ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


C59


ヨミ: シーゴジュウキュウ
掲示板をミル!
2カキコ!

C59とは、旧国鉄が開発、製造した蒸気機関車のひとつである。


概要


幹線用大旅客機として開発されたC53蒸気機関車は、老朽化と3シリンダー機ゆえの保守の煩雑さにより代替機の製作が必要となった。この代替機として「C53よりも強な牽引を持つ2シリンダー機」として設計、製造されたのがC59であり、登場後は幹線特急急行列車牽引に使用された。走行性もよく現場の信頼も高い部類だったようである。

製造両数は173両。製造時期によって前期C59 1~100号機)と後期C59 101193号機 ※133155号機欠番)の2タイプに分類できる。

しかし戦後になって地方幹線にまで電化が進むと、大のため使える線路が限られることがネックになった。地方線区運用に合わせて本形式から改造されたC60もいたが、改造を受けなかったものでは々にされるものが続出してしまった。1970年までに全ての車両引退している。

この機関車の運用でよく知られる列車としては引退間際の呉線急行「あき」の牽引がある。さらに九州ではC62の運用がなかったこともあり、下記のとおり多くの寝台特急を牽引した大蒸機のスターとしてこの機関車が挙がることが多い。

この機関車1号機は現在門司港駅そばの九州鉄道記念館にて、きれいに仕立て直されて静態保存されている。国鉄(現JR九州)の小倉工場では、「何かの記念になるから大事にとっておこ」という理由で保存していた、とのことだった。宝物はその価値がわかる頃にはもう失われていることが多い。関係者の眼には感するばかりである。
上述の理由により、SLブームが起こる前にほとんど姿を消していたこともあって全な保存機は全でわずかに3両である。1号機の他には、広島市の161号機、京都鉄道博物館164号機しかい。両機は、急行「あき」を最後まで牽引した3両のうちの2両である。残る1両、162号機も煙室と動輪だけ姿をとどめている。割と最近まで、大阪府吹田JR西日本の研修施設に166号機が保存されていたが、2006年に解体されてしまった。なぜ梅小路蒸気機関車館に持って行かなかったJR西日本!。


九州ブルートレイン牽引機としてのC59


20系客車導入後、そして九州内電化開始の後にもC59C61・C60らとともに門司駅からの特急列車牽引を行っていた。関門トンネルを走りぬけてきたEF30電気機関車鹿児島本線で運用可な性を持たない、関門連絡専用機であった。鳥栖まで電化されている関係上交流機関車ED72も使えたが、頭数も十分ではなかった。C59たちが門にてEF30から直接付け替えて走ると非電化区間を通し運転できるメリットがあり(C59博多熊本まで、C60C61長崎・西鹿児島まで。)、機関区には甲組と呼ばれるSL運転士エースがおり、運用に慣れて走行性のよい蒸気機関車がまだ明期の電気機関車をさしおいて働けたということに理由があるものと思われる。上記にあるC591号機はナンバーナンバープレートの数字及び以外の部分をに塗っていた。ブルートレイン牽引機のプライドをもにじませる機関車である。


改造形式・C60


地方線区に移れるように従台車(運転室の下にある台車)を1軸→2軸に交換して線路に与える荷重を分散した形式がC60である。全47両が誕生した。牽引若干低下した以外はC59の性をそのまま引き継いでおり、それまでC57で牽引していた客特急の牽引両数を増やすことにつながり、輸送アップに寄与したとされる。

もともとは、電化で居場所を追われたC59100改造する算段であったが、電化やディーゼル化といった近代化の進展が予想より順調であったことから、この計画は実現しなかった。また、機関士にとって、自動給炭機がないC59由来のC60は運転時の負担がC61より大きく、あまり好まれなかったようである。

C60引退東北地方では1968年九州地方では1971年であった。保存されているのは仙台市青葉区西公園1号機(C59 27から改造)ただ1両である。


関連動画 



■sm4437229[ニコ動]


関連商品


■ysshibuya-mokei_toy-0008000314


関連コミュニティ


■co16


関連項目



最終更新日: 17/07/18 16:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社