う事に定評のある海兵隊はW近代化を計画し、それがAH-1Zヴァイパー計画へと発展した。 AH-1Z は外見こそローターブレードが4枚になったくらいで一見かわりないが実際は機体の95を再設計されており、Wの機体をそのまま使っているのはコックピット周辺くらいである。
そのためAH-1Zは「今までの AH-1 とはまったくの別物」と言われており、実際ミリレーダーが搭載されていないことを除けば、あらゆる点で AH-64駕する性を有している。なお、ミリレーダー自体は開発されておりオプションで後から載せることも可である。


AH-1の運用


世界初の攻撃ヘリとして誕生したAH-1は、西側諸の標準的な戦闘ヘリコプターとなった。 
設計から半世紀がたったAH-1であるが現在でも開発元の米軍を含む11ヵで運用されている。

現在陸軍では攻撃ヘリコプターとして AH-64 アパッチを採用しており、AH-1 は全て退役している。
海兵隊では(中身はまったくの別物であるものの)の AH-1Z を現在でも運用しており、今後も良を加えながら末永く大切に運用していくと思われる。

米軍に次いで、日本台湾韓国現在運用している。


日本での運用


日本では陸上自衛隊が対戦車ヘリコプターとして1981年から1998年までに90機の AH-1S を調達・配備し、現在攻撃ヘリとして運用している。ちなみに、日本では富士重工業ライセンス生産している。

尚、呼称は AH-1S であるが採用前に研究用として購入した1機以降は、近代修を施した AH-1F に相当する。 1993年以降に引き渡された機体からは "C-NITE" と呼ばれる向上となり、機首の照準器に前方監視赤外線装置(FLIR)が搭載され、戦闘が向上している。また、1997年以前の機体にも少数が修を受けている。

防衛省2001年、AH-1S の後継機を選定するためAH-X「次期攻撃ヘリコプター導入計画」を開始。 補として「AH-64D アパッチ・ロングボウ」と、「AH-1Z ヴァイパー」が選定され2005年AH-64Dの導入を決定した。
ライセンス生産はAH-1Sと同じく富士重工が担当し、60機の AH-64D を導入する計画であった。
だがしかし諸般の事情により AH-6 4の調達の打ち切りが決定。結果 AH-64D はわずか13機で調達が終了され、AH-X も白紙化されてしまった。(詳しくはAH-64の項を参照。)

さらに、AH-1Sでは初期に導入されたものから順次退役が進んでおり、2012年時点で既に17機のAH-1Sが用途止され、陸上自衛隊の保有機数は73機にまで減少している。

現在防衛省内でAH-Xの見直しが行われ、新たな補機が選定されているそうである。


AH-1の系譜


モデル209

汎用ヘリコプターUH-1ベースに開発されたAH-1Gの試作機。
また、AH-1の非武装も「モデル209」の名で販売されており、アメリカ森林警備隊が採用している。

AH-1G

AH-1の最初期生産。 1966年アメリカ陸軍に採用され、ベトナム戦争に投入された。
機首下部にM123 ミニガン2挺か、M129グレネードランチャー2挺、またはそれぞれ1挺ずつを装備でき、胴体のスタブウイングロケットポッドミニガンポッドを搭載することが出来る。

AH-1J

AH-1Gを海兵隊仕様修した機体。称は「シーコブラ(Sea Cobra)」
機体に防加工を施し、エンジンを双発化して出の向上を図ると共に、武装面も強化されており機首下部の固定兵装が軍のM61バルカンヘリ用に改造したM197 20mm機関に変更されている。

AH-1Q

AH-1Gに対戦車ミサイルTOWの運用を付与した機体。
機種下部の兵装の接続がターレット状に変更している。また、火器管制システムにも手が加えられており、機首にTSU(回転式機首センサー)が追加され、ガンナーのヘルメットに連動してターレットが可動する「ヘルメット照準システム」が搭載されている。
しかし、良が加えられ重量が増加したにも関わらずエンジンは強化されなかった為、機動性が悪化している。

AH-1T

陸軍と同様、AH-1Jに対戦車ミサイルTOWの運用を付与した機体。
こちらもAH-1Qと同様にTSU(回転式機首センサー)の追加、ヘルメット照準システムが搭載されている。
また、機体面でもエンジンの強化やローターブレードの大化、搭載燃料の増加、後部胴体の延長などの修が施されている。
海兵隊はAH-1により高い作戦め、さらなる発展として開発されたのが後述のAH-1Wである。

AH-1S

対戦車ミサイルTOWの搭載により機動性が悪化したAH-1Qを良した機体。
エンジンを強化に換装し、キャノピーをの反射を防ぐためにった形状に変更、計器や航法装置のなど搭載機器の強化を行い、匍匐飛行(NOE)が可となった。

AH-1E

AH-1Sの武装を強化した機体。 
機首にターレットを搭載し、M197 20mmガトリング砲を搭載、火器管制システム善などが行われている。

陸上自衛隊も採用試験用に2機購入しており、その1機が陸自広報センターに飾られている。

AH-1F


次へ»
最終更新日: 16/03/21 02:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ