ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


B727


ヨミ: ボーイングセブンツーセブン
掲示板をミル!
14カキコ!

ボーイング727B727, Boeing 727)とは、アメリカ合衆国ボーイング社が開発したナローボディ・ジェット旅客機である。


概要


ボーイング727
Boeing 727
ANA B727
用途 民間旅客機 / 民間貨物機
分類 ナローボディ・ジェット旅客機
製造者 ボーイングコマーシャルエアプレイン
製造期間 1963年 - 1984年
総生産数 1832機
初飛行 1963年2月9日
運航開始 1964年2月1日 ユナテッド航空

B707の商業的成功により旅客機ジェット化をリードすることに成功したボーイングコマーシャルエアプレインズが中短距離用の機材として開発・製造したナローボディ3発式ジェット旅客機/貨物機。
初飛行は1963年2月9日。既に日本航空会社においては使用されていないため定期便もく、臨時便や貨物機として日本に飛来することもほとんどない。時刻表上では、B2と表記されたため、動画に登場した際にそう呼ぶものも少なくない。現在に運用しているのはアメリカのフェデックス・エクスプレスASTARエアカーゴ等である。

外観上の大きな特徴として、高速化をねらって機体後部に集められた3機のエンジンと、それによりT字となった尾翼(T字尾翼)がある。これによりクリーンとなり、全域に高揚装置が取り付けられ、機体サイズや高い運動もあいまって滑走路の短い地方空港での運用が容易となり、地方路線のジェット化を促進した。

結果として、B707を上回る大成功機となった本機は、1980年代まで各においてとして使用されたが、直接の後継機であるB757・B767の登場や、双発でより経済性の高いB737の高性化により、急速にその活躍の場を奪われ、21世紀に入るとはほとんどにすることができなくなってしまった。

日本においては当時の航空会社3社(日本航空全日空東亜航空)全てが使用したが、特に全日空にとっては始めて導入したジェット機であることも手伝ってか、深い思い入れを持っていたようであり、導入時にはレコードも発売された。(参考[外部]日本航空会社で最後まで運用したのも全日空である。
使用機材が多かった分事件や事故にも多く関わり、1966年2月全日空羽田墜落事故1970年3月のよど号ハイジャック事件、1971年7月全日空中衝突事故など日本航空史に残る重大事故・事件に名を残すこととなった機体でもある。


見分け方


ジェット旅客機におけるエポックメイキングとなった本機の特徴を受け継ぐ機体は、東西を問わず多数見受けられる。

後部にエンジンを持つT字尾翼という点ではダグラスDC-9(MD-80/MD-90)とかぶるが、これはエンジンの数で見分けることができる(DC-9は双発)。
また、DC-9はより小の機体である(B727は150席級、DC-9は100席級)。

3発機という点ではマクドネル・ダグラスDC-10及びMD-11ロッキードL-1011 トライスターとかぶるが、これらはいずれも250席以上の大機である他、胴体後端以外に下にエンジンを装備しているため、容易に見分けることができる。

所謂「東側」の機体ではツポレフTu-154が同様のエンジン尾翼レイアウトをとっており、座席数もほとんど同じである。こちらは現在でも日本新潟空港)への定期便が存在する。
B727との遠での識別は困難であるが、現在日本に乗り入れているツポレフTu-154のTu-154Mは、B727よりも世代の新しい機体であり、エンジンが直径の大きい高バイパスターボファンエンジンに換装されていることで識別可である。


関連動画



■sm1695482[ニコ動]

■sm2488082[ニコ動]


関連商品


■azB000067JRQ
■azB003IX66KE


関連コミュニティ


■co2572
■co53262


関連項目



最終更新日: 16/01/10 13:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ