ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


BRT


ヨミ: ビィアールティ
掲示板をミル!
45カキコ!

BRTとは、バス高速輸送システムの事で、英訳の「バス・ラピッド・トランジット(Bus Rapid Transit)」の頭文字を取ってBRTと略す。


概要


簡単にいうと専用軌バスを走らせる共交通のことである。
その本質専用軌バスを走らせることによって鉄道に近い定時バス交通に持たせ、同時に車両単価の低いバスを使用することで損益分岐点を大きく引き下げ経営の黒字化を容易にする点にある。
この条件を満たさない場合には、狭義におけるBRTではないといえる。
なお、広義においては一般を走るバス交通であっても一部専用線を持つ場合にBRTと呼称される。


歴史


一般的にはブラジルクリティーバで頓挫した鉄道計画の用地を転換し専用バスレーンに仕立てたものが最初のBRTだといわれる。
日本においては止された鹿島鉄道廃線跡を利用した物が有名である。


メリット・デメリット


BRTは上記の歴史からもうかがえるように鉄道廃線後の跡地や未成線などを転用する事が多く、初めから都市計画として作成されることは少ない。
そのため以下のメリットデメリットが発生する。
つまるところバス鉄道の中間の共交通であり、そもそもそういう特性を持つ運行形態であることを念頭に話をする必要がある。

メリット

デメリット

メリットデメリットの両方にてDMVとかぶる内容が多い。
これは運行形態が類似しているためである。
しかしながらDMVと違いBRTの場合には路が存在しないため、鉄道列車との衝突を避けるための閉塞処理を必要としないなどの点に大きな違いがある。

近年、赤字鉄道路線の転換論が出ている路線が複数あるが、転換しても上記のメリットが生かせるかどうかは定かではない。その為、経営上の理由からのみのBRT転換には慎重であるべきである。
その一方で鉄道路線と較した際に損益分岐点が大きく下がるということは少子高齢化のすすむ現在日本において地方共交通をただのバス路線より利便性の高い状態にて長期間維持できるということの裏返しでもあり、災などにより全破損してしまった鉄道の転換(復旧費用のめどが立たない・今後の居住人口増が望めない地域など)などで、今後とも誕生する可性の高い交通政策のオプションであるといえる。


東日本大震災


被災した三陸縦貫線のうち大船渡線気仙沼線のそれぞれ一部分について仮復旧の手法としてBRTが採択されている。

これは被災したが将来的に移動する可性が高いため鉄道として即時復活するわけには行かないことと、同時に共交通を必要とする住民がいることの両面から暫定復旧としてBRTが選択された。実際の運行はJR東日本が元鉄道事業者である宮城交通に委託することで実施している。


BRTとDMV


経営上から見た特性はBRT、DMVともに類似している。
しかしながら乗り物カテゴリとしてみた場合には、道路路面のみを走るBRT鉄道路線の走行も前提にされるDMVではまったく違う乗り物であるといえる。
その為DMVとBRTはどちらか片方が採用されれば、もう片方は採用されることがほぼないという競合関係にある。
なお、技術体系で見るならば路盤に対して専用軌という特質を付与したBRTと、特殊車両によって既存インフラを使用するDMVの両方を選択することは理論上は可ではある。
しかしながら費用面ではどちらか片方のみの選択の方が優位となるため、よほど特異な例でない限りは両方が選択されることはないと思って差し支えない。


路線一覧



関連動画



■sm18925897[ニコ動]

■sm18930087[ニコ動]
■sm18873886[ニコ動]
■sm13209227[ニコ動]
■sm18886182[ニコ動]
■sm20988192[ニコ動]
■sm21626325[ニコ動]
■sm21166637[ニコ動]


関連商品


■azB00009V9SW


関連コミュニティ


■co16


関連項目



最終更新日: 17/06/18 15:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ