ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ai sp@ce


ヨミ: アイスペース
掲示板をミル!
116カキコ!

ai sp@ce(アイスペース)とは、かつてドワンゴが行っていたオンラインコミュニケーションサービスである。 

ドワンゴと言うよりもai sp@ce製作チームによると、以下のように記載していた。

「ai sp@ce(アイスペース)」とは、人気美少女コンテンツCLANNAD」「SHUFFLE!」「D.C.II ~ダ・カーポII~」の各世界キャラクターを、ハイクオリティ3Dオンライン上に再現した、まったく新しいコミュニケーションサービスです。(公式より)

概要


サービス正式開始は2008年10月15日。当初は「メタバース」としていた。ゲームクライアントを通じてプレイヤーアバターを操作でき、NPCキャラドルと共に、ai sp@ce上に構築された仮想世界で他のプレイヤーとのコミュニケーションを楽しむことができた。

アカウントニコニコ動画と共通である。
サービス開始当初は参加人数の制限が行なわれ、ai sp@ceの公式サイトで入の申し込み受付を行い、入申し込み順で参加出来た。また、ニコニコポイント購入者は優先されて参加可となっていた。
この参加制限は2008年11月11日に解除され、ニコニコ動画アカウントさえ持っていればでもログインであった。

また、仮想世界内に設置されているモニターではランダムニコニコ動画コンテンツが上映されていた(ただしニコニコ動画から直接引っって来る性質上、履歴が残る仕様となっていた為、後から見ようと思っていた動画の履歴が流れ、履歴がそれ系の動画で埋め尽くされていたと言うケースが多かった)。

「ai sp@ce」は運営限定タグのためユーザーは付加できない。そのためユーザーは「アイスペ」の使用が推奨される。また「アイスペ」タグの付いた動画が権利をクリアしていた場合、ai sp@ce内のモニタで表示される場合があった。

後述のコンセプトの様に3D萌え系を体現させるようなコンセプトから当初は良くも悪くも注を集めた。しかし基本プレイ無料を謳いながら、8割方のアイテムニコニコポイントにおける課金であった。更に6割方aiポンと呼ばれるガチャで回すアイテムで、注される新商品はほぼどがこのガチャを回す必要があり、仕様ダブりも相当多く、1回500ポイントと言うボッタクリの様な価格であった事など、現在から見ても驚異的な拝義だった事から頗る評判が悪かった(トレードに関してはRMT回避的と言う理由で正式サービス開始から2年後にやっと実装されたが、1日1回という制限があった上にフレンド登録1ヶ以上と言う条件だった)。また、3Dどを占める特性上、快適にプレイするには(当時としては)相当のPCスペックが要る事も敬遠される要因ともなった。

更に運営チームサポートの対応があまりにもおざなりだった上、何をどう血迷ったのか当初のメタバース路線から「脱がせただけ強くなる」と言う脱衣麻雀の様なコンセプト脱衣水鉄砲シューティング実装し、それまで構想として存在した原作学校校舎内などを再現すると言ったロードマップ事実かった事扱いされた(そもそもチャットシステムフィルターが一切いと言う時点である意味凄いのだが…)。

その水鉄砲ですらバランスが悪く、性を変えることが出来るコスプレを行うには、この水鉄砲プレイするか、大を注ぎ込んで課金するかの2つの選択を強いられていた(しかも後者においては下着までえないといけないキャラすらいた)。その他、ガチャ以外で購入出来るキャラがいたものの、一式2000円5000円異常に高額であった。そのため、末期にはでも無料で簡単に手に入れることのできたチルノコスプレを使用するユーザーが多くを占める結果となった。

挙句オンラインの根幹部分であるサポートがあまりにも不親切で、

など、運営のほぼすべての面において中途半端な面が露呈する事となった(元々ドワンゴニワンゴの応対部署があってない様なものであり、殿様商売だからと言うのもあるのだろうが)。その結果、徐々にアクティブユーザーが減少、最終的に閑散としてしまった。

それでもガチャの類を2011年4月あたりまで出していたが、2011年5月24日アップデートにおいて、1ヶ後の6月30日をもってサービスを終了すると突如発表され、新規登録不可となった上、課金システム終了に伴い、ガチャは10デレで一回プレイとなった。いきなりの発表であった上に牧瀬紅莉栖コスプレ投入直後だったこともあって、大を注ぎ込んで助手を迎え入れたユーザーは怒りと悲しみに嘆きながらシャドウソルちゃんを脱がし続けたという。

2011年6月30日20時30分を持ってサービスを終了。現在公式サイトだったhttp://aisp.jp/[外部]は、有志が作成した非認跡地サイトとなっている。

なお余談であるが、サービス終了から11ヵ後、当のai sp@ceやGREEモバゲーなどで行われていたコンプガチャ商法が、消費者庁の通達(品表示法)で禁止となった。
このことやPCスペックの問題などにより、時代を先取りしすぎたゲームであったと評し、(まともな仕様で)復活を望む元ユーザーも少なからずいる。また、モブキャラも含めて3Dモデルの出来は非常に良く、この点については高評価だった。軍服を脱がしたら地味かわいい下着とか狙いすぎ。


キーワード


アバター
プレイヤーが操作するキャラクター。性別は男女どちらでも選択可。また、誕生日血液型、顔、髪型髪の色身長を設定できる。ただし男性用のが少なく、コスプレの共用もできないことから、女性アバターを選択する男性ユーザーも多くいた模様。アキバラの半分は男の娘だ。
キャラドル
プレイヤーと行動を供にするNPC美少女コンテンツ(『CLANNAD』、『SHUFFLE!』、『D.C.II ~ダ・カーポII~』)に登場するキャラクターイメージしたデザインとなっている(キャラクターそのものではない)。また、後述の「aiちゅーん」で行動を制御することができた。
aiちゅーん
キャラドルはAI人工知能)で行動が制御されており、最初から用意されているスクリプトである程度の受け答えができるが、プレイヤーが新たにスクリプトを組み上げることでAIを変更することが可である。また、スクリプトショップを通して、他のプレイヤーに配布できた。
マイルーム
ai sp@ce開始後にプレイヤーが移住する(後述)を選択でき、そこにプレイヤー専用の部屋が1つ与えられる。具を自由に配置することが出来る。部屋は有料で拡が可(なんらかの条件で1~2段階無料で拡してもらえる。条件不明。プレイ日数かプレイ時間かと思われる)。他のプレイヤーが訪問できるように設定することも可であった。
ニコニコ動画との連携
仮想世界内のモニターではニコニコ動画ランダムに上映されている。またプレイ動画を録画し、ai sp@ce外からではあるがアップロードすることも可であった。
世界
仮想世界は、秋葉原を模した「アキバラ」を中心に、各作品の舞台がそれぞれ「」として存在する。各作品のにはそれぞれの作品に登場する学校再現したエリアがあった。ちなみにアキバラの外観は現実秋葉原そっくりだが、これは秋葉原駅前商店組合の協を得ていたためである。逆にJRの協は得ていなかったため、JR秋葉原駅は架の社名と架制服を着た駅員再現されていた。
通貨
ai sp@ce内の通貨には2種類ある。しかし通貨的価値は圧倒的にPの方が高い
 デレ(D)
  aisp@ce内で使われる一般的な通貨
  毎日支給される物(俗に年金、生活給付とも)のほかにaiばいとなどのイベントに参加すると貰える
  制服などガチャ以外)や修飾品などの大部分はD
  最終的に全てのガチャが10デレで開放されることとなり、ほぼ回し放題となった。コンプガチャの恐ろしさを身
  をもって知れる良い機会でもあっただろう
 ニコポイント(NP)
  こちらはリアルマネーを使った方の通貨
  名前の通りニコポイントがそのまま使える
  aiポン要な物はほぼすべてNP。しかもめっちゃくちゃ高い
本当に”基本だけ無料”だった。
 

関連動画



■zd2924302[ニコ動]

■zd4745063[ニコ動]
■nm4973227[ニコ動]


関連商品


■azB0012DZSNS
■azB000QVX70I
■azB000EOUIPY

■dw571819
■dw572623
■dw572007


関連項目



外部リンク



最終更新日: 17/06/04 19:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ