ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Bリーグ


ヨミ: ビーリーグ
掲示板をミル!
104カキコ!
今週のおすすめ この記事は第435回の今週のオススメ記事に選ばれました!
????『Bリーグも要チェックや・・・!!φ(.. )カキカキ

BリーグB.LEAGUE)とは、2016年から始まった日本男子バスケットボールリーグである。Bリーグは通称で、正式名称はジャパンプロフェッショナルバスケットボールリーグ運営法人益社団法人ジャパンプロフェッショナルバスケットボールリーグJPBL)が行っている。

このリーグは、プロリーグであるB1リーグ(1部)とB2リーグ(2部)の計2カテゴリで構成される。

この直下のリーグカテゴリとしてアマチュア最高峰を兼ねたノンプロリーグB3リーグ』(B3.LEAGUE。正式名称はジャパンバスケットボールリーグ)があるが、この記事ではB3リーグも併せて紹介する。同リーグ運営法人は「一般社団法人ジャパンバスケットボールリーグJBL)」と、B1・B2と異なり別法人となっている。ただ、運営が異なるとはいえB2との入替制度も導入されている。なお、当初はB3もBリーグの1カテゴリであったが、途中で現在運営法人の元で運営されることが決まった経緯がある。


※その他の『Bリーグ』については、「Bリーグ(曖昧さ回避)」を参照のこと。


概要


Bリーグの前身となり統合されたリーグは以下の3つである。

なお、bjリーグの下位カテゴリに位置するbjチャレンジリーグについては『カンファレンゲーム』と名をめて独立リーグとなっている。(※2017-2018シーズン現在はB3リーグ加盟を岐阜セイリュウヒーローズ岐阜県多治見市)と西宮ストークス2軍チームである兵庫インパルス兵庫県芦屋市)の2チームが在籍している)

さて、Bリーグは初年度から3カテゴリ制であり、且つ上位2カテゴリは東地区・中地区・西地区の3カンファレンス制の採用が決定している。ただし、「北海道東北関東は東地区/北信越東海関西は中地区/中国四国九州は西地区」というような細かい住み分けの仕方とはなっていない(※チーム一覧を参照のこと)。そのため、シーズン毎の各チームの成績により、例えば「東地区に居たチームが翌シーズンは中地区で戦うことになる」こともある


各カテゴリ紹介及びチーム一覧(2018-2019年シーズン)



B1リーグ


日本男子バスケットボールリーグトップカテゴリである。所属チーム数は18。(※全チーム記事有り)


東地区



中地区



西地区


レギュレーション

自地区6回戦総当たり+他地区2回戦総当たり6試合(任意に選ばれる他地区の他の3クラブと2回戦)で各クラブ60試合を行う。勝率が同じ場合、1.当該チーム同士の対戦成績、2.当該チーム同士の対戦の得失点差、3.当該チーム同士の対戦の均得点、4.得失点差、5.総得点、6.抽選の順で順位を決める。

チャンピオンシップには8クラブが出場。各地区2位と、3位以下の12クラブ中上位2クラブが出場する。初戦と準々決勝は2戦先取、決勝は一発勝負となる。3位決定戦は行わない。


B2リーグ


所属チーム数は18。現時点ではB1から数えてここまでがプロリーグである。当然だが降格もある。


東地区



中地区



西地区


レギュレーション

レギュラーシーズンは外籍選手及び帰化選手に対するルール以外はB1と同じシステム

プレーオフは後述のB1・B2の入れ替えのB2プレーオフを参照。B2は昇格にも関係するので3位決定戦を行う。


B3リーグ


アマチュア最高峰を兼ねる。昇格条件を全て満たすとB2参入資格を得られる。(※はBリーグ準加盟)

レギュレーション

ファーストステージレギュラーシーズンファイナルステージの3段階に分かれて行われる。10クラブが参加するのはレギュラーシーズンのみで、ファーストステージファイナルステージは上記の表で下線のあるクラブは参加しない。

ファーストステージファイナルステージは2回戦総当たりの各クラブ10試合、レギュラーシーズンは4回戦総当たりの各クラブ32試合。そのため、全てのシーズンに参加するクラブ52試合行うことになる。


リーグの拡張と新規参入


当初の計画ではこのB3だけが3カンファレンス制を採用する予定だったが、Bリーグ参入を表明したほとんどのチームがB2以上となっていた為、初年度である2016-2017年シーズンから全チーム総当たり戦となっている。2017-2018年シーズン以降は募によって拡していくことを予定している。

2018年以降は、BリーグやB3リーグとの直接の繋がりを持たない既存の実業団・クラブ・教員・庭婦人の4連盟を統合して設立された日本社会人バスケットボール連盟(JSB)[外部]催する地域リーグを勝ち抜いたチームがB3リーグへの参入資格を持つ。但し、昇格予定の募対チームは全てB3リーグ準加盟となっていなければならない[外部]


入れ替え制度



B1・B2の入れ替え


B1残留プレーオフ

15位~18位の4チーム間で残留プレーオフを行う。1回戦は15位と18位、16位と17位がそれぞれ上位チームの本拠地で2戦先勝方式で試合を行い、敗北した2チームは自動降格(敗北チーム同士での対戦は行わず、年間順位で最下位とブービーを決める)。勝った2チームは中立地で一発勝負を行い、勝利したチームは残留、敗北したチームは入れ替え戦に挑む。

B2プレーオフ

各地区の1位ワイルドカード(各地区2位で最も上位のチーム)の4チームプレーオフを行う。1回戦は三地区間1位の自地区1位チームワイルドカード、三地区間2位・3位の自地区1位チームがそれぞれ上位チームの本拠地で2戦先勝方式で試合を行う。勝利したチーム同士、敗北したチーム同士で中立地で一発勝負を行い、1位~4位を決定。1位2位が自動昇格し、3位は入れ替え戦に挑む。

B1・B2入れ替え戦

中立地での一発勝負を行う。

B1にB1ライセンス不交付のチームがある場合

ライセンス不交付のチームは自動降格。プレーオフは不交付のチームを除いた下位2チームによる1回戦のみを行う。つまり、不交付チームが16位以上の場合は17位と18位、17位の場合は16位と18位、18位の場合は17位と18位のチームが対戦する。試合会場は上位のチームホームで、試合形式は通常の1回戦と同じく2戦先取。なお、あくまで1回戦でありB2プレーオフより先に試合を行うため、B2上位のライセンス所持状況によっては残留プレーオフの敗者も自動残留という可性もある(現に2018-19シーズンはそうなった)。

B2上位がB1ライセンス不所持の場合

B2の1位2位が自動昇格、3位が入れ替え戦の権利を持つというのは変わらない。そのため、例えばB2の1位のみがライセンス不所持であれば本来入れ替え戦に進出するはずのB1のチームは残留し、代わりにブービーが入れ替え戦に回る。

なお、自動降格が1チームとなるか、自動降格なしで入れ替え戦のみになるような場合は17位か18位かで降格判定が変わるため、残留プレーオフの2回戦が1回戦で敗北したチームでの対戦になる。
また、自動降格2チームで入れ替え戦なしの場合はそもそも2回戦自体を実施しない。


B2・B3の入れ替え


B2とB3の入れ替えは自動昇降格がなく、入れ替え戦のみで決定される。B2は最下位チームが、B3はリーグから推薦されたチームが出場することになる。B3で推薦されるチームは、3つのステージで順位に応じた勝ち点を付与し、B2ライセンスを所持しているクラブで合計が最多のクラブとなる。Bリーグ管で一発勝負で行われることになるが、会場については実施要綱に記載がない。これまでの例を見ると中立地で開催するようである。


アーリーカップ


2017年度から開催される、リーグ戦開幕前のノックアウト方式のトーナメント制を採用したカップ戦である。地区毎に分かれて行われるのと参加資格のあるB1・B2の各所属チームの全てが参加しなければならないというわけではないので、現時点では全タイトルとは言い難い。

なお、ネット配信されるので、興味を持った方は下記の項をチェックすべし。


歴史



前史



次へ»
最終更新日: 19/05/01 23:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ