ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Blender


ヨミ: ブレンダー
掲示板をミル!
247カキコ!

Blenderとは、モデリングからレンリングアニメーション映像のノンリニア編集やエフェクト適用までの一連の作業を行う事が出来る、統合3DCG作成ソフトの1つである。


概要


Blender(ブレンダー)はオープンソースで開発されている3次元コンピュータグラフィックソフトウェアのひとつで、償で利用することができる。

ゴムボールなどのやわらかい物体の表現(softbody)、布のシミュレーション、ボーンによる多関節表現や時系列順にポーズを記憶させ、任意のカーブアニメーション動作をさせるシーケンス機キャラクターアニメーションなど)、アニメのような輪ベタ塗りで表現するトゥーンレンダリング物理性質に準じた線の追跡を行い写実的なの表現を可とするCyclesレンダラ、粘土をこねるようにして有機的な形状を容易に作成することのできるスカルプトなどなど、商用の3DCGソフトウェアにもひけをとらない充実した機を持つソフトウェアである。

またマルチラットフォームを前提に設計されているソフトウェアのため、Windows(32/64bit)、Linux(32/64bit)、MacOSXUNIX(Solaris, IRIX)版まで用意されているのも大きな特徴である。


操作性


独特の操作方法であり初心者に向かない…というのはずっと昔の誤った評価であり、現在では正確ではない。アップデートにより操作方法は一貫しており、ソフトウェアとしての完成度を高めている。

操作法は特殊だが極めて理にかなっており、慣れれば他の商業・ソフト駕する作業効率で操作出来る。

操作方法を簡単に説明するなら、マウス

全に分担する事で誤クリックの可性を排除し、高速でモデリングする事を前提としている。

更に基本操作のどをキーボードショートカット前提にしており(「G」は移動、「R」は回転、「S」は拡大縮小等)、左手を常にキーボードに乗せ、マウスによる画面回転、キーボードショートカットによる画面切り替えと連携して、画面を高速回転させながら、あらゆる度から整合性を保ってモデリングする事を可にしている。

画面構成もカスタマイズであり、操作画面を自由分割、結合でき、その分割画面の全てを3Dビュー、テクスチャUVビュー、プロパティビュー等に自由に切り替える事が出来るため、自分にとって最も使いやすい画面構成にする事が出来る。

座標の数値などを直接打ち込む方法や左右対称モデリング等も得意とするため、かっちりしたモデルも組みやすく、pythonスクリプトも使えるため、ゲーム用の3Dモデルエクスポータを自作して自作ゲーム開発に利用する事にも向いている。

またバージョン2.5以降は急速にバージョンアップが進んでおり、機がどんどん追加され、商業ソフトに引けをとらない性になってきている。


なぜ初心者向けでないと言われていたか


その理由は、ひとえに「償だったから」である。Blenderは使いづらいという感想は、多くがLightwave3DMaya等の他の商業ハイエンド統合3Dソフトを使った事がない人々からのものである。

Blenderに限らず統合3Dソフトは何らかのチュートリアル講座を見なくては全く理解が出来ない代物であり、2Dイラストツールと違って「使っていれば理解できる」ものではない。その点Blenderは償である為、日本語チュートリアルが非常に多く、本も買わずにwebだけで簡単に勉強できるから、他のハイエンド3Dソフトより学習が楽である(「Blender 入門」等で検索)。

しかし償である為に全くチュートリアルも見ずに使おうとする者が後を絶たず、そういう人々が「使いづらい」と断定したものと思われる。

他のハイエンド3Dソフトは何10万円もするため、入門書を買って死ぬほど勉強する人以外は買わないから、そういった苦情は出ないのだろう。


歴史


Blenderは元々オランダNot a Number(NaN)社が販売していた商用ソフトだった。Blenderは高機で使いやすく非商用的であれば償で使用できたためアマチュアCG制作者の間で人気があった。ところがNaN社は2002年に破産する。これによりBlenderが失われるのがもったいないと考えた元NaN社のプログラマオープンソース開発者たちは債権者からソースコードを買い取ってBlenderをオープンソースソフトウェアにしようとBlender財団を設立して世界中から寄付を募った。

半年後、標だった10万ユーロの積み立てを達成。BlenderのソースコードGPLにより開された。が、ここからが苦難のの始まりであった。

Blenderはオープンソースソフトを名乗る以上、Windows以外の複数のプラットホームで動作させないと格好がつかない。そこでMac OS XlinuxFreeBSDなどのUNIXOSへの移植作業が開始された。ところがここで問題が発生した。Blenderのソースコードコメントはすべてオランダ語で書かれていたのだ!
から参加している開発者たちは慣れないオランダ語コメントを一つずつ翻訳する作業から始めねばならなかったのだ。さらにソースコード自体もプログラミングの定石から逸脱したこんがらがりのスパゲッティプログラムだったため、その解析にかなりの時間を要した。

そんなこんなでNaN社破産から1年後、ようやく最初のマルチプラットホーム版Blenderであるバージョン2.26が完成。その後多数の開発者たちにより様々な機が追加されて(そのため各機の操作性が一貫しておらずBlenderを初心者から遠ざける原因となっているのだが…)現在に至っている。

…という評価はずっと昔のものであり、アップデートが進んだ今、商業ソフトよりはるかに多い償の日本語チュートリアルを前提にすれば、他の統合3Dソフトより初心者に向かないとは決して言えない。


非営利方針


Blender開発元のBlender Foundation(BF)は、ソフトの使い方や技術者の講演の様子などを収めたムービー2008年からYouTube上で開していたのだが、2017年にblenderユーザーから動画が見れないと言う報告を受け、BFYouTubeへ説明をめた。
それに対してYouTubeからのメールでの返答は

ムービー広告を有効にする必要があるとの専門からの情報を受け取りました。有効にすると、あなたのムービーアメリカ内で視聴可になります」


BFトン・ローセンダール氏は『非営利的であり広告フリーの方針である』ことを伝えた上で『YouTubeの規約が変更されたのか』と問いただした。それに対し

「あなたの問題について、専門と協議しているのでしばらく待ってほしい」

という回答。
それ以降、2018年6月12日までにBFに対しての回答が送られてこなかった為、
ローセンダール氏は再度、YouTube側に状況を尋ねるメールを送ると

「調が続いているので待ってほしい」

との回答だった。
しかし、それから3日後の6月15日BFYouTubeチャンネルムービー世界中でブラックアウトされ、BFは実質的にYouTube上から締め出される事態に発展。
ローセンダール氏は事前説明なしにムービーを視聴不可にしたYouTubeの対応に対して、抗議するムービーYouTube上にアップロード、その中で、BFYouTubeチャンネルにあったムービー別のサイト[外部]に移動させる事にしたとっている。


関連動画



■sm2321776[ニコ動]

■sm1449437[ニコ動]

■sm2271565[ニコ動]
■sm930917[ニコ動]

 ■sm6347737[ニコ動]


関連商品


■az4881669370
■az4774151513
■az4861007658
■az4800710626


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/07/03 19:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ